2006/11/21

私の非日常的な1週間と松坂大輔投手の落札額に思う(斎藤緑雨)  日記(今日思うこと)

今月11日の深夜に、突然くも膜下出血で倒れた叔母は、延命措置を望んだ家族の祈りも届かず、その3日後、60才という若さで天国へ召された。倒れた日も叔父と2人で谷汲山へ紅葉を愛でるドライブをしたばかり…明るくて優しい人だった。叔母の入院していた病院、そして自宅、葬儀場へと近県の親族を車に乗せて走り回っていた私は、すっかり世間のニュースから遠ざかっていた。勿論、自分が贔屓にしているレッドソックスが、松坂大輔投手との交渉権を、約60憶という高額で落札した事も、スポーツ新聞の見出しで見て知る程度だった。一昨日からほぼ日常の生活へと戻り、テレビのニュースを観ていると、様々な番組が松坂投手の動きを追っていた。60憶という数字…その破格さゆえ、想像する事も出来ないが、何と高速道路の建設費に充てると1キロしか造れないという。私はこの1週間、高速道路を何往復もしたが、そんな高額を費した道路の上を走っていたとは夢にも思わなかった。道路交通網を便利にするのには、随分とお金がかかるものだと痛感した。
クリックすると元のサイズで表示します谷汲山、華厳寺の紅葉(岐阜県) 

また、私の留守中に、岐阜県本巣市に住む高校時代の同級生から「富有柿」が届いていた。「ここの所、急に冷え込んで来て霜が降りたので甘さがが増したはずだ」と、その箱の中には手紙が添えられていた。富有柿は、完全甘柿の一種で、完全甘柿は、渋柿からの突然変異とも言われ日本独自の品種である。柿にはこの他に、熟しても渋みが残る不完全甘柿…筆柿等、乾燥させる等して渋を抜き食する渋柿…市田柿などがある。渋柿も、未熟時は渋いが、色づいて更に熟し柔らかくなると渋が抜け、甘みが出て来る。私の育った家にも、柿の木が沢山あったが、「柿」と聞くと必ず「柿は渋きより甘きに入り、人は甘きより渋きに入る」という明治文壇の鬼才、アフォリスト(警句家)として有名な斎藤緑雨の言葉を思い出す。渋柿は熟すと甘くなるが、逆に人間は年月を経て熟すと渋みが出てくる…この言葉を亡き実の父から聞いて「成る程」と納得させられたものだった。
図書館内、斎藤緑雨のコーナー。 クリックすると元のサイズで表示します

その斎藤緑雨の作品は、三重県津市にある県立図書館に常設されているが、私は過去1度行った事があり、結局無理だったが、予定では14日に三重県伊勢市出身の友達と再訪するはずだった。先月10月16日には、同県鈴鹿市で、斎藤緑雨を顕彰した「アフォリズム(警句)作品」を募集し公開審査が行われ、最優秀賞、優秀賞が発表になっていた。残念ながら、その作品は「一筆啓上」の作品のようにインターネットでは公開されていないが、今年の秀作を数点紹介しておきたい。「時により悪人の悪意よりも善人の好意により追いつめられることがある」。「俗に言う毒にも薬にもならない人は、ガラスケースの中のランチメニューに似て、いくら時間をかけても、何の味もしない」。「人格を売れば金持ちになれる。だが後に人格を取り戻そうとしても金では買えない」。この1週間、普段疎遠になっている親族とも顔を合わせ、色々な話を聞いたが、様々な人間模様を凝縮しているような警句ばかりだった。
クリックすると元のサイズで表示します 交渉に向けて渡米前の松坂投手。

さて、松坂大輔投手の移籍については、レッドソックスが松坂投手との30日間の独占交渉権を得た結果となり、今後は、レッドソックス側と松坂投手側が年棒、契約年数などの交渉が行われ、それが合意に達すると、メジャーリーグ選手会が契約内容を確認した後、5日以内に西武へと落札額が入金されて、移籍が成立する経緯となるそうだ。この60憶という金額…レッドソックス側は、松坂投手に期待をするからこその算出である事は間違いないが、その背景には、日本をターゲットとするテレビ放映権、グッズの売り上げ等、スポーツビジネスの冷静な計算が見え隠れする。レッドソックスファンの私としては少々複雑な思いであるが、斉藤緑雨が今も存命なら、どんな警句を詠んだだろうか…と思いを馳せた。

◎斉藤緑雨
本名・賢。1867年(慶応3年)12月30日、現在の鈴鹿市に、伊勢神戸本多侯の典医であった父・利光の長男として生まれた。明治9年、9歳で上京後、其角堂永機に師事して俳句の手引きを受け、幼友・上田万年(国語学者)と回覧雑誌を発行した。 明治17年、17歳の時、仮名垣魯文の弟子となり、『今日新聞』に入社して、文学活動を本格的に始める。戯作風の続き物や、パロディ批評で文壇に登場。やがて花柳小説「油地獄」、「かくれんぼ」で作家的地位を確立し、「門三味線」では、樋口一葉の「たけくらべ」と競った。 明治30年以降は、「おぼえ帳」以下のアフォリズム(警句)やエッセイを主に書いた。職は新聞社を転々とし、貧窮のうちに肺疾患の為、明治37年4月13日、「僕本月本日を以て目出度死去仕候間此段広告仕候也」という自分の新聞死亡広告を載せ、本所横網町にて没。享年37歳。
1

2006/11/21

文字と写真で紹介する私…(そしてお願い等)  わたし(自己紹介)

◎お知らせ

色々と、ご心配をおかけしましたが、少し落ち着いて来ました。
今後は、22日と25日の花嫁造りの仕事に、専念致します。
そんな中、時間を作ってブログ更新をさせて頂きたいと思います。

今後共、どうぞご指導宜しくお願い致します。


☆性別 Fクリックすると元のサイズで表示します     ☆年齢  クリックすると元のサイズで表示します

☆仕事サービス業 取り締まられ役 クリックすると元のサイズで表示します
☆趣味クリックすると元のサイズで表示します
映画鑑賞 乗馬 スキー ドライブ 旅行(温泉好き)
 スポーツ観戦(フィギュアスケート、野球・特にMLB・レッドソックス)

☆好きなもの。クリックすると元のサイズで表示します
歴史 論語 映画 時計 バック モンブランのペン 和服
器(陶器・磁器・クリスタル)  盆踊り 天婦羅 山菜
温泉 飛行機 鰻 お肉 和菓子 柚子 シナモン
レモネード 洋服(ヨシエ・イナバ、ラルフローレン、アバクロンビー)

☆好きなひと?クリックすると元のサイズで表示します
ぷーさん まぐま大使 高倉健 織田裕二(踊るの青島君) 深津絵里 
堤真一 西村雅彦 岡島秀樹 富田洋之 大塚晶則 田口壮 Mike・Timlin

生後8ヶ月の私。色っぽい?でしょ。 クリックすると元のサイズで表示します

★スピンさんのお知り合いの方が、全体写真の↑画像を綺麗にして下さいました。
着物の柄とかそのまま再現されて、驚きと共に感謝の気持ちで一杯です。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示しますわたくしのひとり言の部屋に、お越し下さいまして、ありがとうございます。
何もおもてなしは出来ませんが、お時間の許される限り、ごゆっくりなさって下さい。


…お越し下さった皆様へ
出来れば、コメントを残して下さると、とっても嬉しいです。

…トラックバックして頂く皆様へ
初めての方は、メールまたは、コメントにてご連絡頂けると助かります。
尚、同じ記事でのトラックバックは、1件までとさせて頂きます。

どうぞ宜しくお願い致します。
クリックすると元のサイズで表示します

1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ