2007/1/30

湯川秀樹博士生誕100年…ラッセル・アインシュタイン宣言  日記(今日思うこと)

去る2007年1月23日は、中間子理論で日本人初のノーベル賞に輝いた湯川秀樹博士の生誕100年にあたる日だったという。振り返ると2005年の愛知万博…7月8日〜11日に、私は出向く事が出来なかったが、長久手会場のロータリー館で「国際平和美術展」が開催され、湯川博士夫人のスミさん(世界連邦運動協会名誉会長、世界連邦全国婦人協議会会長、WFM名誉会長、)が来館されて特別講演会を開かれた。友人はその講演会に出かけ、湯川夫人は、当時95才とは思えない程に張りのあるお声で「地球平和の為に、50年も前に非核宣言をしたのにも関らず、いまだに核兵器はなくなっていない。核兵器をなくし平和を実現する為には、私達一人一人が自覚し行動する事です」と熱く語って居られたと話してくれた。残念な事に湯川スミさんは、昨年5月胃癌の為、他界されてしまったが、命尽きる最後の時まで、世界平和を訴えておられたという。

クリックすると元のサイズで表示します 愛知博を走るリニモ。

そもそも、スミさんの活動は、湯川博士の遺志を継ぐもので、湯川博士は日本人としてただ一人の「ラッセル・アインシュタイン宣言」の共同署名者でもあった。湯川博士はその署名について「私の本来的性格からしますと、何とか純粋に学問だけしておりたいのです。しかし…科学者として知らん顔は出来なかった」と答えている。「ラッセル・アインシュタイン宣言」 (Russell-Einstein Manifesto)とは、イギリスの哲学者であり、論理学者、数学者のバートランド・ラッセル伯爵と、アメリカの物理学者アルベルト・アインシュタイン博士が中心となった科学者ら11人によって、1955年に提示された、核兵器廃絶・科学技術の平和利用を訴えた宣言文である。そしてその3ヵ月後にアインシュタイン博士が亡くなった事から、アインシュタインが人類に遺した遺言とも言われている。(著名者全員がノーベル賞を受賞)。

非核・反戦について語る湯川スミさん(当時95才)クリックすると元のサイズで表示します

アインシュタインは、ドイツ系ユダヤ人として、ヒトラーが政権を握った1933年にナチス・ドイツを逃れてアメリカへと移民した。その後、第二次大戦が勃発した1939年、ユダヤ人迫害を進めていたドイツが、原子爆弾開発に着手した情報を耳にし、数名の科学者達の代表として、当時のフランクリン・ルーズヴェルト大統領に原爆の開発を進言したという説が残されている。原爆開発に博士の直接的な関与はないとは言われているが、博士のE=mc2という公式で有名な、特殊相対性理論=「エネルギー・質量保存則」は、物質がエネルギーに変換されうる事を示しており、原爆は、正にこの公式の現実化であった。しかし実際に原爆が完成し、日本に投下される計画を知ると、猛反対をしたそうだ。

アインシュタイン博士は、大正11年、出版社の招きで来日し、その航路の途中の船上でノーベル賞受賞の吉報を受け取っていた。そして、約1ケ月半の日本滞在中に、東京・大阪・神戸・京都・名古屋・横浜 等で講演をし、各地で日本人のアインシュタイン・フィーバーと呼ばれる程の歓迎ぶりを目の当たりにした。博士は当時、日本の美しい国土と、純粋な国民性に感動し、大の親日家であった。周知のように残念ながら、原爆は投下されてしまったが、彼はそのニュースを痛恨の思いで聞いていたという。終戦後、やがてアメリカは、ソビエト連邦との冷戦時代を迎える。そこで博士らは、前記した「ラッセル・アインシュタイン宣言」を1955年に提示し、1957年、カナダのバスコシア州で、全ての核兵器及び全ての戦争の廃絶を訴える、科学者による国際会議… 「パグウォッシュ会議」(正式名=科学と世界の諸問題に関するパグウォッシュ会議)を開催した。以降、核戦争の危険とその回避方法に関する運動(パグウォッシュ運動)がアメリカ、イギリス、ドイツ、日本で組織された。この会議自体も団体として1995年にノーベル平和賞を受賞している。
クリックすると元のサイズで表示しますカナダ、パグウォッシュ村の灯台。
(photo by Kenta.Y)


科学開発によって生み出されたものは、ノーベル賞を創設したアルフレッド・ノーベル博士の発明したダイナマイト然り、その使い方如何で、例えば工事現場での岩盤の破壊で作業の効率化をして産業に貢献する反面、戦争に使用され人を殺す兵器として使用されてしまう。戦争に於いても、科学の進歩したゆえに、武器開発が進み、相手を見る事無く差別に大量殺できる…そこに人としての心の関与が少なくなっていったという悲しい歴史を刻んで来た。戦争を始める者は、最前線に居ない者…先週、映画のアカデミー賞作品賞のノミネートされた「硫黄島からの手紙」を観ても痛感した。しかしながら、このように書いている今この時も、戦争は続いている。対テロの「予防戦争」とも呼ばれたイラク戦争も、長引いた結果、米大統領の米軍増派という方針となった。その分、武器開発以外の科学開発費用は、国家予算から大きく削られているという。ノーベル博士、アインシュタイン博士や湯川博士を始め、先人の科学者達の純粋な平和への想いは届いていないのか…と悲しく思う。このニュースを聞いて湯川スミさんも天国で悲しんで居られるに違いない。スミさんの言葉…「平和を実現する為には、私達一人一人が自覚して行動する事」を噛み締めた。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ