2006/6/19

日本対クロアチア戦を観戦して…夢を繋ぐ勝ち点「1」  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

勝てた試合だと思った。日本チームは自分達の陣形を整えながら、上手く試合のペースを掴んでいた。しかし、最後まで決定打は出ないまま、引き分けとなった。

互いに勝ち点3が欲しく、後が無い日本対クロアチア戦が、ニュンルンベルグのフランケンスタジアムで行われた。試合開始直後に日本は、怒涛のような攻撃を見せてくれたが、シュートには切れが無く、コントロールも良くない為、なかなか枠内に決まらなかった。前半20分過ぎ、宮本選手のファールからクロアチアがPKを得た。そのPKを川口選手が好セーブ。流れは日本に向いたように思えた。しかし、決定打が無いまま、前半を終わった。
クリックすると元のサイズで表示します 気迫でPKを止めた川口選手。

後半になって、福西選手の代わりに前大会2得点の稲本選手が入った。稲本選手は、期待通り相手チームのボールをカットしカウンター攻撃に出たり、相手に強いプレッシャーをかけた。私はオーストラリア戦でも、相手に対して強い稲本選手を使ってもう少し中盤の選手を楽にして欲しかったと思っていた。稲本選手の金髪が果敢にボールを取りに行く姿が、日本チームに元気を与えてくれている気がしていた。しかし、なかなかシュートには繋がらなかった。均衡が破られないまま、今度は、後半16分、柳沢選手に代えて玉田選手を投入。私は、高原選手がシュートを打てていなかったので、早い段階で、大黒選手との交代を望んでいた。でも、大黒選手が入ったのは、後半残り5分前だった。かなり遅い気がした。結果、日本は14本、クロアチアも19本のシュートへと持ち込んだが、両チームとも決め手にはならなかった。
試合前、円陣を組む日本チーム。 クリックすると元のサイズで表示します 

私にとっての日曜日は、早朝から忙しい1日だった。お客様にはサッカーファンの方が多く、会話の殆どがサッカーの話題だった。市内で和牛焼肉店を経営されているOさんは、「今夜は早めにお店を閉める」と仰っていた。お客様が来られないし、ご自分が観たいからだそうだ。近所のH内科の先生も、ご自分がゴルフでベストグロスを出せたから、「今日は良い日なので日本も勝てるだろう」と仰った。誰もがそれぞれの勝手な?根拠や想いで日本チームにエールを送っていた。私は、仕事の後少し休んで、日本戦を観て、更にブラジル対オーストラリア、韓国対フランスも観るつもりだったが、落ち着いて寝ても居られず、とうとう日本対クロアチアの試合時間となってしまった。
クリックすると元のサイズで表示します PKセーブ後川口選手と抱き合う中田選手。

試合中は、TVの前で観ていても、手に汗を掻き何度も洗いに行った。選手達の頑張りによって惜しいシーンが何度もあっただけに、より一層悔しさが増した。試合終了後、私もどっと疲れが出て、結局ブラジル戦も観られず、TVも電気も点けたまま知らない間に眠ってしまっていた。一週間の仕事の疲れと応援疲れが出たのだろうか?朝、目が覚めた時には、体がやたらとだるかった。でも、今でも目を閉じるとPKを止めた川口選手に抱きついていた中田選手の姿が目に焼きついている。日本チームが一次リーグを突破し、決勝トーナメントへと進むには、22日のブラジル戦で、ただ勝ち点を取るだけでなく、大差で勝つ必要がある。厳しい現状だが、まだ可能性はある。可能性が0では無い限り、日本選手は一次リーグ突破へと挑み続ける。

尚、15日にイングランド対トリニダード・トバコ戦で、審判を務めた上川主審チームは、19日にハンブルクで行われる、サウジアラビア対ウクライナ戦では、控えに当たる第4、第5審判を務める事に選ばれたそうだ。控えとは言え、3試合目にもエントリーされた事に敬意を払いたい。上川主審チームにも、決勝トーナメントで笛を吹いてくれる…望みを繋げていたい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ