2005/12/28

はるみ之つぶやき 17号  


まえがき
 支援会議スタッフの皆さん1年間本当にお疲れ様でした。今年も残すところ3日だけになりました。お正月を在宅で迎えられる喜びもさることながら、1年の説目を迎えて生きることの意味を考えたいと思います。皆さんにとっても来る年が生きがいと夢の持てる毎日である為にも、思いっきり我武者羅に生きたいと思います。

2005年の抱負を反省する
@ お腹を誤魔化しながら夏を乗り切ること
3月の入院検査の結果を基本にした食事・健康管理と訪問看護体制に支えられつつ、盆休みも在宅で過ごせた。
A 臼杵の実家に帰って、母の墓参りに行くこと
8年振りの里帰りは楽しかった。小学校の恩師と再会したことも、母に会っているような気持になれた。
B 支援会議のみんなで花見に行きたい
花見に行く暇も無いくらいだった。3月に入院。きょうされんで別府。5月は里帰り。その後も、福祉フォーラムに参加するなど、花見のことは忘れていた訳でもないが、口に出す余裕が無かった。
C ひまわり号に参加したい
参加したい気持はあったが、訪問看護、ホームヘルパーの体制は在宅主体であり、1日を通して同じヘルパーが同行したり、午前と午後の看護処置を想定したら、困難を承知で提案するには、時期尚早に思った。入院中に樫の木の一泊旅行や、ひまわり号の日帰り旅行に参加出来ことを検証する中から、在宅でも可能な方策を考え悩むことから始めて、再来年くらいに実現したい。
D 作りかけの自分史を完成させたい
入院中に書き溜めた原稿を手直ししていると、余計な文書が多いことに気付かされる。自分史第2号は、今年の内には完成する、の、か、な。

2005年のはるみ之つぶやき的10大ニュース
@ インターネットで生活の幅を広げる。
1、メール交換 2、ネットで買い物など
 ベッドに居ながらたくさんの友達とメール出来る。そればかりか、買い物も出来ちゃう。オークションでは、一つの商品を落札し合うので、B型の性格でのめりこむ。でも、間も無く飽きる頃だが、8年分の買い物をしている気分。
A 遊び心いっぱいの住宅改造。現在進行形。
B 8年ぶりの里帰りと母の墓参り。
C 田口先生の傘寿を祝う会。
D 障害者福祉フォーラム参加と街頭デモンストレーション。
E マーゲンチューブを入れたり、温シップするほどの苦しさは、3月以降なくなった。
F NHKの番組で2回紹介され、朝日新聞でも報道される。そして、訪問看護の大会でも高い評価を受ける。
G 顔面真菌の痒さと格闘する。
H 障害者自立支援法案を初めとする受益者負担、増税の流れ。
I 七夕とクリスマスが一度にやってきたような年末を楽しむ。38度6分の熱発もクリスマスプレゼントに思える。

2006年のはるみ之つぶやき的5つの目標
@ 1週間に2回の入浴を年間クリアする。即ち、入院しないことになる。
A 胃カメラ検査をする。
B 歯の定期検査をして、咀嚼力を保つ。
C 1週間に3句を詠めるくらいに気持のゆとりを養う。
D 自分史第2段を完成に近づける。

今年のつぶやき納め
退院したのは去年?
 おでんパーティーをしたのは去年と聞いても、ピンッと来なかった。色々あり過ぎて、退院した年を忘れていた。

   新年会の地鶏
新年会について
 新年会に参加するのに会費は無しよ。持ち
込み歓迎。地鶏飯を料理してくれる人、募集
中。水炊きも良いかもね。

日時:2月1日(水)18:00
場所:ワークスペース樫の木

編集後記(薄田)
年の瀬の慌しさの中、立ち止まる暇もないままに、今年もついに終わりが近づいて来ましたね。皆さんにとっては、どんな一年でしたか。吉田さんは、在宅生活をエンジョイしてますね。楽しい様子は、このつぶやきの内容で皆さんには十分に伝わってることでしょう。
さて、来年の自立支援法の施行は、私たち福祉に集う者にとっては大きな試練となるに違いありません。これを乗り越えるためには、今まで以上に吉田さんだけでなく、障害を持つ方々を中心において、支援する私たちが分野を越えて問題解決にあたることが必要ではないかと思います。そのためには、私たち一人ひとりが迫り来る変化に対応できるように変わって行くことだと思います。自分を変えることは、利用者に学ぶことだと思います。皆さん、良い年をお迎え下さい。
追伸として。。。新年バージョンもお届けしましょう。
(樫の木だより新年号からの抜粋)

 皆さん、新年あけましておめでとうございます。
行く年来る年を、いかがお過ごしでしたか。一年の計は元旦にあるそうですよ。今年の抱負など考えましたでしょうか。
時の移ろいの早いこと早いこと、あれよと言う間に、みみずくさんは、とうとう48歳になってしまいました。人と人とが繋がることに何とも言えぬ心地よさを感じるこの頃ですが、例年になく思うことの多い元旦でしたね。創設の頃から樫の木に居る私にとっては、樫の木が我が家のようにも思えてなりません。そう考えると実に賑やかな大家族ですよね。でも、昨今の世の中は、家族のつながりも、地域とのつながりも希薄になって、悲しい出来事が後を絶ちません。何かが狂い始めているのでしょう。同じ時代に生きる者としては、この現実に目を背けることは出来ません。だからこそ「向き合ってますか?」ですよ。ちゃんと向き合ってないから、わだかまるし、ギクシャクするし、嫌なところしか見えなくなるのでしょうね。うんうん、これを私の今年のキーワードにしましょう。ひとりひとりの心を大切に、向き合う相手への敬意と思いやりを育み、もっと明るい樫の木を築くため、そしてもっと住み良い地域を築くため、少しずつ「できること」を積み重ねて行きましょう。

さあここで、今年スタートアップです。
あっけまして、おめでとう!
吉田春美に繋がる全ての人たちと、
共に向き合って、今年を歩いて行きましょう!
ほーっ!(フォーッではないですから。。。)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ