2007/4/15

大リヤドロ展へ行って…序章(五月人形とお雛様…等のお人形)  日記(今日思うこと)

4月10日、名古屋市内松坂屋南館大ホールで開催されていた、大リヤドロ展へ行って来ました。また、詳しい記事と、許可を頂いて撮影した多くの写真と解説は、改めて掲載します。

リヤドロは、1950年、スペインのバレンシアの郊外のアルマセラの小さな工芸工房で、ホアン、ホセ、ビセンテのリヤドロ3兄弟が、スタートさせました。芸術性に拘った創作への意欲と、ポーセリン(陶器)の、新しい制作技術を探求しつつ、作品を完成して行ったといわれています。当初から彼らの芸術性の高い作品は、人気を集めていたが、全てが手作業で行われ、淡い色あい主体の優雅で上品さにあふれた作品は、今や世界的に名声を博し、スペインの優れた工芸品の一つとされています。尚、「LLADRO」はスペイン語で正しくは「ヤドロ」と発音されますが、日本へ進出した当時、ロゴを「LIADRO」と読み間違えられ、そのまま「リヤドロ」が有名になってしまった為に、「リヤドロ」として、会社名をカタカナ登録したそうです。

※以下は、日本人形が題材になったお人形。

お人形の体に布が風にまとって、たなびくような柔らかさや、可憐で繊細な花達と伏せがちな少女の表情など、リヤドロ独特の作風は見られないですが、色合いの美しさ、原色を用いない淡い色使いが上品さを、かもし出しています。(写真はクリックで拡大します)

クリックすると元のサイズで表示します リヤドロ製五月人形

リヤドロ製雛人形 クリックすると元のサイズで表示します
昨年は限定100個発売も、「家庭画報」等の紹介により、あっと言う間に売り切れたそうです。

クリックすると元のサイズで表示します 凛として弓を引く女性

※本日のオマケ…お店の生け込みの花。
枝物で、奥の緑の葉だけの木は山茶花です。手前の枝に咲いている濃いピンクの花は「花すおう」という豆科の花で、地植えだとエンドウのような実がなります。百合は白い花が「カサブランカ」で、ピンクの花は、その「カサブランカ」と日本の「アカカノコユリ」を交配した「スターガザール」です。そして黄色いのは「スプレー菊」で、白くて垂れているのが「こでまり」の花です。少し前に撮影しましたが、今は満開になっています。
お店の花瓶に生けられている花
クリックすると元のサイズで表示します

◎昨日までの記事に頂いた、コメントの返事は、
明日以降、書かせて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ