2006/9/16

野球の聖地「クーパースタウン」殿堂と博物館No1(日本選手編)   Boston Red Sox・MLB

ボストンから400キロ、NYからも370キロ離れた人口約2300人の街…クーパースタウン、この小さな田舎町で1839年、ルールに則った最初の野球が行われた。それを記念しこの地は、野球の聖地とされ、野球殿堂と博物館が建てられた。このクーパースタウンという街には、ベースボールというスポーツの栄光の歴史が詰まっていて、野球をプレーした事のある人、野球関係者、そして野球ファンの憧れの地だそうだ。私はボストンから当初ニューヨークを経由して訪れる予定だったが、ボストン⇒クーパースタウン。ニューヨーク⇒クーパースタウン。ボストン⇒ニューヨークの距離が正三角形のように殆ど同じである事から、ボストンからのツアーを組んで貰い足を運んだ。9月15日7時30分、まだ風邪が完治していなかったが、防寒対策はしっかりとして、御迎えの車に乗り込んだ。車が高速を走らせて約4時間、高速を降りて静かな牧場の景色を通り抜けると、そこに野球の聖地、クーパースタウンがあった。
クリックすると元のサイズで表示します 野球殿堂・博物館玄関。

そこは街全体が野球のおとぎの国のようで、僅か1キロ足らずのメインストリートには、野球関係の骨董品屋さんや、バット制作を受注する店などが並んでいた。私は、オツェゴという湖の傍でお弁当を食べ、まず第一目的地の野球殿堂へと向った。(街の創始者、ウィリアムス・クーパーは、映画「ラストオブモヒカン」の原作者の父で、街造りはオツェ湖から始まったとされている)。チケットを受け取って野球殿堂の中に入ると、まず、左手にベー・ブルース、右手にはテッドゥイリアムスの像がバットを持って出迎えてくれた。鳥肌が立つ程の緊張感が走った。野球を愛する人なら誰もが憧れる地、今自分がその場に立っていること自体が夢のような感じがした。1Fには、メイン展示場として、メジャー選手誰もが憧れる、殿堂入りした選手達のレリーフが飾られて居り、往年の名プレーヤー達の顔を観る事が出来る。私にとって名前も知らない選手も多かったが、残した記録の凄さには圧倒された。(殿堂入りについてはまた別の日に書く事とする)
クリックすると元のサイズで表示します
入場チケットと手のスタンプ  クリックすると元のサイズで表示します

さて、まずは、野球博物館として、この館に展示されている日本人関係の品を写真と共に紹介したいと思う。館を2Fに上がるとベーブルースの部屋が設けられており、その奥には、投手の名誉「ノーヒット・ノーラン&完全試合」のボールが展示されているコーナーがある。そのコーナーには、1995年6月3日、モントリオール・エキスポスのペドロ・マルチネスと、1996年9月7日、ニューヨーク・ヤンキースのデビット・ウェルズの間に1996年9月17日、当時ロサンゼルス・ドジャーズだった野茂英雄投手の写真とボールが展示されていた。更に野茂投手は2001年4月4日、ボストン・レッドソックスに移籍し再びノーヒットノーランを記録し、同じ月23日の記録したチームメイト、デレク・ロウ投手の写真・ボールと共に展示されていた。1度の達成でも偉業な事である上に、アメリカンリーグ、ナショナルリーグの両リーグで達成したのはノーラン・ライアンとサイ・ヤング、ジム・バニシング、野茂投手のみで、大変名誉な事だと改めて野茂投手の偉大さに溜息をついた。
クリックすると元のサイズで表示します
野茂投手の写真と記念ボール クリックすると元のサイズで表示します

3Fに上がると様々な記録の部屋があり、イチロー選手がシスラー選手の年間ヒット総数記録を破った時のバット、ユニフォームが展示されている。入館して歩いていると、他の来場者も係員の人も、私が日本人と判ると「イチローコーナーへ行くように」と指示してくれる場所だった。そしてワールドシリーズチャンピオンリングが並んだコーナーを過ぎて奥へ進むと、いよいよワールドベースボールクラッシックのコーナーがあった。優勝メダル、松坂投手のユニフォーム、イチロー選手が被った帽子、応援の国旗等の展示と、トロフィーを持った松坂投手のポスター、そしてその優勝を報道した日本の新聞も展示されていた。隣には2位となったキューバチームの選手サイン入りユニフォームやボールも飾られていた。ルールはどうあれ、何と言ってもWBCのコーナーに、第1回大会優勝の日本チームの品々が置かれているのは、感動の極みであり、半年前の優勝シーンの瞬間が甦った。
 クリックすると元のサイズで表示します WBCの記念品の品々

このように、ここを訪れた誰もが、野球を通じて過去の思い出に帰る事が出来るのだ。だからこそ老若男女問わず、各々がそれぞれの楽しみ方が出来るのだと思った。因みにイチロー選手はこの殿堂を2度訪れているそうだ。1度目はメジャーに入り、シューレスジョー・ジャクソンの新人安打記録を破った時で、この時は、ジャクソンのバットを特別に出して貰い素振りをして今後の活躍を誓ったという。2度目は2004年、シスラーの年間ヒット記録を破った時…。イチロー選手の活躍ぶりからするとまた近いうちの3度目の訪問がある気がした。尚、2週間程前、日米高校親善野球で、斎藤祐樹投手らもこの地を訪れ、記念のバットを置いていったと報道されていたが、フロントで「何処に展示されているか」と尋ねると、何とまだ展示には至らず倉庫の中だそうだ。斎藤祐樹投手や田中将大投手達が活躍して、そのバットが晴れて展示される日が来る日を願いたいと思った。
0

2006/9/16

野球の聖地「クーパースタウン」殿堂と博物館No1( photo;WBC他)  Boston Red Sox・MLB

クリックすると元のサイズで表示します殿堂の玄関先、左のベーブルースの像

右にあるテッド・ウィリアムズの像。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますWBC、松坂投手着用のユニフォームと
イチロー選手の帽子や記念品等


WBSの優勝メダル クリックすると元のサイズで表示します 

クリックすると元のサイズで表示します WBC、準優勝・キューバの記念品。

イチロー選手最多安打記録達成時の品クリックすると元のサイズで表示します

◎日本時間の深夜1:00頃から9:00頃までにかけて、
当ブログが開かない、開き難いというメールを頂いていました。

アメリカ東海岸時間で昼間でしたので、留守にしていまして、
対応が遅れ、大変、ご迷惑をおかけしました。
只今問い合わせ中ですが、過去の例からしますと、
テンプレートの重さの関係もありますので、
暫く時間がかかってしまうのかもしれないです。
どうぞご容赦下さいますよう、お願い致します。

やはり、開かないとのメールを頂きましたので、
テンプレートを元に戻しました。申し訳ありませんでした。
19:35 by hotaru.


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ