2007/2/6

バートランド・ラッセルの名言  日記(今日思うこと)

幸福になる秘訣をお教えしよう。
できるだけ 色々なものに興味を持ち、
物事であれ、人間であれ 興味を感じるものを無視せず、
できるだけ 好意的に接することだ。


                  ― バートランド・ラッセル ―
                     (イギリス哲学者)


バートランド・アーサー・ウィリアム・ラッセル(Bertrand Arthur William Russell(1872年〜 1970年)は、イギリスの首相を1846年から1852年、そして1865年から1866年と2度務めたジョン・ラッセル伯爵を祖父に持つ、論理学者であり数学者、哲学者である。1955年、アインシュタインら11名の科学者と共に、核兵器廃絶・科学技術の平和利用を訴えた宣言文…「ラッセルアインシュタイン宣言」の提唱者であり、第一次世界大戦以降、1970年に97才でその生涯を閉じるまで、現実主義的な平和主義を通した。尚、1967年、ベトナム戦争に対しては「沈黙は犯罪である」と唱え、サルトルらと、アメリカの対ベトナム政策を糾弾する民衆法廷=ラッセル法廷(国際戦争犯罪法廷)をストックホルムにて開廷し、世界の世論に戦争の犯罪性をアピールした。また1961年には、イギリスの核政策に対する、国防省前の座り込み等で、2度目の懲役刑をうけている。1950年、「世界五分前仮説」等で、哲学者としてノーベル文学賞受賞。
 
クリックすると元のサイズで表示します 「自伝的回想」1970年刊の新装版。

◎「バーラント・ラッセル」オンライン・ライブラリィ(英語)
http://russell.thefreelibrary.com/

◎箸休め
買い物に行ったら、可愛い長靴と傘達が色別に並べられ、綺麗なグラテージョンをかもし出しているコーナーを見つけた。空気が乾燥して、インフルエンザが蔓延しつつある中、この傘や長靴達は、雨や雪が降るのが待ち遠しそうだった。

全色揃えて飾りたい…可愛らしさ。 クリックすると元のサイズで表示します

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ