2007/4/1

スピンさんの欧州便りNo18…オリンピックの首都…ローザンヌ  スピンさんの欧州便り

2008年8月8日から8月24日まで、開催される北京オリンピックを来年に控え、現在オーストラリア・メルボルンでは『世界水泳大会』が開催されるなど、徐々にオリンピックムードが高まりつつある中、来年は夏季オリンピックイヤーという事で、今日は、スピンさんに頂いた、オリンピックの首都と言われIOC(国際オリンピック委員会)の本部が置かれている、スイスのローザンヌの写真を掲載しようと思う。ローザンヌには、1993年に完成したオリンピック博物館もあり、IOCにより収集されたメダルや、聖火に使用したトーチ、各オリンピックのポスター等、オリンピックの歴史に関する様々な資料が展示されているという。また、博物館の前には、『オリンピックの火』があり、絶える事無く聖火が灯され続けているそうだ。

※ローザンヌは、オリンピックの町として一番有名です。(写真は全てクリックで拡大します)
↓これがローザンヌの中央駅。駅の名前も「ローザンヌ オリンピックの首都」

クリックすると元のサイズで表示します ローザンヌ駅…「Olympic Capital」

ローザンヌ(Lausanne)はジュネーブから50Kmほど北にあるレマン湖畔の街です。この街は、プロのバレエダンサーへの登竜門「ローザンヌ国際バレエコンクール:Prx deLausanne」でも有名です。このコンクールでも、最近は日本・韓国・中国のアジアの人が優秀な成績でスカラシップを獲得するようになりました。フィギュアスケートと同じ事がバレエの世界では、以前から起きており、ここでは、スポーツや芸術に国境や人種の差は無いと言うことが証明されています。

オリンピック公園。 クリックすると元のサイズで表示します

※公園内には色々なスポーツをテーマにした屋外芸術作品があります。

クリックすると元のサイズで表示します

オリンピック種目にはないけど相撲。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します NON-VIORENCE ※私も暴力反対。

オリンピックの火 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますオリンピックの火が世界を照らす
(右側の文字)

オリンピック・ミュージアムクリックすると元のサイズで表示します
(Musée Olympique)
※「オリンピックの火」はここの前にあります。↑
博物館の建物は、地上2階、地下1階になっています。

クリックすると元のサイズで表示します 館内の写真。

オリンピックスポンサー企業のロゴクリックすると元のサイズで表示します
※日本の会社名が沢山あります。↑

クリックすると元のサイズで表示します1992年のアルベールビル(上)
と同じ年のバルセロナの聖火トーチ。
アルベールビルでは、伊藤みどりさんが、フィギュアスケートで銀メダルを取りましたね。

2Fの展示室の一つクリックすると元のサイズで表示します
※展示物は行く度に変わっています。

クリックすると元のサイズで表示します園内にある、近代オリンピックの父
「ピエール・ド・クーベルタン」(1863-1937)のお墓。

IOC前のモニュメント クリックすると元のサイズで表示します
※後ろのビルがIOC(国際オリンピック委員会)です。
ローザンヌにあるスポーツの国際連盟はISU(スケート)ISF(水泳)IBF(野球)etc...。
サッカーのFIFAはチューリッヒにあります。

クリックすると元のサイズで表示します IOCと夕暮れの空

公園外のレマン湖畔 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますレマン湖…対岸はフランスのエヴィアン

ローザンヌ大聖堂 クリックすると元のサイズで表示します
(la cathédrale de Lausanne)
※13世紀のゴシック様式の教会で、ローザンヌのオールドタウンの象徴的な建物です。


◎箸休め
4月1日は、エイプリルフールである。日本では「万愚節」とも呼ばれ、害のない軽い程度の嘘をついても良い日と言われている。その起源を辿ってみると諸説あるのだが、その中で最も有力な説がフランス起源である。時は16世紀まで遡って、1564年、シャルル9世が、新年のスタートを3月25日から1月1日へと変更したところ、民衆が快く受け入れず、従来の新年のお祭りの最終日だった4月1日に、贈り物をしてふざけ合ったのが始まりとされている。フランス語では「Poisson d’avril (ポワゾン・ダブリル)」(4月の魚の意)と言う。これは、4月1日が魚釣りの解禁の日であるにも関らず、手ぶらで帰る人が多い事から「魚に騙される」という皮肉な意味から来ているそうだ。(昨年の記事から引用)、因みに「4月馬鹿」とも呼ばれるこの日は、私の弟の誕生日でもある。

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ