2006/1/24

ライブドア王国崩壊か?…ゲーテの「ファウスト」との共通点…1  株式

昨夜(23日)から、各TV局、新聞各社(一部地区では、昨夜号外も出たらしい)が報じるライブドア、取締役(元)社長の堀江氏を含む4人の取締役の逮捕劇。警察特捜部の発表によると堀江氏は、子会社「ライブドアマーケティング」の株価をつり上げ、多額の売却益を得る目的で、2004年10月、既に実質支配する投資ファンドが出版会社「マネーライフ」を買収していたにもかかわらず、買収による相乗効果があるかのように虚偽の買収計画を発表した。更に同年11月、マーケティング社が赤字だったにも関らず、架空の売り上げを計上させ、黒字に粉飾した決算短信を公表した。…このような容疑が持たれている。
クリックすると元のサイズで表示します
フジTVは既に契約解除と保有株を売却する決定し、更にライブドアを控訴する準備をしているようだ。そしてライブドアと提携している不動産販売・開発会社のダイナシティや、出版の幻冬舎等も、提携解消を検討している事を明らかにした。インターネット等で調べると、米誌ワシントンポストは、『日本で起きた最大の金融不祥事の一つ』と位置づけ、ニューヨークタイムズは、『皆が走っている高速道路で、その路肩を走り抜けたやり口』とその経営法を批判し、結局は『路肩から泥地に落ちた』と報じた。また、イギリスのファイナンシャルタイムズでは、『貧乏から金持ちになった(堀江社長の)物語は、多くの起業家に希望を与えたようだが、結局は神話だった』と論じていた。(一部、日本経済新聞引用)

クリックすると元のサイズで表示します ライブドアが本社を構える六本木ヒルズの森タワー。

このように、日本経済界をも揺るがした堀江氏であるが、朝から新聞各紙を読み比べながら、堀江氏を連想していると、私の中に、思い浮かんだ一つの物語があった。それは18世紀から19世紀初頭にかけ、ドイツの戯曲作家であって、小説家・科学者・哲学者でもあり、そして政治家としても活躍したゲーテが、58年の歳月を掛けて書き下ろした戯曲、「ファウスト」の主人公、ヨハン・ファウストという人物の物語だった。私は高校の時、夏休みに、従姉から半強制的にその本を読まされた。かなりの長編なので途中で嫌になるかな…と自分では思っていたが、原作が傑作だったのか、森鴎外氏の訳が良かったのか、双方揃い踏みだったのか、当時の私には解らなかったが、面白くて夢中で読み進んだ。
クリックすると元のサイズで表示します
その主人公「ファウスト」像としては、16世紀、ドイツに実在したと言われる同名の学者を描いていた。医師の資格を持ち、占星術を用い、錬金術師とも詐欺師とも言われた。読んでいるうちに、ノンフィクションを匂わせて、フィクションの部分も含むのでは?と感じたのは、ファウストが、悪魔と契約して魔術を操り、詐欺行為を繰り返したという内容だった。しかし残されている史実に基づくと、当時は、魔女狩りの全盛期であり、新旧両キリスト教は双方ともに「悪い魔法使いの実例」を探していた時代であったのだ。このファウストの同郷で、彼の事を「うさん臭い」…と思っていたルターは「ファウストは、悪魔と義兄弟の約束をしたのだ(悪魔との契約した)」と言って彼の悪評を流したという記録も残っている。ゆえに、史実と神話的ロマンを織り込んだ戯曲ファウスト」は、ゲーテが書いた「戯曲の最高傑作」とも言われ、その物語は演劇にとどまらず、オペラから人形劇に至るまで脚本化され、後世に受け継がれて、現在に至っている所以だと感じている。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ