2005/12/25

全日本フィギュア選手権を観て(浅田真央選手をトリノへ!Part3)  フィギュアスケートと浅田真央選手

私達が望んでいた浅田真央選手をトリノへ…という望みは残念ながら、届かなかった。しかし、25日、今日開催された全日本フィギュア選手権フリーの演技には、日本女子フィギュア史上で、最も美しく、最も強い6人が終結し、私達を魅了してくれた。優勝は、右股関節の怪我から復活した、村主(すぐり)選手(24才)だった。磨ぎすまされた表現力が、審査員はもとより、観客を釘付けにした。2位の浅田真央選手も村主選手の点数が掲示された時には、「凄いねー」と心から賛辞していたようだった。3位にはSPで首位に立った荒川選手が決まり嬉しそうだった。
表彰式のスポット(荒川・村主・浅田クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
オリンピック代表選手の特例は、認められないまま、今日のフリーを迎えた浅田真央選手は、GPファイナルと同じ衣装で、最終グループ6人の2番めに滑走した。曲目はクリスマスに相応しい「くるみ割り人形」。氷上の妖精がバレーリーナのように滑り、舞い始めた。「くるみ割り人形」の中の最初のフレーズは、「花のワルツ」。ワルツの調べに乗った伸び伸びとした演技だった。そして前半の山場、彼女が公約した世界で初の「トリプルアクセル×2」の連続技、見事に成功してくれた。高い高いジャンプだった。浅田真央選手のスケート人生に、1つの歴史を刻んだ瞬間だった。

クリックすると元のサイズで表示します 輝きが零れるような笑顔の浅田真央選手
クリックすると元のサイズで表示します
やがて曲は、「こんぺいとうの歌」のフレーズへと移行した。可愛い仕草を織り込みながらも、スピードに乗り多種に渡るスピンを織り込んでくれた。彼女独自の片手によるビールマンスピン、そしてTVカメラには上から写して欲しかったが、ドーナツスピンも見せてくれた。こぼれるような笑顔が輝き続けた4分間の演技だった。また、その他の選手で、私の印象に残ったのは、中野選手だった。点数が伸びず観客からは、ブーイングが起きたが、高さのある連続ジャンプ、そして最速スピードで回転していると思われるドーナツスピン。TVカメラは、この時は流石に、上からの映像だったが、そのまま、氷の中に埋もれてしまうような美しいスピンだった。
クリックすると元のサイズで表示します
そして、磨き抜かれた熟練の技を披露してくれた荒川選手、女王ここにありきの演技だった。力強いジャンプで印象付けた恩田選手。4回転ジャンプは見せてくれなかったものの、不調を吹き飛ばす演技だった安藤選手、素晴らしい6人が全力を出し切った。更に、最終グループではなかったが、地味ながら、とてもしなやかな演技だった浅田真央選手のお姉さんの浅田舞選手。1度は天才少女の姉としてのプレッシャーから逃れ、スケート靴を脱いだそうだが、やはり「滑るのが好き」と氷上へ帰って来た。今日は「アメジスト」の曲に合わせたバイオレットの衣装に身を包み、その長い手足と優しい表情で、美しく幻想的な世界へと誘ってくれた。
互いに励ましあった浅田姉妹(舞・真央) クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
全日本フィギュア女子フリーの演技は、銀板の上の美女達が、私達視聴者の心に「感動」という素晴らしいクリスマスプレゼントを与えてくれた。そして、トリノオリンピック代表3名は、フリー演技の後に発表された。村主選手、荒川選手、安藤選手と、結局は、ロッテのCMに、シンボルアスリートとして出ている3人に決定した。終わってみればこの結果ではあったが、浅田真央選手には、GPファイナルからの一週間、フィギュアを観るという楽しみと、夢を馳せる喜びを、与えて貰った気がしている。浅田真央選手…15才…「天才が練習を積むと脅威のスケーターになる」と解説の先人スケーターも絶賛していた。今後も彼女を応援し続けたいと思った。
クリックすると元のサイズで表示します
○以下は、フィギュアスケートのジャンプの種類を説明したHP
http://www2.asahi.com/torino2006/flash/flash_figure.html
0

2005/12/25

速報!全日本フィギュア選手権(浅田真央選手をトリノへ!号外)  フィギュアスケートと浅田真央選手

全日本女子フィギュア選手権は、25日午後4時30分頃、フリー演技全てが終り、村主選手が逆転優勝した。GPファイナルで強豪選手を押え、圧倒的強さで優勝した浅田選手は2位になり、昨日SPで1位となった荒川選手が3位と続いた。TV放映は、今夜7時(Fuji TV系列)からなので、その演技ぶりを観戦できると、今から楽しみにしている。

○以下は、朝日新聞速報記事
http://www.asahi.com/sports/update/1225/092.html

クリックすると元のサイズで表示します 
SPで2位につけ、フリーで逆転優勝した村主選手(SPの演技)
(photo by Asahi.com)
0

2005/12/25

浅田真央選手をトリノへ!part 2(全日本フィギュア選手権)  フィギュアスケートと浅田真央選手

24日の夜、「カルメン」の曲に乗って空から舞い降りた妖精が、氷上で軽やかに舞った。柔らかな肢体は、まるでバレーリーナのようだった。指先から足先まで神経が行き届き、しなやかそのものだった。クリスマスイブに開催された全日本フィギュアのショートプログラム(SP)。一番滑走である姉の舞選手の採点が、コンピューターのトラブルで15分間表示されないというアクシデントがあった。浅田選手はその後に登場した。微妙にリズムが狂った為か、珍しく最後のジャンプが、ダブルアクセルからシングルになってしまったものの、得意のビールマンスピンは、左右軸足を変えて魅せてくれた。流れるようなスパイラルシークエンス、一糸乱れる事無くリンク一杯に滑走した。時に髪をかき上げる大人っぽい仕草も見せたり、コケティッシュでもあり、おちゃめで可愛い振り付けもあったりで、観ている私達を魅了した。観ている者を、「御伽の世界に誘う」そんな魔法にかかってしまうような、人間の姿を超越した美しさだった。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します 舞(姉)さんの衣装で可憐に滑った浅田真央選手
(photo by Asahi.com)
国際スケート連盟(ISU)のチンクアンタ会長は「個人的には浅田選手に出て欲しい」と明言している。しかし「日本からの働きかけが無い以上はどうする事も出来ない」と付け加えた。更に世界各国からも「浅田選手はトリノに出るべきだ」という声が届いている。だが、日本スケート連盟の城田会長は、マスコミに向かい「どうせルールだから駄目だと言われる」と、働きかける前から否定していた。全くをもって情けない話だと思う。結局SPは、荒川選手が貫禄の演技で1位。2位には村主選手が着いた。浅田選手は3位につけている。しかし、上位6人全員がノーミスで演技を終えるという素晴らしい戦いぶりだった。このように全力で戦った選手達の為にも、また後で「○○が居れば…」と世論に言わせない為にも、真の実力者がトリノへ行くべきだと改めて痛感した。
クリックすると元のサイズで表示します
◎閑話休題
SP時の浅田真央選手の衣装は、元々は、お姉さんに誂えた品だそうだ。TVスタジオへゲストで解説に来ていた伊藤みどりさんの話だと、伊藤さんのお古の衣装を試合で着る事も、しばしばあるそうだ。そういう点でも、アマチュアらしくて「可愛いな」と、妖精が人間に戻ったような話だった。聞いていて、益々心情的に応援したくなってしまった。
◎追記
一方、男子は、24日フリー演技が行われた。23日のSPとの合計点で、織田信成選手が優勝し表彰式まで行ったが、後で採点の人為的ミスというお粗末な理由で、高橋大輔選手と入れ替わってしまった。何とも後味の悪い審判の失態であった。通知を受けて織田選手は泣き崩れ、高橋選手も「素直には喜べない」と語ったという。こんな言語道断な審判達では、日夜努力し、精一杯滑っている選手が余りにも気の毒だ。25日女子フリー演技に向けて、どうも釈然としないが、25日は、真央ちゃん始め、女子選手達の滑りを充分堪能したいと思っている。(25日付けの中日新聞朝刊によると、この混乱の原因はコンピューターの集計ミスだそうだ。どちらにしても入力するは人間…お粗末劇であった)
0

2005/12/25

スタントウーマン大河ドラマ出演の巻 その4  乗馬と馬について

ボスからの依頼でスタントを引き受けたものの、一体どう乗るのか心配だった。私はボスに電話をかけた。ボスは「あー、台本を送るよ」と軽くあしらった。数日後に送られて来た台本には、私の役どころ…なんて何処にも書いてなかった。隅から隅へと探していると、当り前だが、台詞ではなく、ト書きの所に赤鉛筆で印が書いてあった。『密書を持ち、早馬に乗り走るが途中で矢に打たれてしまう』→『少年兵士役』。
クリックすると元のサイズで表示します
『しょ、少年兵士?』せめて、矢に打たれたお姫様役にして欲しかった。いや、『くの一』でもいい。そう思って、ボスに電話して抗議するも、取りあってももらえず、台本が変えられる事はなかった。「準備するものは、度胸だけ」とも、ボスには言われた。何だか嫌な予感がして来た。そんな不安を他所に家族は、知人に「ほたるが、大河ドラマに出るよ」と自慢して話し歩いていた。私は、とうとう引くに引けなくなってしまった。不安に包まれながらも、当日を迎えた。ロケにはぴったりの雲一つ無い晴天だった。
クリックすると元のサイズで表示します「信長」のDVD…この映像から私を探すのは至難の業だ

ロケは長良川河川敷で行われた。しかしその前に、市内から30分程の『信長』の舞台セットの場所へ連れていかれた。見学の人だかりが出来ていた。ボスと一緒に「スタッフ」のIDを下げて入っていった。すると『信長』役の緒方直人の姿が見えた。的場浩司やマイケル富岡もいた。ボスは、すたこらと歩いて行き、鎧を着たある武将に話しかけている。いたく親しげだった。私もボスに呼ばれて近づいて行くと、秀吉役の仲村トオルだった。驚いた。仲村トオルもボスに乗馬を習った1人だったのだ。私は、すっかりミーハー気分で、今から自分が何をするのか?忘れてしまった程だった。
クリックすると元のサイズで表示します
暫くすると、長良川方面へ移動する事になった。その時、衣装係りの人が鎧と兜を持って来た。どうするんだろう?よく見ると『矢』が刺さったように接着されてあった。私はその鎧のガチャガチャという音が、やたら気になっていた。車は河川敷に到着した。既にカメラはセットされていた。車を降りると衣装係りの女性が寄って来て、「(鎧)着けられないよねー。自分では」と言った。当り前である。当時から着付も習っていたが、鎧なんて着た事がない。衣装係りの人は私服の上から着せてくれた。「えっ?これでいいのですか?」と聞いた私に「遠いから見えないよ。メイクも無しね」と彼女はさり気なく答えた。
クリックすると元のサイズで表示します
助監督らしき人が、私の傍に来て説明をし始めた。話が進む度に、恐らく私は後ずさりをしたと思う。矢に打たれるシーンは、役者さんで撮影済みだから、打たれて走るシーンから撮影する、そして馬は落ちそうになった少年を乗せたまま走り去る…『なんですって?落ちそうになったままですと?』私は、また声にならなかった。そして用意された馬にまたがった。ガチャガチャというプラスチックの触れ合う音に、馬は既に興奮して鼻を鳴らしている。私は武者震いか、はたまた、本当に震えて来たのか分からないが、震えてきた。ボスが「大丈夫、保険はちゃんとかけてるから」と言いに来た。冗談じゃなかった。
有名な役者さんが乗った大人しい馬達 クリックすると元のサイズで表示します

私が馬にまたがったら、馬の首に掴まり、左に寄り気味になるよう指示された。手を回し、半身落ちそうな体位になった途端。ボスが馬を鞭で強く叩いた。馬は、いなないて、走り始めた。全力疾走である。地面が物凄い速さで過ぎて行った。無茶無茶恐かった。それに私がいつも乗るのは、駆け足までで、全力疾走する馬のモンキー乗りは、競馬の騎手でもあるまいに、した事がなかった。きっと500メートルはあっという間だったのだろうが、とても長く感じた。1回でOKが出て終わったものの、『もう2度とするものか!』と心に誓った。(↓こらっアニメの馬達、踊ってる場合じゃないよ)
クリックすると元のサイズで表示します
そして、待ちに待った放映日がやって来た。TVの前で家族一同、固唾を飲んで見入っていた。親戚や知人も観ているとの電話もあった。中には「サインして」という者もいた。ところが、ところがである。実際に写ってみると「あれ、あれが私!」と指刺さないと誰も判らない状態だった。スタント(代役)なのだから当り前なのだが、淋しいものがあった。ボスに電話した。「あんな危ない目に遭って、あれだけですか?」と。。ボスは「危なくて役者さんにさせられないから、ほたるちゃんに頼んだんだ。あんなもんだよ」と笑いながら答えられてしまった。確かに!、ごもっともである。私は返す言葉がなかった。その後、ギャラの3万円は藻屑と消えたが、NHKがエキストラの人用に配布した『手ぬぐい』は今も残っている。良い思い出ではないので、そろそろ布巾にでも使おうかと思っている。
クリックすると元のサイズで表示します
以上が、私の聞くも涙、語るも涙のスタント体験の話である。実は私…もう1度だけ、TVに出た事がある。それは民放の天気予報のバックで、馬に乗って障害を越えているシーンだった。私の名誉挽回の為に書くが、これは格好良かった。どこかにVTRも残っているはずだ。そのテープは、彼方此方回覧したので、何処にあるか?ちゃんと探して置かなければと言い聞かせた。この天気予報の撮影については、また後日、別の日記で……。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ