2005/11/28

七五三の着付を承って  ボストンの思い出

今日は、七五三のセットと着付をさせて頂いた。勿論、千歳飴も神社のお参りも無いのだが、お母様が7才で着られた御着物がご実家には、保管されているそうで、私がBさん宅に電話した時、記念にお着せしましょうという話になった。Bさんのお宅のCちゃんは、満7才で、少しシャイだけど、とても可愛いお嬢さんである。私は楽しみにしていた。

お昼過ぎに、車で迎えに来て頂き、Bさん宅に向った。到着して御着物を見せて頂き、驚いた。本格的な四つ身の振袖、そして帯は、失礼ながら子供さん用には、勿体無い程の本格的な丸帯(舞妓さんが使用するような)だった。また、帯締めや帯揚げ、しごきに至るまで、全てお品が揃っていた。更に保管状態が最高で、新品同様だった。私は「これは日本髪を結うしかない」と、思い立った。

クリックすると元のサイズで表示します 髪を結って前髪をカットし、今から着付。

Cちゃんは、恥ずかしそうだったが、やる気満々で、大人しくしていてくれた。持って来た髪飾り等をアレンジして、何とか日本髪に結い上げた。また、着付する時に至っては、Cちゃん自ら助手をしてくれて、これがまた、よく間に合って助かった。1時間と少しで仕上がった。Cちゃんは、着物がとてもよく似合っていた。何か日本に居るような錯覚をしてしまう程だった。

クリックすると元のサイズで表示します 写真スタジオで。。。代々受け継がれる四つ身(七歳用)の振袖

モールにある写真館へと向った。Cちゃんは、草履では歩きにくいのでとりあえずサンダルを履いていた。Cちゃんの着物姿は、4Fの写真館に着くまでのエレベーター内でも注目の的だった。写真館へ入った。更に注目の的になった。アメリカの写真館が、どんな撮影をしてくれるのか、私にとって大変興味深いものだった。まず、背景にと白い布が降りて来た。デジカメなので修正してくれるのかな?と思いつつ、かなりのラフさに驚いた。飾ってある写真を見ても、表情や雰囲気を重視してある感じだ。カメラマンは女性。その写真館には5人程、カメラマンがいたし、助手も大勢いたが全員女性だった。

担当のカメラマンは、和服姿を撮るのは、初めてらしく、興奮気味でシャッターを押していた。距離が近いのが少し気になったが、背景も黒にしたりして、色々なポーズで撮ってくれていた。暫くしてそのカメラマンから提案があった。「黄色(着物)なので、背景を赤にしたい」と。。Bさんと私は目を見合わせて、「アメリカらしいけど、ちょっと派手過ぎる」とブルーにして貰った。撮り終わったらコンピューターに取り込んで編集し、そこから選択する事になった。Cちゃんも緊張せず表情作りが上手かったが、写真も良い表情で撮影されていた。ただ全身写真になると大伸ばしにした場合、どうしても足か頭が切れてしまった。折角お草履も履いているのだから、「全身写っている写真が良い」と言っていたら、スタジオが空いたら撮り直しをしてくれると言ってくれた。日米問わず、やはりプロだなぁと感心した。Cちゃんは、待ち疲れてしまっていたが、頑張って再度カメラの前に立ってくれた。私は髪と着物を手直しをして、カメラマンに撮影の角度とか指示をした。

クリックすると元のサイズで表示します このようにコンピューターに取り込んで編集してくれる。その中で好きな画像を選ぶシステム。

ボストンでも、日本のような写真が撮れるものだなと感心しながら、プリントされるのを待っていた。すると「写真を飾りたい」と申し出があった。そして肖像権について署名する用紙を持って来られた。「店内ディスプレイ、パンフレット等の印刷物、ウェブサイト、何処まで使っていいのか?」という質問形式になっていた。こういう所は、「さすが、アメリカだ」と思った。出来上がった写真を受け取りBさんのご自宅で夕食を頂いた、お疲れの所、作って頂いて恐縮だったが、全てがとても美味しかった。何はともあれ、主役のCちゃん、お疲れ様でした。そして4ケ月の弟のD君、眠かったのに頑張ったね。私にとって貴重な経験をする事が出来、充実した1日だった。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ