2006/8/31

伊藤翔選手…高校生からいきなり英・アーセナル!入団テスト合格  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

サッカーU-19(19才以下)日本代表の伊藤翔選手(中京大中京高校・18才)が、去る8月20日、イングランドのプレミアリーグ・アーセナルの入団テストを受ける為に、渡欧したニュースを新聞で読んだのは記憶に新しい。既に伊藤選手は、フランスの2部リーグ、グルノーブルからは正式オファーを受けており、先にフランスのグルノーブルの練習に2日間加わった後、ロンドン入りしていた。このテストは、春休み(4月)に練習参加した際に、ドイツのキーパーレーマンからゴールを奪う等、その身体能力を認めたアーセン・ベンゲル監督(1995年〜1996年、名古屋グランパスエイト監督)の要請で実現した。伊藤選手は「オファーが来れば一番いいけど、まずは精一杯やりたい」と出発の新聞記者のインタビューに答えていた。
クリックすると元のサイズで表示します アーセナル入団テストに合格した伊藤翔選手(中京高3年)。

伊藤選手は、現地時間の28日、入団トライアルテストの2日目、トップチームで行われたミニゲームで、トーゴ代表FW、アデバヨルと2トップを組み、イングランド代表DFのA・コールを巧みにかわして得点する等、計5得点を挙げた。アデバヨルや17歳でW杯のイングランド代表に選ばれたFWウォルコットが、1点ずつしか決められない中での大量得点の結果に、ベンゲル監督から「気に入った。獲得したい。エクセプショナル・タレント(稀な才能を持つ選手)として、特例的に労働許可証を発給してもらうように手続きする」と伝えられたという。

欧州連合(EU)籍外の日本人選手がイギリス国内のクラブと契約し、選手登録するには、労働許可証の発給を受けなければならない。これは、EU諸国に籍のある選手の労働の機会を保護する為の決まりで、その資格を得るには、秀でた能力を持っている事が条件となる。その目安としては、自国のA代表として過去2年間の公式戦に75%以上出場している事が条件とされている。伊藤選手は、U-19代表などの経験はあるが、フル代表の経験歴はなく通常に申請しても労働許可証は発給されない。しかし、近年10代の優秀なプロ選手の台頭により、エクセプショナル・タレントとしてフル代表の経験がなくても発給されたケースがあった。昨季アーセナルは、期限付き移籍で獲得、今季より完全移籍で獲得した、カメルーンのMF、アレキサンドラ・ソングがいる。
伊藤選手を召集、テスト合格を伝えたベンゲル監督。 クリックすると元のサイズで表示します

伊藤選手は、ニックネームで和製アンリと呼ばれている。50メートル走は6秒1というスピードを生かしたプレースタイルが似ている一方、183cmの長身でありながら本人曰く「ヘディングが苦手なのもアンリ選手と同じ」と語り、中京大中京高校でもゼッケンは「14」とアンリ選手と同じ番号をつけている。伊藤選手は、憧れのアンリ選手と同じチームでプレーしたいと願っているだけでなく、「アーセナルのパスが綺麗に繋がって行くサッカーが好き」と答え、アーセナルのテスト合格に喜びの表情を見せたという。伊藤選手の移籍は、早くて来年1月の全国高校選手権の後と予想されている。それまでに充分な時間がある為、アーセナル側は、プレミアリーグとプロ選手協会からの推薦状を添え、労働許可証の申請をする見込みで、順当に行けば来春、日本人として初めて、Jリーグを経由する事なく、高校から直接欧州の主要クラブへ移籍するプロ選手の誕生という事になりそうだ。恐らく伊藤選手は、渡英後、リザーブリーグからのスタートとなるだろうが、シーズン終盤には、名将、ベンゲル監督の元、W杯でドイツのゴールを死守したレーマン選手をGKに、憧れのアンリ選手と2トップを組んでプレーする姿が観られる日も、遠くない気がして楽しみである。

◎追記
結局、ビザの関係でアナーセルとの正式契約には至らず、フランス・グルノーブルフット38に入団が決まった。...by hotaru


★伊藤翔
1988年、7月24日、愛知県春日井市生まれ、18才。クラブチームの名古屋FC、フエルボール(元名古屋グランパスMF、安原成泰氏の指導)を経て、中京大中高高校に進みサッカー部所属。U−15から世代別代表にも選出され、2004年9月には、U-17としてアジア選手権に参加。しなやかな動きと、決定力が売りで、50メートル走は、6秒1と俊足。今年1月から開催されたカタール国際ユース新親善試合では、U-19代表として2得点を挙げた。中京高校では、年子の弟、伊藤了選手と2トップを形成。尚、弟の了選手も、ナショナルトレセンに選ばれる等、未来の大器である。


★アーセン・ベンゲル
1949年、10月22日生まれ、ドイツ(アルザス)系フランス人。1996年よりイングランド・FAプレミアリーグ、アーセナルの監督。日本では、1995年当時、低迷していた名古屋グランパスエイトを、ドラガン・ストイコビッチ、小倉隆史、浅野哲也らを率いて「常に長所だけを生かすようにする」という勝者の精神を植えつけ、1年で天皇杯優勝に導いた事で知られる。欧州とは全く違った環境で積んだ日本での指導者経験は、その後、多国籍軍団として名を馳せるアーセナルでの指揮に寄与したと著書『勝者のエスプリ』で書いている。日本に10年留まる事を覚悟していたが、ヨーロッパチームからのオファーは、ヨーロッパでの実績のみを基にしていた事から、日本でのキャリアに限界を感じヨーロッパに戻った。名古屋時代からボロ・プリモラツをヘッドコーチに置き、共に指導にあたっている。
0

2006/8/30

浅田真央・舞姉妹、翼の援軍を得てロサンゼルスへ…報道に思う事  フィギュアスケートと浅田真央選手

浅田真央・舞姉妹が、28日成田空港からロサンゼルスを出発した。今季より、名古屋・山田コーチの元を離れて、ラファエル・アルトゥニアンコーチ、アシスタントコーチのナーディヤ・カナエヴァ氏(共にロシア)に師事を仰ぐ為、練習の拠点を移す事になった。2人にとって今季の最終目標は、3月に東京で開催される世界選手権となるが、まずは、10月26日〜29日に開催されるGPシリーズの開幕戦「スケート・オブ・アメリカ」に出場するという。この大会では、2006年世界選手権の覇者、16才のキミー・マイズナーとの対決が注目される事となるが、更に10月15日、オハイオ州で開催される日米対抗戦「「キャンベル国際競技会」にも、姉の舞選手、高校の先輩にあたる安藤美姫選手とともに参戦する事が内定しているそうだ。この大会の米国代表として、キミー・マイズナーやサーシャ・コーエンも出場が内定…団体戦ではあるがマスコミ間では、事実上の世界選手権の前哨戦とも書かれている。
成田空港より米・ロサンゼルスへ出発する真央・舞姉妹。クリックすると元のサイズで表示します 

真央選手は、一時4回転ジャンプを跳ぶ練習していたようだが、現在は、昨年の日本選手権で世界で初めて実現させたトリプルアクセルを2回跳ぶ事に専念し、他のエレメンツをレベルアップして、新採点法での高得点を目指すそうだ。真央選手は出発前の会見で新プログラムについて、「ショートプログラム(SP)は、スローな曲、フリーは、昨年の『くるみ割り人形』とは違って強い曲なので、違った感じになる」と語った。既にアイスショーでは、エキシビションながらも大人っぽい振り付けにチャレンジしており、少しずつ演技力も成長させつつあるようだ。また、姉の舞選手については、先日サントリー・東伏見アイスアリーナで開催されたプリンス・アイスワールドをご覧になったSさんが、「ジャンプも安定し、ビールマンスピンなどの回転も速くなってポジションも綺麗でした」と教えて下さった。妹の舞選手の目覚ましい成長ぶりに、一時は引退して芸能界をも目指した舞選手だったが、やはり滑る事が好き…と氷上に戻った。華やかな妹の活躍の陰になりながら、舞選手の地道な努力も、新天地で花開いてくれるようにと願いたい。

さて、この姉妹だが、私の従姉の知り合いが、大須の名古屋スポーツセンターの上にあるマンションに住んでいる事もあり、近くのコンビニ・ローソンで買い物をしている姿をよく見かけたそうだ。レジに並んでいても、とても礼儀正しい子達だったらしく、地元の人達は、騒ぐことなく見守っていたかったという。しかし世間が放って置かなかった。加熱する報道は、彼女らの家族にまで及び、静かに練習できる環境では無くなってしまった。2人の人気でスケート教室の生徒も増え、リンク貸切での練習も厳しくなり、今回のように練習の拠点を国外に移すのは、やむを得ない選択だろう。
クリックすると元のサイズで表示します プリンス・アイスワールドでの…舞選手
写真提供…Sさんより。


いみじくも、29日の成田空港からは、高校野球日本代表チームが、米高校選抜チームとの親善試合の為に、ニューヨークへと飛び立った。しかし、当初予定されていたMLB観戦・ヤンキースvsタイガース戦の観戦は、斉藤祐樹投手が「いずれはメジャーでプレーしたい」と語った事を発端に、日本の報道各社からヤンキース側に取材申し込みの加熱ぶりに、事態を重く見た高野連側が中止してしまった。野球の本場・アメリカで、メジャーチームの試合観戦し、その雰囲気を味わう事は、高校生達にとって良い経験となるだろうと、思っていただけに残念なニュースであった。きっと選手達は、もっとがっかりしているに違いない。報道を急加熱させるマスコミのあり方も勿論だが、視聴者としてのあり方も考えるべきだと思う。ファンならもう少し、静かに見守る事が出来ないのだろうか…。私達大人は、けっして少年少女達の夢を、摘んではならないと感じた。

また、今までの例によると浅田姉妹の国外遠征は、地元の中部国際空港からの出発が多かったが、今回の渡航からは、米ユナイテッド航空が、2人の海外での練習や試合目的のフライトに、座席を提供する「エアライン・パートナー契約」を結んだ為、成田空港からの出発となったようだ。この契約によって、日米往復で約80万円分のビジネスクラスが、姉妹だけでなく、両親やマネジメント事務所関係者にも提供されるという。広いシートに感激して、目をまん丸にしている真央選手の姿が目に浮かぶようだ。このようにアマチュアスポーツを続ける選手にとって、フライトを提供して貰えるのは、非常に有り難い話で嬉しいニュースではあるが、1年前のGPシリーズ・パリ大会遠征時に、私の知り合いのお客様が、偶然遭遇した真央選手の姿…エコノミークラスの一番後に座り、他の乗客に気遣いながら、通路でストレッチをしていた…姿を、ずっと心に刻んで置きたいとも、思っている。
0

2006/8/27

輪太鼓グループ「こころ会Jr.」最優秀賞受賞  和太鼓くらぶ「こころ会」

「こころ会 じゅにぁ」

東京国際和太鼓コンテスト、最優秀賞受賞!

青少年の部で1位、おめでとうございます。


また審査員 特別賞受賞
大樹寺小学校 和太鼓部「阿吽」は、
「こころ会」のメンバーの子達と交流のあったクラブだそうです。
重ねてお祝い申し上げます。おめでとうございました。



◎和太鼓グループ「こころ会」HP
http://www.tac-net.ne.jp/~kokorokai

★詳細結果は…東京国際和太鼓コンテスト公式HPへ
http://www.tokyo-np.co.jp/event/taiko/

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

◎お詫び
昨夜は記事投稿の途中で、眠ってしまいました。
UPするのは明日にしようと思ったにも関らず、UPされてしまっており、
件名が間違って掲載されていました。
その上、先日の「こころ会」壮行会の記事が、消えてしまっていました
今、aolに問い合わせています。誠に申しわけございませんでした。
(現時点で、画像容量の問題だったようです。詳細は改めて連絡があるとの事でした。)

記事は、再投稿致しましたが、コメント欄も消えてしまいました。
頂いたコメントは、当方に控えがございましたので、再掲載させて頂きました。
しかしながら、私自身が書きました返事は、控えて居りませんでした。
時間を見つけ、改めて書かせて頂きますので、ご容赦下さい。
何卒 宜しくお願い致します。 8/27.8:00AM by Hotaru.
0

2006/8/25

36才新人…メジャーリーグの斉藤投手と高校生ドラフト  Boston Red Sox・MLB

近頃では、斉藤投手と言えば、高校野球選手権大会で優勝した早稲田実業高校の斉藤祐樹投手を連想してしまうが、メジャーリーグで活躍している斉藤隆投手も居る事を忘れてはならない。斉藤投手は、1991年ドラフト1位で横浜ベイスターズへ入団後、在籍10年を越えて確実にキャリアを積み、守護神としての立場を確立していた。しかし2002年、フリーエージェントとなってメジャー移籍に失敗した以降の、2003年から2004年は、全く成績を残せず二軍落ちさえ宣告されていた。そんな斉藤投手がやっと復活の兆しを見せた2005年オフに、再びメジャー挑戦を宣言し、横浜ベイスターズを退団した。
得意の変化球でセーブを挙げる斉藤隆投手。クリックすると元のサイズで表示します

明けて2006年2月、斉藤投手は、36才の誕生日直前に、ロサンゼルス・ドジャーズとマイナー契約をし、キャンプからオープン戦にかけて投球を続けていた。球団側から開幕マイナースタートを告知されたものの、ブルペンピッチャーとして2度目の登板の際、変化球に切れがあると高く評価され、開幕直後の4月6日、エリック・ガニエ投手の故障者リスト入りと入れ替わりにメジャーへ昇格した。この日は、36才の新人メジャーリーガー誕生の記念すべき日となった。5月になってからは、セットアップとして活躍。5月13日には、バリー・ボンズと相対し、完全に抑えきった。その時のインタビューで「夢のようで感無量。幸せです」 と答えていた姿が印象的だった。

6月に入り、ドジャーズのグレイディ・リトル監督は、斉藤投手をクローザーに指名。以後、得意の変化球で、8月23日現在、5勝、2敗 14セーブ、防御率2・24という、ナショナルリーグの新人守護神として、素晴らしい成績を残し、チームの西地区首位に貢献している。月刊メジャーリーグ掲載の斉藤投手のコメントによると、「メジャーで使用しているボールは、縫い目が大きいので、変化球の曲がりが大きくなリやすい。カーブなどは日本で投げていた時より良くなった」と答えている。速球のスピードは92マイル平均であるが、抜群のコントロールを誇り、低めにきっちりと投げられるのだそうだ。
メジャー、オールドルーキー・斉藤投手の夢舞台は続く…。クリックすると元のサイズで表示します 

オールドルーキー・斉藤隆…1970年2月14日生まれ、188cm 90キロ、右投げ左打ち。東北高時代は野手として甲子園に出場した。東北福祉大学へ進学後、投手へ転向。大学日本一に貢献した。1991年のドラフト1位で横浜大洋(現横浜)に入団。翌2年目から先発ローテーションに定着し、1996年には最多奪三振のタイトルを獲得して初の2桁勝利を挙げた。1997年の開幕前に右肘を手術し、1年のブランクが空けたが、翌年に復活、13勝5敗の好成績を残し、チームのリーグ優勝に貢献した。更に日本シリーズでも2勝を挙げ、チームを38年ぶり日本一へと輝やかせた。その後、2000年にストッパー(クローザー)へ転向。慣れるのに時間がかかり、直ぐに結果は出せなかったが、トータル2年間で、47セーブを挙げ、守護神としての地位を確立した。先に述べたメジャー移籍失敗から3年間の時を経て再挑戦。マイナー契約からスタートしたが、プルペンピッチャーとしてクローザーに定着するという大出世を果たした。

各メディアでは既に、ハンカチ王子…早実の斉藤投手の進路に注目が集まっている。9月25日のドラフト会議に向けて、各球団の争奪戦ぶりも報道されているが、メジャー初挑戦の失敗を乗越え3年越しで、2度目のチャレンジをし、36才になっても尚、夢を叶えようと未知の世界で好投し続けている…斉藤隆投手にも、もっとスポットを当てて欲しいと思った。私はTV画面ではあるが、斉藤隆投手の姿を見て、その瞳の中に夢と希望に満ち溢れた高校球児達と、同じ輝きを見つけた気がした。

◎追記 2006年 高校生ドラフト会議に至る日程
全国高校野球選手権大会が閉幕した翌日・22日からプロ志望届けの提出を開始し、9月15日に締め切られる。9月18日の時点で、ペナントレース順位でウエーバー順が決定(セリーグ6位から)。20日に各球団が大学・社会人ドラフトの『希望入団枠』を行使するか否かを表明する。『希望入団枠』を行使しない場合、高校生ドラフトの1巡目入札に加え、2巡目の指名権を獲得(行使する場合、2巡目は無し)。9月25日に、ドラフト会議を迎える。


0

2006/8/24

東京国際和太鼓コンテストに向けて…『こころ会Jr.』  和太鼓くらぶ「こころ会」

8月26日と27日、第5回東京国際和太鼓コンテストが、こどもの城・青山劇場で開催される。この大会は、東京新聞の後援のもとに、2002年から開催されており、全国各地で開催されるコンテストも含めて、事実上の日本一を決める全国大会と言える。近年になって古来、神の声として重んじられて来た太鼓の音を伝統文化として復興させる目的として、和太鼓を普及させる運動が各地で始まっている。また、青少年に於いては、スポーツ選手並の運動量があるので体力の増進に繋がり、音楽としての情操教育にも効果的だそうだ。更に、得られる効果として最高に事は、団体で取り組むゆえ、社会性を身に付けさせるという躾の役割を果たせる事だという。
クリックすると元のサイズで表示します 課題曲「鼓楽響成」を演奏。

日本の太鼓の歴史は、6世紀頃に作られたとされる古墳から、太鼓を持った埴輪が発掘されており、当時から神事の際に打たれていたと推察されている。また6世紀頃には、朝鮮半島から渡って来た人が、音楽を奏でたという記録もあり、752年に、奈良・東大寺大仏開眼会では、アジア各地から人が集まり大演奏会が開かれと記され居り、当時使われた太鼓が、1000年以上経った現在でも保存されている。更に中世(13世紀〜16世紀)になって「能」が始まり、そのお囃子用 の太鼓が、現在に通じる形に整って行ったという。そして江戸時代になって、歌舞伎が庶民の間で大流行すると、その伴奏音楽として10数種類の太鼓が使用されるようになった。その頃になると、国内各地の民俗芸能や祭礼等で、大小、様々な種類の太鼓が使われるようになったそうだ。
締太鼓を叩くYちゃん。 クリックすると元のサイズで表示します
自由曲「どんでん」の演奏で…。

さて、今年の東京国際和太鼓コンテストは、審査員は、2005年の愛・地球博のオープニングイベントとして『とぶぞっ〜いのちの祭〜』をプロデュースした山本寛斎氏や、JACCC(Japanese American Cultural and Community Center)の派遣審査員、ロイ・ヒラバヤシ氏らを迎えて、3部門(組太鼓部門青少年の部・大太鼓部門・組太鼓部門一般の部 )に分けられて技を競い合う。その組太鼓青少年の部(中学生以下)に、「こころ会」のジュニアチームが3倍以上の競争率の予選を通って参加する。こころ会は、先月から岡谷市救済のチャリティコンサートを行って来ており、その模様を当ブログで取上げさせてもらったが、「こころ会」の方達からは、お礼のメールを頂き、22日の夜行われる、壮行会を兼ねた演奏会に招いて頂いたので、差し入れを持って出向いて来た。
クリックすると元のサイズで表示します 笛を吹く二人。

会場に着くと演奏前の準備の最中だった。「こんばんは〜」。いつものように会う子供達全員が、元気な声で挨拶してくれる。彼らのパワーに、夏ばても吹き飛ぶような気がした。段々と地元の人達や学校の先生が集まって来られて演奏が開始された。まずコンテスト出場メンバーによる課題曲「鼓楽響成」の演奏。締太鼓と呼ばれる小さめの太鼓技術が問われる、かなり難しい曲目だそうだ。そして自由曲の「どんでん」…これは知多半島に伝わる祭りの山車が方向転換をする事を意味し、重くて大きな山車を回転させる技術の難しさ、力強さが伝わって来て、チームワークが問われる組太鼓に相応しい楽曲だと思った。リーダーのEさんのお話だと、大会の為に出発する日を明後日に控えて、まだ12名のメンバーが決まっていないそうだ。その選出方法は、指導者が指名するのではなく自分達で決めるのだという。勿論、皆が熱心で甲乙付け難い事もその1つの原因だそうだが、自分達で決めるからこそ、出場できない子供達も納得して心から応援出来る…というポリシーで、全員で練習を続け、大会ぎりぎりに決定するのだそうだ。
お礼の挨拶「こころ会」のメンバー。 クリックすると元のサイズで表示します 

演奏が終わっても、子供達は家族のように仲良く喋っていて、なかなか帰ろうとはしなかった。私は代表者の方に、騒音苦情による練習会場の問題など、ご苦労話もお聞きしていた。このように縁の下の力となって支える父兄の方達があるからこそ、会が存続して行けるのだと痛感した。お話を聞いている間も子供達は、話しかけてきて、本当に素直で明るく爽やかだった。私が帰えろうとすると、何度も何度も「ありがとうございました」とお辞儀をしてくれた。そして最後には「もうほたるさんも、仲間だから」と「こころ会」特製のタオルを首に巻いて貰った。自分でも似合いすぎる…と思えてしまい、どんなに高価なスカーフを巻いた時より心地よく嬉しい気分だった。大会当日は私も、自分のやるべき事を一生懸命しながら、名古屋の空から声援を送りたいと思った。帰路は車の窓を開けて走って来た。晩夏の夜風が、心地よかった。

クリックすると元のサイズで表示します 頂いたこころ会のタオル

◎和太鼓グループ「こころ会」HP
http://www.tac-net.ne.jp/~kokorokai

◎東京国際和太鼓コンテスト公式HP
http://www.tokyo-np.co.jp/event/taiko/
0

2006/8/23

オリリー夫人とエリザベスサンダースホーム・沢田美喜さん  日記(今日思うこと)

私が就職して初めて講習会に行ったのは、当時ブライダルメイクも手がけていた、オリリー社主催の講習だった。それは学生上がりの私にとって衝撃的なものだった。1人のインストラクターの方が、私達受講生の目の前で、お化粧を落として見せてくれた。その方のお顔には、大きな赤い痣があった。化粧していると全く気付かかず、まるで手品のようだった。それが私とカバーマークという化粧品との出会いだった。カバーマークが日本に渡来した経緯には、1951年、広島の原爆乙女と呼ばれた4人の女性がケロイド治療の為渡米し、帰国時に手術では取りきれないケロイドを隠せると、カバーマークを持ち帰った史実がある。そしてその事を知った、当時エリザベスサンダースホームの園長・沢田美喜さんが、混血孤児で痣のある子供の為に何とか輸入を…と、ピアス化粧品の坂本社長にお願いしたのが事の始まりだった。今日は、顔の痣を隠すだけでなく心も明るくするという素晴らしい化粧品、カバーマークの誕生について書いてみようと思う。
クリックすると元のサイズで表示します  カバーマーク生みの親…リディア・オリリー夫人
マーク(痣)があるとは、とても思えない綺麗なお肌。


リディア・オリリー(以降リディア)は、1921年に大学を優秀な成績で卒業した。当時のニューヨークで優秀な女性の憧れの職業は、デパートの帽子売り場の店員だったという。就職試験の筆記はトップで通過したものの、面接の際に顔に痣(以降マーク)があったという理由だけで、落とされてしまった。リディアには、左半分に大きな木苺色のマークがあったのだ。リディアは悲しみにくれた。しかし、それまでも差別は受けて来ていたリディアには、厳しい現実を受け入れるしか術がなかった。
クリックすると元のサイズで表示します 
リディアには油彩で絵を描くいう趣味があった。ある日、あやめ(恐らくジャーマンアイリス)の絵を描いている時、過って紫の花弁の上に黒い絵の具を落としてしまった。その黒い沁み…リディアは自分のマークに置き換えながら、上から他の色を塗っているうちに沁みは隠れてしまった。 彼女は、同じように自分の顔のマークをカモフラージュする事が出来ないだろうか?と思いたち、油絵の具の筆をつかんで、自分のマークをに塗って鏡を見た。すると見事にマークは隠れ見えなくなっていた。しかし油絵の具は肌には決して良くはない。大学で化学を専攻していたリディアにその事は、痛いほど解っていた。

そこで、まずリディアは、ドラッグ・ストアで幾つかの化粧品を買って、水、亜鉛粉、リスリン等を混ぜて実験し始めた。 更に混合出来る成分を探る為に、化学者とも手を組み開発に挑んだ。マークを隠すファンデーションは、肌にとって有害であってはならないし、顔を上げて屋外に出て貰うには、紫外線からも肌を守らなければならない。なおかつ、マークのある人にとっては汗や雨で簡単に取れてしまってはいけない。リディアは、このコンセプトを元に化学者と共に開発し続けた。数週間後に、彼らはリキッドタイプのファンデーションを開発し、リディア自らが塗ってテストしてみたが、微笑んだ途端、割れ目が出来てしまった。何度かの失敗と試行錯誤の結果、 リディアは水にも強く取れ難い、そして肌と調和しうるペースト状のファンデーションを発明した。
クリックすると元のサイズで表示します 
その当時、化粧品は贅沢品とされ、多くの課税がなされていた為、リディアは、貧しい人でもマークのある人達が手に入れる事が出来るようにと、特許を出願したが、化粧品というだけで真っ向から却下されてしまった。彼女は上告し、その問題は連邦裁判所へと持ち込まれた。リディアは、陪審員の前に立ち、その目の前でファンデーションを落としマークを見せ、再び塗ってみせた。その毅然とした姿に法廷は同意し、特許申請も通って、課税されず安価で提供できるファンデーションが誕生した。カバーマークの化粧法は、下地を整えファンデーションを塗ってからパウダーをはたき、その後水で洗い流す。それが汗にも雨にも強いという秘訣で、私も現在その後、改良されたカバーマークファンデーションを花嫁化粧に使用している。

私が受けた講習会で、化粧を落として見せくれたインスタラクター(マークアーチスト)は、「カバーマークとの出会いで人生が変った」と話してくれた。その方がカバーマークと出会った頃…20年以上前は、現在のように形成外科手術や皮膚移植手術も進んでは居らず、もし手術を受けようとしても、保険適用も厳しく、かなりの高額な費用が必要だったそうだ。更にアーチストは「このファンデーションがあれば、うつむいて歩いていた人が胸を張って歩けるようになる。学生でも、豊かでない人でも、使用する事が出来る…だからこそ、私はマークがあっても、素顔を見せられるようになった。多くの仲間が救われましたよ」と続けた。当時500円という破格の値段も非課税だからこそだった。そのカバーマークのファンデーションの蓋には、3本の蝋燭がついていた。それは「慈愛の灯火」と呼ばれ、多くの人を救って来た印だった。このカバーマークが日本に渡来した逸話と、三菱財閥の娘でありながら私財を投じて、混血児の為の孤児院を建てた沢田美喜さんについて…詳しくは、また後日、別の日記で…。
13

2006/8/21

球史に残る決勝戦…療養中の王監督に捧げる全国大会優勝!  日記(今日思うこと)

WBC・日本を世界一に導いた王監督、この早実優勝という良薬で早く元気になって下さい…。

第88回全国高校野球選手権大会・決勝戦の再試合は、
このメッセージを届けたいとばかりに、早稲田実業が制し、初優勝を手にした。

4連投、前日の15回と本日の9回を、1人で投げぬいた斉藤投手の目に涙が滲んだ…美しい涙だった。優勝の瞬間、伝統ある高校らしく、観客席のOBには涙が、在校生には笑顔が溢れた景色だった。早稲田実業の和泉監督は、北の大地北海道で毎年こんなにも強いチームに育て上がった駒大苫小牧を賛辞した。大先輩の王監督も、荒木さんも成し得なかった夏の甲子園での優勝。斉藤投手は、インタビューでは、涙を押し隠すようにしながら、大会を支えてくれた関係者、そしてベンチに入れない部員の事も労った。早稲田実業高校、優勝おめでとうございます。そして、雪でグラウンドの使える期間が短いにも関らずここまで勝ち上がってきた駒大付属苫小牧高校、春の出場辞退の無念さを胸に、三連覇のプレッシャーと闘いながらの準優勝、おめでとうございます。そして私は祈りたい。ここまで破れ来た多くの高校球児達の未来にも、平和と繁栄が有らん事を…。
クリックすると元のサイズで表示します マウンドでは冷静な斉藤投手にも
優勝の瞬間、涙がとめどなく溢れた。


また、この大会の審判員は、全てアマチュアの方達で構成されていたという。好守交代もなく、炎天下で経ち続ける審判の方達は、本職は消防士さんや、住職さんなど様々である。大会には、全国約7000人のアマチュア審判員から厳選された約40人が集結。関西地区と東京六大学の審判員と各地区から推薦させた8人で構成されているそうだ。勿論アマチュアなのでお手当てはない。食費と交通費だけの支給なのだそうだ。今年の夏は特に暑かった。審判員の方々も、本当にお疲れ様でした。

因みに私は、表彰式でもメダル授与のシーンが大好きである。アナウンサーが両チーム一人一人のエピソードの紹介するのには、胸にぐっと来るものがある。そしてグラウンドを「栄冠は君に輝く」の曲に乗って優勝旗、盾を持っての凱旋行進…。感動の涙が止まらない。やはり夏の甲子園には、毎年心揺るがす何かが生まれる。

栄冠は君に輝く  

1.雲は湧き 光溢れて 天高く 純白の球 今日ぞ飛ぶ
  若人よ いざ まなじりは 歓呼にこたえ
  いさぎよし 微笑む希望 ああ栄冠は君に輝く

2.風をうち 大地を蹴りて 悔ゆるなき 白熱の 力ぞ技ぞ
  若人よ いざ 一球に 一打にかけて
  青春の 賛歌をつづれ ああ栄冠は君に輝く

3.空を切る 球の命に かようもの 美しくにおえる健康
  若人よ いざ 緑濃き しゅろの葉かざす
  感激を 目蓋にえがけ ああ栄冠は君に輝く

   (作詞:加賀大介 作曲:古関裕而)


0

2006/8/21

4112校の頂点へ…早稲田実業VS駒大苫小牧、引き分け再試合  日記(今日思うこと)

第88回、全国高校野球選手権大会は、ホームランの大会記録を塗り替えた数が物語るように、大量得点の勝負が多かった。しかし20日に開催された決勝戦は、早実・斉藤投手と駒大苫小牧の田中投手の気迫ある投手戦となった。早実の斉藤祐樹投手は、ポケットから出したハンカチで汗を拭うシーンが有名になり「ハンカチ祐君(ハンカチ王子)」と呼ばれている。しかし、そのような律儀で大人しいイメージとは裏腹に、15イニングを7安打1失点、16奪三振。15イニング178球を、1人で力強く投げ抜いた。特に15回に投げたストレートは147キロを記録し関係者を驚かせた。一方、駒大苫小牧の田中将大投手は、昨夏の優勝投手で、3回途中のピンチから登板し、12回3分の2を7安打1失点に抑え、10奪三振、165球の投球で、両雄譲らずの熱投だった。
クリックすると元のサイズで表示します 15回を終了してお辞儀をし、讃えあう両校の選手達。

駒大苫小牧は、戦前の1931年から1933年にかけて中京商業(愛知・現中京大中京)が3連覇を果たしてから、73年ぶりの偉業をかけて、また、早実は、1957年の春の選抜高校野球大会で王貞治氏らが優勝して以来、夏の大会では初の優勝を胃癌の手術をして療養中の王監督に届けたい想いもあり、両校それぞれの夢をかけて決勝戦に臨んだ。延長15回、大会規定で引き分けが決定した瞬間、観客席からはねぎらいの拍手が巻き起こった。5万人の観衆は誰も帰ろうとはせず、両校の死闘を見守っていた。決勝戦の引き分け再試合は、1963年当時18回までと決められていた、三沢高校(青森)VS松山商業高校(愛媛)以来37年ぶりとなった。試合後2人の投手は、お互いの健闘を讃え合い、「もう1試合できるのは嬉しい」と語ったという。
今大会5試合を投げて防御率1.00の斉藤投手。 クリックすると元のサイズで表示します

斉藤投手は、明日も先発すれば4連投となるが、今年、春の選抜でも、関西高校(岡山)と引き分け再試合を経験しており、再試合では見事に勝っている。甲子園球場で、1年間に2度の引き分け再試合をする事も、史上初の記録となるそうだ。 斉藤投手は、140キロ台の速球と鋭い角度で決まるスライダーが武器。試合全45回を投げ抜き防御率1.00は見事な成績である。打率も4割と打撃センスも良い。打線としては4番の後藤選手と5番の船橋選手を中心に下位までしぶとく、好機に集中打で畳み掛ける。また、駒大苫小牧の田中投手は、大会ナンバー1と言われて来た右腕で、今大会に入って本調子ではないと噂されながらも、140キロ台の重い速球力(最速150キロ)と強い肩から繰り出される高速スライダーは、そうそうは打たれない。打線では、出塁率の高い1番の三谷選手と、3番中沢選手、4番で主将の本間選手が勝負強さを見せてきた。ここまで来れば両校優勝させてあげたいような気分ではあるが、真紅の優勝旗を2つに分ける訳には行かず勝負の厳しさを感じている。再試合の勝敗は、両投手の肩のケア・回復ぶりが鍵となりそうだが、選手らにとって疲れが出ての失策が無いように、悔いの残らない試合をして欲しいと願いたい。
クリックすると元のサイズで表示します 開催前から注目された昨年優勝投手の田中投手。

以下、両校に敬意を表し、簡単にその歴史を紹介して置きたい。

◎早稲田実業高校 (東京都 国分寺市)
1901年(明治34年)創立。野球部創部は4年後の1905年で東京では最も古い。早稲田大学の傘下から、1963年に系属校になる。男子校だったが、2002年から共学になった。野球部員は67人(内マネージャー1人)。甲子園へは春18回、夏27回出場。優勝は1957年春の大会。卒業生には、王貞治氏(ソフトバンク監督)、荒木大輔氏(西武コーチ)、川又光利氏(中日元外野手)、ミュージシャンの小室哲哉氏らがいる。

◎駒大付属苫小牧高校 (北海道 苫小牧市)
1963年(昭和39年)創立。創部は開校と同時の1963年。駒沢大学の付属校として創立し、体育、文化、などのコースがある。野球部員数102人(内マネージャー3人)、甲子園出場は春2回、夏は6回出場。一昨年北海道勢として初の全国制覇をし、昨年2連覇を果たしている。卒業生には、加藤謙如氏(横浜元外野手)、スピードスケート元オリンピック代表で現参議院議員の橋本聖子女史、現役スピードスケート選手の田畑真紀選手がいる。
0

2006/8/20

新人投手の宝庫…ア・リーグ新人王争いに思うこと  Boston Red Sox・MLB

1995年、海を渡った野茂投手が新人王を獲ってから、プロ野球でプレーをして来た日本人選手にその資格があるかどうか、盛んに議論されて来た。だが明確な答えは出されないまま、2000年には佐々木投手が、2001年には、イチロー外野手が獲得した。しかし2003年の松井秀喜外野手は、数字的には文句なしであったにも関らず、一部記者が「新人の資格はない」と訴え選考から外された。では2006年、今年マリナーズに入った城島捕手は、ア・リーグ新人王候補の資格があるのか?どうか…?。開幕から2ヶ月経った6月の時点では、非常に気になるところだったが、前半戦を終わってみれば、新人王候補となる投手達が大活躍。残念ながら城島捕手の新人王獲得を巡っての議論は、蚊帳の外となりそうな気配である。
クリックすると元のサイズで表示します タイガースのジャスティン・バーランダー。

まず、中地区のトップを走るデトロイト・タイガースの投手…ジャステイン・バーランダーは、13勝(7月末のデータ・現14勝)を挙げ、最多勝も狙える位置にいて、タイガースの勝利に貢献している。そして中地区現在2位のホワイトソックスに迫りつつある、ミネソタ・ツインズには、6月に5連勝を飾り12勝を挙げているフランシスコ・リリアーノが既にエースと呼ばれる程の活躍をしている。更に西地区で2位にいる、ロサンジェルス・エンゼルスのジャレット・ウィーバーは、5月末にメジャー昇格後、負けなしで防御率も1点台、エース・バートロ・コロン投手の怪我による穴を埋めた。そして今日、8月18日にも、シアトル・マリナーズからの1勝を加えて9勝とした。この先発投手・三羽烏に、クローザーとして新人離れした度胸と落ち着きぶりで32セーブを挙げているレッドソックスのジョナサン・パベルボンが食い込めるか?というところが当面の見解のようだ。

ジャステイン・バーランダーは、1983年2月20日生まれの23才。オールド・ドミニオン大学時代から、100マイルの速球を投げており、2004年5月のドラフト全体2位の指名で、タイガースに入団した。マイナーで投げて1年後の7月にメジャー昇格したが、0勝2敗で肩に痛みを訴えて、終盤は球団側も温存。その功をなして、今年は開幕から先発ローテーション入りをしている。そして今季4月8日、対レンジャーズ戦で初勝利を挙げた。対マリナーズ戦をTVで観た時、その投球フォームからは、豪腕には見えず、とても100マイルの速球を投げる投手には思えなかったが、実際はそのマリナーズ戦で101マイルの表示も出て、観客を唸らせた。その4月23日に相対したイチロー選手は、3打数1安打であったが、試合の後「いい球を投げます」と絶賛した。昨年のように肩さえ痛めずシーズンを通じて先発すれば、最多勝も夢ではない投手である。
ツインズのフランシスコ・リリアーノ。  クリックすると元のサイズで表示します

フランシスコ・リリアーノは、ドミニカ出身。10月26日生まれの22才である。2003年はジャイアンツの傘下でプレーしていたが、ピアジンスキーとの複数トレードでツインズに入団した。2005年9月にメジャーデビュー後、4試合目で初勝利を挙げた。今季はブルペンからスタートしたものの、5月から先発投手に鞍替えし、それから僅か2ヶ月で10勝を挙げた。球種は、スライダー、カーブ、チェンジアップと多彩で、コントロールも良い。その変化球を最速98マイルの速球と組み合わせて投げている。変化球の中でも、チェンジアップは、同僚の投手のヨハン・サンタナ譲りで、どのカウントからでも投げられるという。コントロールの良さは、捕手で現在リーグ首位打者のジョー・モウアーが「サンタナとリリアーノが投げる日は、仕事が楽。ミットを構えていればそこに(球)が来る。味方で良かった」と語っている事で証明されている。

ジャレット・ウィーバーは、1982年10月4日生まれの24才。8月18日の時点で投球数が規定に達して居らず、勝利数争いに加わっていないが、負けなしの防御率・1点台は、投球数が到達した途端、一気にトップへと躍り出る可能性がある。5月27日にメジャーデビューし、先に記したエース・コロンが復帰後は、一旦マイナーに落とされたが、奇しくも7月に入って兄のジェフ・ウィーバー(現、カージナルス)が解雇されると入れ替わりで再昇格した。ロングビーチ州立大学時代に37勝9敗の成績を残し、2004年のドラフトにかけられるが、兄の薦めか代理人がスコット・ボラスだった為に契約金の高すぎて、交渉が1年も長引き、ようやく昨年5月にエンゼルスへ入団した。球速は平均94マイル程度だが、抜群のコントロールを誇り、手元で伸びるストレートは「球持ちが良い」と表現されている。素質は兄より上とメディアで評され、期待されている。
クリックすると元のサイズで表示します エンゼルスのジャレット・ウィーバー。

このように投手だけでも、3人がその非凡さを見せつけ、そこにジョナサン・パぺルボンがクローザー初の新人王獲得に向けて、立ちはだかろうとしている。パベルボンについては、この週末からのレッドソックスが、対ヤンキース5連戦のうち3戦を残し、負けているので勝って欲しいという想いを込めて、パぺルボンがセーブを挙げる日まで書くのを待とうと思っているが、城島捕手については、今後大活躍して何かタイトルでも獲らなければ、候補になるのも厳しい状態であるようだ。新人王獲得だけの事を考えると、まったくもってデビューした年が良くなかったという事になってしまう。

◎参考
・メジャーリーグJP紙面 ・USA TODAY 紙面 ・月刊メジャーリーグ9月号。
0

2006/8/19

上川徹氏、ロシア・プレミアリーグへと招かれ主審を務める  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

今年2006年、6月から7月にかけドイツで開催されたサッカーワールドカップで、国際審判である主審の上川氏と副審の広嶋氏が、一次リーグ2試合の審判を務め、高い評価を得て、アジア人初の快挙!決勝トーナメントの3位決定戦で、ドイツ対ポルトガル戦の審判を務めた。その際、破れた方のポルトガルのスコラリ監督から「とても良かった。多くの人が、日本の審判がこれほどのレベルだとは思っていなかったはずだ」と、賛辞された事や、2得点し喜びのあまり思わずユニフォームを脱いでしまい、イエローカードを与えられたシュヴインスタイガーが「とても感じの良い審判だった」と誉めた事は、まだ私達の記憶に新しい。敗者の将やイエローカードを出された選手からの誉め言葉は、上川氏らが、いかに優れた審判であるかを証明できる証拠だと、観ていてとても嬉しかった。
クリックすると元のサイズで表示します シュヴインスタイガーに、笑顔でイエローカードを提示した上川主審。(3位決定戦)

上川氏らは、試合の直後に行われた3位チームの表彰式で、ドイツチームと同じメダルを授与された。その栄誉を讃え、ドイツから帰国後には、日本サッカー協会からも表彰された。前回のワールドカップから、イタリアの国際審判・コリーナさん(決勝戦は勿論、因縁の対戦、イングランド対アルゼンチン戦の主審を務めた)のファンになり、審判の仕事に興味を持っていた私は、ドイツ大会開催前から、上川氏を応援して来た。そんな私としては、サッカー協会の表彰だけでは、物足りなく感じたが、TVのスポーツ番組に出演した上川氏には、表彰される事より、名誉或る仕事を無事にやり遂げたという満足感が満ち溢れていた。上川氏は、8月に入って、各地でW杯の体験を元に講演活動をしていたが、この度、ロシア1部リーグ(プレミアリーグ)で主審を務めることが、16日、同リーグ関係者からロイター電を通じて明らかにされた。
銅メダルを胸に…上川主審と広嶋副審。クリックすると元のサイズで表示します

その報道によると、上川氏が主審を担当するのは、現地時間の19日開催の、ロシア・ウラジオストックで行われる、地元ルチ・エネルギア対スパルタク・モスクワの試合だそうだ。同リーグは今までの例で、ヨーロッパ諸国から審判を招いた事があったが、日本を含めアジアからの審判招待は、初めての事だという。ワールドカップの最中、上川氏は、国外のスポーツ誌等でも高い評価を得ており、もしかしたら国外から主審依頼の声がかかるのでは?と予想はしていたが、この時期にとは?!ニュースを見て一番に驚いたが、やはりとても嬉しかった。まだまだ、サッカーでは欧州から比べて「後進国だ」と言われている日本に於いて、欧州に属するロシアから声がかかるのは、大変名誉な事だと思われる。あまり、スポーツには政治を絡めたく無いが、日本とロシアの関係は、北海道の漁船拿捕問題で、政治的にも揺らぎそうな気配がするだけに、上川氏の毅然とした、そして紳士的な試合裁きは、好印象をもたらしてくれるのでは?と期待していたい。日本では、その試合が観られなくて残念だが、引き続き応援して行きたいと思っている。
 クリックすると元のサイズで表示します 筑波大学で講演する上川氏。(8月6日)

また、ワールドカップで優勝したものの、不正疑惑に揺れるイタリアの国内リーグでは、定年になったコリーナさんの復帰も切望されているという。途方も無い運動量を必要とする審判の仕事ゆえに、FIFAの「45才定年」という設定は、止むを得ないとは思うが、せめて日本サッカー協会と同じ、50才まで定年の年齢引上げて貰えないだろうか…。出来れば次のワールドカップ・南アフリカ大会でも、日本チームの試合とともに、上川氏の勇姿を観て見たい…とも、密かに願っていたりする。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ