2005/11/21

万次郎が暮らした街を訪ねて 第2章  敬愛する「ジョン・万次郎」

万次郎とホイットフィールド船長との出会いには、アメリカに於ける捕鯨の歴史が大きく関っている。その捕鯨の歴史はニューイングランドへの殖民と共に始まる。既に座礁する鯨を先住民のインディアンは捕って、その肉を食料とし、また鯨髭は装飾品や鋤や鍬の材料としても使用していた。カヌーで漕ぎ出し、鯨を取り囲み銛を打ち込む原始的な捕鯨術で「背美鯨(セミ鯨)」という繁殖能力の低い鯨を捕っていた(現在では絶滅の危機にある)そのインディアンの技術と、殖民者達の資本力が結びつき、マサチューセッツ州、ナンタケット島を中心に生活資源となって行った。

クリックすると元のサイズで表示します ニューベッドフォード・捕鯨博物館

そして、このナンタケットの一艘の捕鯨ボートが『抹香鯨(マッコウクジラ)』に遭遇する。ハセーという漁師が銛で仕留め、ナンタケットへ持ち帰る。そのマッコウ鯨の頭部からとれる鯨蝋は、万能薬として重んじられ「抹香油一升=金一升」の価値が上がって行く。更に技術が進み、捕獲した鯨を陸に持ち込んで処理していたのが、海上及び船中で処理出来るようになった。この為、船も大型化して行き、更に過剰捕獲の為、沿岸や近海に鯨が少なくなり、やがて遠海へと漁場を広げる事となった。ニューベッドホードが、捕鯨競争に乗り出す頃には、その捕鯨船数は、ナンタケット、ニューベッドフォード合わせて170隻を超えていた。更にアメリカの捕鯨船は、マッコウ鯨を求めて、その漁場を大西洋から、太平洋の日本近郊へと広げて来る事になるのであった。

クリックすると元のサイズで表示します 捕鯨に使用された銛(捕鯨博物館撮影)

当時、マッコウ鯨の頭から採れる鯨蝋は、万能薬と良質の蝋燭の材料になり、鯨髭は縄・女性用のコルセット・乗馬用の鞭・傘の骨等に利用された。また、竜涎香と呼ばれるマッコウ鯨の腸内に出来る結石みたいな物は、香水・薬品・媚薬として珍重された。(捕鯨が禁止されている現在では、過去に採れた物として竜涎香300グラム程の物に100万円の価格がつけられた事もある)更に、元々採り続けていた、セミ鯨から採れる鯨油は、一般の照明や機械油として利用され、石油発掘までのアメリカの産業を支え続けていたのである。その黄金期、1847年には、世界の捕鯨船数が900隻の内、722隻がアメリカの保有であった。正に圧倒的数である。

1841年、ハワイ沿岸を通り、日本近海にその漁場を広げていた、ホイットフィールド船長率いるアメリカの捕鯨船ジョン・ハヲラン号は、無人島に漂着していた、5人の土佐漁民(143日間、鳥や貝で飢えを偲んでいた)を救う事となる。万次郎達5人は、「手招き致し、ここへ参れと申すをカメ(Come here)。手招きは手の裏を上向きにして、上へ招き候。」と手招きの仕方が違う事にも気付き、初めて見るアメリカ人に「見慣れ申さぬ人ゆえ、気味悪しく」と思いつつも、船中で言葉を少しずつ学び、やがては、捕鯨の手伝いもするようになっていく。◎言葉引用=ジョン・万次郎著「亜米利加詞」より

クリックすると元のサイズで表示します ジョン・ハヲラン号の絵                              (ミリセント図書館にて撮影)

5人の中で1番年も若かった万次郎は、英語の覚えも早く、利発であった為、捕鯨術にも逸早く慣れ親しんで行ったらしい。ハワイ・ホノルル港に一旦寄航したジョン・ハヲラン号は、漂流民の筆之丞始め4人を、ハワイの牧師に預け出航する。ホイットフィールド船長の熱い要望と、万次郎の意思により、ただ一人万次郎だけが、アメリカへと連れて帰られる事になった。ここに船の名前を貰った「ジョン・万次郎」が誕生する。やがて、万次郎の未来を乗せた、ジョン・ハヲラン号は、南太平洋で捕鯨を続け、ホーン岬を経由して、マサチューセッツ州、ニューベッドホードに到着した。こうして万次郎は、アメリカの地にその一歩を踏み出した。それは鳥島で救出されてから2年後の初夏の事であった。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ