2006/9/2

抱きしめるという会話…防災の日に思うこと  日記(今日思うこと)

今日9月1日は、防災の日だった…。東京の晴海埠頭では、米艦隊も初参加して総合防災訓練が行われた。米フリゲート艦は、東京湾北部を震源としたマニチュード7・3クラスの地震が襲い、被災者の中の帰宅困難者を神奈川県、横須賀港へと運ぶ設定。また韓国・ソウル市消防局のレスキュー隊も初参加し、倒壊建物での救助活動訓練をしたそうだ。このように、大規模な訓練から、街や学校単位の訓練まで、全国各地で防災訓練が行われた。阪神淡路大震災の時、妹は大阪の豊中市に居て、地震に遭った。スキー場のニュースで知った私が即座に公衆電話から電話した時には、何とか繋がって、マンションの部屋は悲惨な状態になったが、本人は無事と解った。以降暫くの間、連絡が途絶えた。役所に勤めたばかりだった弟は、翌日に有休を取ってボランティアに向った。電車は勿論走って居らず公共交通機関が麻痺する中、かなりの距離を歩いてやっとの思いで辿り着いたそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
神戸市内では、消防署の方達に加えて自衛隊の人達もやって来て、二次災害の危険もあるので、「素人は危ないから」と、瓦礫の山には近づけなかったらしいが、その時の隊長らしい人の話を、炊き出しのご飯を頂きながら聞けたという。その時、隊長さんは色々なケースを説明しながら、「小さな笛でも持っていてくれたらなぁ」と呟やかれたそうだ。人を呼ぶ時に使う笛の事を「呼子の笛」(よびこの笛)と言うらしい。瓦礫の下で大声を出していても聞こえ難い事が多く、そのうちに声は枯れて出なくなってしまう。今の世の中だと携帯を身につけている人も多い。しかし、携帯で電話をかけられる出来る体勢なら良いのだが、バッテリー切れも起すし、受ける側も停電になれば携帯は、いつか通じなくなる。その点、笛は電池がなくなる事もないし、首からかけたり、ポケットに入れて置いたりすれば、狭い場所に閉じ込められても吹く事が可能では?とされる。映画「タイタニック」のラストシーンでも、生き残ったローズが助けを呼ぶ小道具に笛が使用されていた。私も以前防犯にと小さな笛を貰って持っている。明日から早速携帯したいと思った。天災は忘れたる頃来る…とは寺田寅彦氏の言葉だが、やはり常に最低限の備えは必要だと改めて感じている。

しかしながら、近頃、新聞・ニュースを賑わしているのは、犯人は人の子だろうか?いや動物だって親子の愛情はある…と考えさせられてしまうような冷酷・且つ理解出来ない犯罪ばかりである。命の重みを感じなくなってしまった子供達が増えたのだろうか?ある子供は、夏休みに飼っていた「カブト虫が死んだ時、両親に「電池を変えてくれ」と言ったそうだ。命の尊さ…防災の日こそ、日常の雑踏の中、ふと立ち止まって考えてみたい。天災…地震も台風の風も、豪雨も、その後には大きな爪痕を残してしまう。阪神淡路大震災の後、何とか無事だった妹も、同じマンションの高層階の人達の水汲みや、子守などボランティア活動をしていたと聞いた。大人達が失意に項垂れる中、最初はショックで笑いも少なかった赤ちゃんは、直に笑顔を取り戻し、極限の環境の中でも逞しく生き抜こうとしていたという。赤ちゃんから元気を貰った…妹はそう話してくれていた。妹は暫くして落ち着いた頃、週末になると震災で親を亡くした子供達の施設も訪れていた。子供達は何のお土産を貰うより、スキンシップを取りたがっていたそうだ。

今日から9月…外では、秋の気配を感じる涼しい風を感じられ、虫の声が聞こえ始めた。平穏無事な幸せが続くといいなぁ…としみじみ思いながら、思い出した言葉があった。以下は、社団法人・日本公共広告機構が雑誌等に掲載したCMの言葉である。

 「抱きしめるという会話」  −母親編-

子どもの頃に
抱きしめられた記憶は、
ひとのこころの、奥のほうの、
大切な場所にずっと残っていく。

そうして、その記憶は、
優しさや思いやりの大切さを教えてくれたり、
ひとりぼっちじゃないんだって思わせてくれたり、
そこから先は行っちゃいけないよって止めてくれたり、
死んじゃいたいくらい切ないときに支えてくれたりする。

子どもをもっと抱きしめてあげてください。
ちっちゃなこころは、いつも手をのばしています。

クリックすると元のサイズで表示します
 「抱きしめるという会話」  −父親編-

がんばれよ。
ごめんよ。
愛してるよ。

そんな言葉を口にするかわりに
父親たちは 我が子を抱きしめたりする。

父親は母親にはなれない。
二の腕や胸板が、おっぱいよりえらくなる
なんてことは永遠にないだろう。

けれど、子どもたちがその温もりに包まれていた時間は、
きっと子どもたちの未来までも 包み込んでいて
やがて子どもたちを支える 大切な心柱の一本になっていく。

子どもをもっと抱きしめてあげてください。
ちっちゃなこころは
いつも手を伸ばしています。


人の心に、抱きしめられた時の暖かさが、いつまでも残り続けますように。  -防災の日に-

◎「天災は忘れられたる頃来る」・・・寺田寅彦氏の言葉 (1月15日投稿) 
http://diary.jp.aol.com/applet/hotarudesu/20060115/archive


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ