2005/12/25

全日本フィギュア選手権を観て(浅田真央選手をトリノへ!Part3)  フィギュアスケートと浅田真央選手

私達が望んでいた浅田真央選手をトリノへ…という望みは残念ながら、届かなかった。しかし、25日、今日開催された全日本フィギュア選手権フリーの演技には、日本女子フィギュア史上で、最も美しく、最も強い6人が終結し、私達を魅了してくれた。優勝は、右股関節の怪我から復活した、村主(すぐり)選手(24才)だった。磨ぎすまされた表現力が、審査員はもとより、観客を釘付けにした。2位の浅田真央選手も村主選手の点数が掲示された時には、「凄いねー」と心から賛辞していたようだった。3位にはSPで首位に立った荒川選手が決まり嬉しそうだった。
表彰式のスポット(荒川・村主・浅田クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
オリンピック代表選手の特例は、認められないまま、今日のフリーを迎えた浅田真央選手は、GPファイナルと同じ衣装で、最終グループ6人の2番めに滑走した。曲目はクリスマスに相応しい「くるみ割り人形」。氷上の妖精がバレーリーナのように滑り、舞い始めた。「くるみ割り人形」の中の最初のフレーズは、「花のワルツ」。ワルツの調べに乗った伸び伸びとした演技だった。そして前半の山場、彼女が公約した世界で初の「トリプルアクセル×2」の連続技、見事に成功してくれた。高い高いジャンプだった。浅田真央選手のスケート人生に、1つの歴史を刻んだ瞬間だった。

クリックすると元のサイズで表示します 輝きが零れるような笑顔の浅田真央選手
クリックすると元のサイズで表示します
やがて曲は、「こんぺいとうの歌」のフレーズへと移行した。可愛い仕草を織り込みながらも、スピードに乗り多種に渡るスピンを織り込んでくれた。彼女独自の片手によるビールマンスピン、そしてTVカメラには上から写して欲しかったが、ドーナツスピンも見せてくれた。こぼれるような笑顔が輝き続けた4分間の演技だった。また、その他の選手で、私の印象に残ったのは、中野選手だった。点数が伸びず観客からは、ブーイングが起きたが、高さのある連続ジャンプ、そして最速スピードで回転していると思われるドーナツスピン。TVカメラは、この時は流石に、上からの映像だったが、そのまま、氷の中に埋もれてしまうような美しいスピンだった。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、磨き抜かれた熟練の技を披露してくれた荒川選手、女王ここにありきの演技だった。力強いジャンプで印象付けた恩田選手。4回転ジャンプは見せてくれなかったものの、不調を吹き飛ばす演技だった安藤選手、素晴らしい6人が全力を出し切った。更に、最終グループではなかったが、地味ながら、とてもしなやかな演技だった浅田真央選手のお姉さんの浅田舞選手。1度は天才少女の姉としてのプレッシャーから逃れ、スケート靴を脱いだそうだが、やはり「滑るのが好き」と氷上へ帰って来た。今日は「アメジスト」の曲に合わせたバイオレットの衣装に身を包み、その長い手足と優しい表情で、美しく幻想的な世界へと誘ってくれた。
互いに励ましあった浅田姉妹(舞・真央) クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
全日本フィギュア女子フリーの演技は、銀板の上の美女達が、私達視聴者の心に「感動」という素晴らしいクリスマスプレゼントを与えてくれた。そして、トリノオリンピック代表3名は、フリー演技の後に発表された。村主選手、荒川選手、安藤選手と、結局は、ロッテのCMに、シンボルアスリートとして出ている3人に決定した。終わってみればこの結果ではあったが、浅田真央選手には、GPファイナルからの一週間、フィギュアを観るという楽しみと、夢を馳せる喜びを、与えて貰った気がしている。浅田真央選手…15才…「天才が練習を積むと脅威のスケーターになる」と解説の先人スケーターも絶賛していた。今後も彼女を応援し続けたいと思った。
クリックすると元のサイズで表示します
○以下は、フィギュアスケートのジャンプの種類を説明したHP
http://www2.asahi.com/torino2006/flash/flash_figure.html
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ