2005/12/14

マーク・トウェインの手紙(ジョン・万次郎番外編 )  敬愛する「ジョン・万次郎」

ジョン・万次郎縁の品々が展示されているミリセント図書館は、イタリアのルネッサンス様式で建てられている。この図書館は、19世紀後半にかけて、石油精製で巨万の富を得た、ヘンリー・ハットルストン・ロジャースの娘、ミリセント・ギフォード・ロジャースの名前に因んで命名された。ミリセントは17才で亡くなって居り、父、ヘンリー・ロジャースは、ミリセントが、もし生きていたらと20才という誕生日、1893年1月30日にオープンさせた。図書館の入り口には、ミリセントの顔をデザインした、ステンドグラスが飾られていた。

クリックすると元のサイズで表示します 1986年、National Register of Historic Placesに指定されたミリセント図書館

ヘンリー・ロジャースは、フェアヘヴンで生まれ、ペンシルバニアにて起業し成功したが、高校時代の友人と結婚したのを契機に、フェアヘヴンに戻り、当時捕鯨の衰退と共に寂れつつあった自分の生まれた街に、様々な公共施設を寄贈している。石油発掘によって、捕鯨産業が衰退したのだから、この街の運命の皮肉を感じる。ヘンリー・ロジャースは、図書館の他にも、ハイスクールや市民ホール等を寄贈しており、街にある他の箱庭のような建物とは対照的な、豪華な建築法で建てられているので、すぐに見て取れた。

地元の高校、一見お城のような建物 クリックすると元のサイズで表示します

一方、ヘンリー・ロジャースは、『王子と乞食』、『トム・ソーヤーの冒険』、『ハックル・ベリイ・フィンの冒険』で19世紀のアメリカ文学を代表とする作家、マーク・トウェインと、親友であった。実際に、マーク・トウェインは、このミリセント図書館に滞在し、執筆活動もしたという。南北戦争後、一躍作家としての名声を高め、代表作を次々と世に送り出したマーク・トウェインであったが、50歳代後半からは、出版社の破産に始まり、開発した自動植字機の事業も失敗し、莫大な借金を背負ってしまう。更に、長女の脳膜炎による急死、妻の喘息発作による死…と、次々不幸に見舞われた。晩年、マーク・トウェインは、出版の収入から借金は完済し、豪邸を構えるまでにはなるが、逆境時には、ヘンリー・ロジャースが、金銭的・精神的共に支えたと言われている。

クリックすると元のサイズで表示します 立派なタウンホールを見上げて

尚、マーク・トウェインの本名は、ミュエル・ラングホーン・クレメンズ(Samuel Langhorne Clemens)という。マーク・トウェインは、1835年、ミズーリ州開拓地のフロリダ村で生まれた。弁護士であった父の死後、地元の印刷所の植字工となり、その後、印刷職人として各地を放浪。ミシシッピ川で、水先案内人なども勤めた。また、材木や銀鉱山の投機にも手を出したが、失敗し、次に新聞記者となるが、生来の短気と辛辣な記事で、悶着を起こし、カリフォルニアへ逃げ出す…という波乱に飛んだ青年時代を、過していたのだった。
マーク・トウェーンのレリーフ クリックすると元のサイズで表示します

因みにペンネーム『マーク・トウェーン』とは、川を蒸気船が航行する際の、測深手の合図、即ち 船が川底につかない安全な深さ=by the mark twain(約3.6m)から取った水先案内人用語である。ミシシッピ川で水先案内人を務めた事から思いついたと言えよう。最も裕福となった40代では、大邸宅に6人の召使いを雇い、専用列車で旅行する王侯貴族のような生活を送った。しかし、マーク・トウェーンの晩年は、悪夢や預言等に関心を持ち、白い服しか身に付けない等の奇行が目立ったという。いかなる名声も財産も永遠に続くものではない。むしろ、名声や財産が、不幸をもたらす事の方が多い。マーク・トウェーンの一生を追うと、「諸行無常」が人生の常であると思い知らされた。万次郎と同じ時代を生きたマーク・トウェーン、波乱に飛んだその青春期には、いささか共通点が見つかるが、晩年の生き方は対照的だと感じた。

クリックすると元のサイズで表示します マーク・トウェーン直筆の手紙

ミリセント図書館には、マーク・トウェインがヘンリー・ロジャースに宛てた、直筆の手紙が展示されていた。また、私達も記帳した図書館のサインノートは、今でこそ、主に、万次郎関係者の訪問者の記帳ノートになってはいるが、最初は図書館を訪れた著名人のサインノートで、1894年のタウンホールのオープン時、祝辞の為に訪れたマーク・トゥエインのサインも施されているのだそうだ。そして、1987年、当時皇太子、皇太子妃としてご訪問された、天皇陛下、皇后陛下の直筆のサインも見ることが出来た。その同じノートに名前を連ねられたのは、大変光栄な事だった。
1



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ