2006/6/23

日本対ブラジル戦を観て…ブラジルを本気にさせた先制点  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

王者ブラジルを本気にさせた玉田選手のシュート。12分間のリードだったが、今大会無失点のブラジルから、得点を取ったのは、大いに意味がある事だと思った。そのリードしたムードを変えたのが前半ロスタイムに入ったロナウドのヘディングシュート。怪物ロナウドも、先発か控えかのぎりぎりの立場に立たされているゆえ、必死の姿が観て取れた。後半は終始ブラジルのペース。ブラジルの猛攻は、1戦目2戦目と、控えにいたジョニーニョの無回転のミドルシュートに始まった。控えだったと言ってもジョニーニョは、展開力に優れるリヨンチーム、五連覇の立役者であり、ドリブル、パス、フリーキック共にハイレベルである…このような選手が控えメンバーになっているのが、ブラジルの力の恐ろしいところだ。
クリックすると元のサイズで表示します 先制点を入れた玉田とジーコ監督。 

その後も、ロナウジーニョにアシストされて次のシュートを決めたジウベルトも、遅咲きではあるが、地元ドイツのベルリンでプレーしているスピードのある選手だ。また昨夏のコンフェデ杯でセレソンとしてデビューしたシシーニョも、ここぞとばかりに自己PRをし、ピッチを走り回った。その後、ロナウド、ロビーニョのたたみかけるようなシュートを川口選手はセーブし続けた。しかし後半36分、遂にロナウドが駄目押しの4点目を決めた。この得点でロナウドは、旧西ドイツのゲルト・ミュラーが持っていたW杯最多得点の14点に並んだ。見せ付けられた王者ブラジルの強さ…圧倒的なスピード、ディフェンスを寄せ付けないドリブル、正確なパス、確実なシュート。「アジアマイスター」と呼ばれている日本に「世界マイスター」のブラジルは、後半、つけ入るすきを与えなかった。試合後芝の感触を惜しむように、ずっと起き上がらなかった中田選手の姿が印象的だった。
最後まで芝の上に残った中田選手 クリックすると元のサイズで表示します

◎仕事中に慌てて書きました。この試合については、また改めて書きたいと思います。

因みに、今日は私の誕生日です。日本チームの勝利が何よりの誕生日祝いになると思っていましたが、残念な結果でした。もう祝う年ではないのですが、お祝いまでして頂きました。カードやメール、電話など…。やはり「おめでとう」の言葉は幾つになっても嬉しいものですね。あたたかい言葉を贈って下さった方々へ。この場をお借りしてお礼申し上げます。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します じんさんから頂いた蛍の「え」

totoさんから届いた黄色い薔薇の花束 クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ