2005/11/23

万次郎が暮らした街を訪ねて 番外編 万次郎とRedSox  敬愛する「ジョン・万次郎」

去る11月19日土曜日、知人・Yさんのご好意で車に乗せて頂き、万次郎の縁の地を訪ねた。過去にも2度程、訪れてはいるが、肝腎の万次郎の部屋が設けられているミリセント図書館が閉館日ばかりに当たってしまい、入れてはいなかった。今回、3度目の正直となり、ようやく入館する事が出来たのだ。ボストンを訪れる以前、万次郎に関しては、井伏鱒二の「万次郎漂流記」を読んでいたものの、アメリカに於ける万次郎の活躍ぶりを知る事はなく、フェアへプンに行き地元の人々から聞いた、革新的で才能に溢れ人々に愛された万次郎像は、目から鱗状態だった。今回、初めて万次郎の部屋を訪ね、ブログに記録していく為に、彼方此方の記録を調べて行くにあたり、万次郎とベースボールとの結びつきを見つけた。

メジャーリーグ、遡っては、近代野球の生みの親とも言われているアレキサンダー・カートライトは、1845年頃、ニューヨークのマンハッタンで銀行員をしていた。当時のニューヨークでは、火事が多かった為、ボランティアの消防団を組織し、団員の団結を図り、運動不足を解消する為に、リクリエーションとして「タウンボール」というスポーツを導入した。タウンボールとは、ヨーロッパでは、18世紀からプレーされ、イギリスではラウンダースと呼ばれていた球技が、アメリカで名を変えたものであった。カートライト達はタウンボールのルールを、自分たちに合うように細部を変えてプレーして行った。これがベースボールの起こりとなった。  

カートライトが設定した「基本ルール」例
1、 塁間を90フィートとする。
2、 1チーム9人編成。
3、 ファウルとフェヤーの区別をするラインを引く。
4、 アウト3個で攻守交代とする。
5、 アンパイヤーは「ストライク」とコールする権限を持つ。
6、 ボールを帽子で捕球してはならない。


クリックすると元のサイズで表示します 近代野球ルール生みの親、アレキサンダー・カートライト(消防団の服装)

実は、そのカートライトが、何と、その若き時代、フランクリン号に乗船し、捕鯨船の仲間として万次郎と、同じ時間を過していた事が判った。副船長に選ばれる程、人望のあった『万次郎とカートライトは友人でもあった』との記載だった。☆「ジョン万次郎とその時代」より引用。
捕鯨船フランクリン号は、万次郎と変らず、カートライトにとっても「エール大学であり、ハーバード大学」でもあったのだ。私には、捕鯨船に乗った若き船員達が、世界各地を観て周り、自分達の将来の夢を語り合っている情景が目に浮かんで来るように思えた。当時捕鯨船に乗る事は、命がけではあったが、正にアメリカの若者達の壮大なる浪漫でもあった。やがてカートライトは船を降り、ニューヨークに行き、銀行マンとなる。その傍ら、自分の会社も設立し大成して行くであった。

このカートライトが作ったルールに則ったベースボールは、アメリカ北部と東部を中心に人気を博し始め、1858年には最初の野球協会が発足する。そして1861年から1865年に起こった南北戦争では、南軍の兵士の間でも余暇にベースボールが行われた。カートライトが作ったルールは、アメリカの立法・行政・司法の三権分立のデモクラシーをスポーツに移し変えたようなものであった。ゆえに、兵士達の士気高揚と団結を促すのに役立ったという。戦争の後、このベースボールを経験した兵士達は、故郷に帰り、ベースボールをそれぞれの町で伝えた。これが元で一気に全米へとベースボールが伝授され、各地で野球チームが生まれた。これがプロ野球発生の下地となって行った。

クリックすると元のサイズで表示します 1945年頃・野球を楽しむ風景の絵

尚、カートライトが所属していたニューヨークの消防団チーム「ニッカボッカーズ」には、ハリー・ライト、ジョージ・ライト兄弟も属しており、彼らは、1869年、初めてのプロ野球チーム、「シンシナティ・レッドストッキングス」を発足した。このチームは、経営難で、一旦は潰れてしまうが、ハリー・ライト達は懲りる事無く、本拠地をボストンに移し、現在の「レッドソックス」の祖となるチームを創設したのだった。また、この頃選手の給料は、ポジション別に始めから設定されていたそうだ。

◎以下、MSNニュース・メジャーリーグコラム
http://inews.sports.msn.co.jp/columns/MLB_970.html

クリックすると元のサイズで表示します 足摺岬に立つ万次郎の銅像 手にはコンパスと定規を持ち、遥か遠いフェアヘヴンを見つめている

私の中で、ボストン・マサチューセッツという地名以外、殆ど関りの無かった、「万次郎」と「レッドソックス」の点と点が、捕鯨船・カートライトというキーワードで結ばれ、1つの線となり、繋がっていった。160年の時を超えて、万次郎が、カートライトと共に、ベースボールを楽しんでいる姿が、目に浮かんで来るようで、思わず涙汲んでしまった。

○参考文献
西東  玄 著  「ジョン・万次郎」
永国 純哉 著  「雄飛の海」
川澄 哲夫 編集 「ジョン万次郎とその時代」
佐山  和夫 著  「メジャー・リーグを100年分楽しむ」

○参考サイト
ボストン・レッドソックス公式ページ
MSN-MAINICHI INTERACTIVE ホームページ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ