2007/4/17

大リヤドロ展…No2『シンデレラ<王宮への一歩>』他  日記(今日思うこと)

人気の大作…『シンデレラ<王宮への一歩>』は、シンデレラがガラスの靴に導かれ王宮に到着した瞬間を描いており、シンデレラの到着を告げる楽師達や、南瓜の馬車、凛々しい白馬達、白馬を操る騎手の誇らしい姿、そしてガラスの靴を履こうとしているシンデレラ…その光景かは、誰もが夢見るシンデレラストーリーへと誘(いざな)ってくれる。リヤドロでは、このドラマティックな瞬間を再現する為に、延べ44人のアーティストと工匠が携わり、最初のスケッチから焼成が完成するまで、改良に改良を重ねて2年の歳月を要したという。この作品は、芸術性の高さを評価されているようで、訪れていた多くの方々がリヤドロ社の魔法にかかったかの如く、足を止めてしまっていた人気の作品だった。
 (写真は全てクリックで拡大)
クリックすると元のサイズで表示します『シンデレラ<王宮への一歩>』

馬車から降りたシンデレラクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 馬車の白馬と奏者達

また『テラスでお茶を』という作品は、青空の下、太陽がさんさんと降り注ぐ爽やかな午後に、青々と生い茂った蔦の葉の下で、3人の女性が楽しそうにお喋りをしている様子が描かれている。細かく作りこまれた指先の表情や、スカートのドレープの柄付け、背景の木々の精密さに、リヤドロの持つ磁器技術の存分が盛り込まれ、まるで高貴で優雅な映画のワンシーンを映し出しているようだ。更に『天使のパレード』と呼ばれる作品は、ギリシャ神話に登場するペガサスが、天使達に導かれながら、座席に溢れんばかりの花を運んでいる姿が描かれている。リヤドロが得意とする『花』もこの作品ではつや消し加工された仕上げになっており、ペガサスの翼は先をピンクに染めて躍動感を出している。取り囲む天使達が独創的な空間を描き出し、ファンタジックな世界へと誘(いざな)ってくれる。以下の2作品は、デザイン画のスケッチも掲載する。
クリックすると元のサイズで表示します 『テラスでお茶を』のスケッチ

作品『テラスでお茶を』 クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します『テラスでお茶を』スケッチ部分実物の写真。
※↑私の腕が悪く写真のクオリティが低い為、リヤドロHPよりお借りしました。

クリックすると元のサイズで表示します『天使のパレード』のスケッチ

作品 『天使のパレード』
クリックすると元のサイズで表示します

「大リヤドロ展」No1とNo2の記事中で紹介した作品(序章の雛人形を含む)は、リミテットエディションと呼ばれ、製作数が限定されているそうだ。作品底面には、彫刻家とデコレーターのサイン、シリアルナンバーが記載され、リアドロファミリー(ホアン、ホセ、ビセンテのリヤドロ3兄弟)のサインが入った保証書付で、手にした人は、家宝として代々受け着いていける作品であると感じた。また、リヤドロの作品には、全てに於いて、夢、ファンタジー、伝統、文学、芸術、自然、そして日常生活に至るまでの様々な物語が宿っており、それを手にした人々によって、新たに命が吹き込まれるという。これらの作品がどんな場所に設置され、世紀を超えどんな人々の人生を見守って行くのか?と…思いを馳せてみた。

尚、No3以降では、リヤドロの代名詞とも言われている「花」をモチーフにした作品…
「ロマンティックな朝」の製作過程の一部を紹介しながら、
家族やペットとの触れ合いをモチーフにした作品、
そして、リヤドロ初期の作品なども紹介したいと思っている。

※参考 リヤドロ「リミテッド・エディション」「大リヤドロ展」資料より

◎リヤドロ・ジャパン公式サイト
http://www.lladro.com/

◎お問い合わせ先
ビジネスディベロップメントセクション、
マネージャー・伊藤様 e-mail t.ito@lladrojapan.co.jp


※お願い
一部メールにて価格等のお問い合わせがあり、この度は私から返事を出させて頂きましたが、
私はあくまでも趣味で書かせて頂いて居りますので、今後のお問い合わせにつきましては、
「リヤドロジャパン」の伊藤様宛てへ、メールにてお尋ね頂きますよう、宜しくお願い致します。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ