2007/5/12

スピンさんの欧州便りNo23…F1モナコグランプリT  スピンさんの欧州便り

『F1モナコグランプリ』のレースが5月24日〜27日開催と近づいているので、
今回は、『F1モナコグランプリ』関連の写真を送ります。
これからの写真に『FIA・F1モナコグランプリ』のサーキットのほぼ全部が収まっています。
モナコでのレースは、1929年から始まって、第二次世界大戦による中断を挟んで
今年で65回目、チャンピオンシップとしては55回目となります。
コースはモナコ港があるコンダミーヌ地区をスタートしてモンテ・カルロ地区に入り、
以前紹介した日本庭園の入口付近で折り返します。
そして、写真右下が最終コーナーになります。(写真はクリックで拡大します。是非ご覧下さい)

クリックすると元のサイズで表示しますモナコ港:Port de Monaco

もう一つの有名なレース、WRCのラリー・モンテカルロは
モナコスタートと言うだけで、大半のステージはフランスアルプスの険しい山の中。
それも1月下旬の真冬に行われるので厳しい氷雪コースになります。
ラリー・モンテカルロを観戦するのは、とっても大変です。

サーキット・マップクリックすると元のサイズで表示します
(by AUTOMOBILE CLUB DE MONACO)
※これが実際のサーキットです。↑赤い四角は特設される観客席。↑
港の桟橋や道路の陸橋にも観客席が設けられます。
黄色い四角は有料の立見席です。 
サーキット右端が日本庭園で入口付近にも特設スタンドが設けられます。
最もモナコらしいのは、
コース沿いのホテルやヨットハーバーに停泊したヨットからレースを間近に観れること。
それにモナコのコンドミニアムでは、
F1・グランプリが観戦できる方が資産価値は高いそうですよ。
レースはこの全長3,340mのコースを78ラップしてレース距離が260.52Km。
このマップで見るより実際は狭い道にカーブや傾斜もきつくて大変なコースです。

★話だけでは分からないので私の名車?でコースを走ってみます。

それではスタート!…です。


クリックすると元のサイズで表示します
※道路に書かれたチェッカー柄のラインが、
モナコグランプリのスタート&フィニッシュラインです。
上のマップでは、コースがチェックになっている場所になります。

スタート地点 クリックすると元のサイズで表示します
※レース時には、ここにF1マシンが並んで、スタートを待ちます。

クリックすると元のサイズで表示します王室のロイヤルボックス
※レースの時にスタートラインの少し先に建てられるモナコ王室のロイヤルボックスです。
表彰式はこの一階部分で行われます。

最初のコーナー“Sainte de Vote”クリックすると元のサイズで表示します
※サント・デ・ボウと言うのは、モナコの守護聖人を祀った小さな教会の名前です。
この教会の後ろがモンテカルロ駅。レース時には写真の陸橋も観客席になります。

クリックすると元のサイズで表示しますモンテカルロ駅
※モナコ公国では唯一の鉄道の駅で2000年頃に地下化して新しくなりました。

レース開催日の駅構内クリックすると元のサイズで表示します
※ここからもサーキットがチラッと見えます。
この窓からは港に浮かぶヨットや地中海、
それにモナコ王宮が見えてモナコに来たことを実感できます。

クリックすると元のサイズで表示します“Sainte de Vote”コーナーから
“Beau Rivage”へ。
(ボウ・リヴァージュは「美しいビーチ」と言う意味)

Beau Rivage クリックすると元のサイズで表示します
※ここからカジノ広場まで上り坂が続きます。

クリックすると元のサイズで表示します“Massenet”コーナー
※「マスネ」は正面に見えるオペラハウスの創設期に貢献した人の名前です。
左側は「オテル・ド・パリ」、
街路灯の看板の有名ブランド名は、ホテルのショッピングモールのものです。

上のオペラハウスの入り口クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますLa Opera de Mónaco 
(オペラハウス正面)
※有名な「グラン・カジノ」とオペラハウスは、背中合わせになっています。
オペラハウス側から見たほうが、パリのオペラ座と同じ
シャルル・ガルニエの設計だと言うことが良く分かります。
中央のブロンズ屋根もそっくりです。

 クリックすると元のサイズで表示しますオペラハウス内
※インテリアも、とっても豪華で重厚な劇場です。

Hôtel de Paris クリックすると元のサイズで表示します 
海側からの外観。
※ショッピングモール屋上はレース観戦に最適です。

クリックすると元のサイズで表示します
↑オテル・ド・パリとグラン・カジノの間を通り、カジノ広場へ向かう狭い道。
★F1モナコグランプリUへと続く、by...spin. 


◎開催日を私が24日〜27日と記述した所、
メールにて25日はF-1レースが無いとご指摘頂きましたが、
スピンさんのモナコ自動車クラブ(ACM)の案内状にも、そのように書かれているそうですし、
25日はモナコGPの一環として、GP2やポルシェのワンメークレースが行われるそうです。
by...hotaru.

0

2007/5/11

松坂大輔…背水投球から先発投手として安定感ある投球へ  Boston Red Sox・MLB

現地時間の9日、ボストン・レッドソックスの松坂大輔は、カナダ・トロントで行われたブルージェイズ戦に先発した。松坂は前回、ホームで行われたマリナーズ戦で、負け投手にこそならなかったものの、5回を投げて7失点、その試合までの3試合の合計が17失点と、何か自分のペースを掴めていない感じだった。そんな中「ヤンキースの井川慶がマイナーで調整する」というニュースも届き、もしブルージェイズ戦でも制球に乱れが出て、大きく失点する事があれば、先発ローテーションから外されるかもしれない?松坂にとって背水の登板となる気がしていた。
クリックすると元のサイズで表示します 冷静な投球で安定していた松坂。
(後ろ向きは、リードする捕手・バリテック)


皮肉な事にも、ブルージェイズの先発投手は、単身でアメリカに渡り、レッドソックスのマイナーからスタートして這い上がり、先日メジャー50勝を達成した…ゼッケンは同じ18番の大家友和…。地元のボストンで一球も投げていない頃から「DICE-Kが、アメリカンリーグ優勝、そしてワールドシリーズ制覇の為にやって来た」と騒がれ、ゼッケン18番のTシャツは売り切れ続出という前代未聞の熱狂振りだった松坂とは、対照的な相手投手だった。日本のメディアは、史上4回目、5年ぶりの日本人投手対決!と騒ぎ立てていたが、松坂にとっての戦いは大家とではなく、正に自分自身との戦いになるであろうと思いながら、私はTV観戦し始めた。

前回の登板後から「調整法を西武時代の自分のペースの戻す」と話していた松坂は、6日にはブルペンで、開幕後では最多、メジャーでは異例の109球を投げ込み、少しずつ自分が納得の行く球を投げられるようになっている…と今朝の中日新聞が報じていた。私は少し安堵したが、立ち上がりと今まで一番点を取られていた回…4回から5回にかけては、息を殺すように観てしまい、結局7回の投球を見届けるまで、心臓は鼓動を高めたままだった。

前回の登板時から思っていたが、メジャーリーグの先発ローテーション投手に、求められる条件と、松坂の日本で投げていたペースが、まだ合っていない気がしていた。メジャーの先発投手の条件とは、7イニングを投げ、110球以内、3失点で、この条件を「クオリティスタート」と呼んでいるという。メジャーでは、勝ち星を重ねる事も勿論大切だが、チームにとっては、この「クオリティスタート」を1年間続ける事が、先発投手の最高の仕事だと言われているのだ。よって野球をこよなく愛しているボストンのファン達は、松坂にノーヒット・ノーランの投球を求めている訳でないと言えよう。その証が、先のヤンキース戦で5失点しながら8回まで投げた松坂がベンチに下がる時、観客は、スタンディングオベーションと拍手で迎えた事に表れている。松坂はその時、自分への拍手だとは思わなかったらしい。
修正されたという投球フォーム。クリックすると元のサイズで表示します
 
この試合後の松坂は「まだ本調子ではない」と、NHKのインタビューを辞退したが、その後で「若干、投球フォームを修正して臨んだ。…中略…自分の納得の行くレベルではないが、ここ数試合よりは多少改善されていると思う」と語ったと言う。フランコナ監督も「今日(9日)の松坂の投球は観ていて楽しかった」と答えたそうで、信頼を回復して来ていると思った。松坂の変化は、私には、フォームの変化とかいう詳しい事までは分からなかったが、マウンドでも冷静で、投げ急ぐ感じが無かった。打線の援護もあって、その冷静さを保てたように感じた。

そして松坂は、験(ゲン)を担いだ訳ではないだろうが、口髭を伸ばしており少し容貌が変わっていた。全く根拠のない発想ではあるが、前日に投げ、開幕以来7試合負けなしで、投手だったべーブ・ルースの8試合連続勝利というレッドソックス記録を塗り替えようとしている、同じ年のジョシュ・ベケットにアドバイスされたのでは?とも思ってしまった。また、NHK解説の大島によると「トロントのマウンドの角度も合っているようだから、フェンウェイへ戻った時、この角度に調整するよう注文すれば良い」との事だった。メジャーのホームでの先発投手にはそんな特権も与えられているのか!と驚いたが、松坂は、これまでとにかくホームでの失点が多く、開幕前から期待が大きく、動員数を塗り替える程に詰めかけた、地元ファンのフラストレーションは蓄積している。だからこそ、今度はフェンウェイパークで、今回のような投球を見せて欲しいと願っている。
クリックすると元のサイズで表示します伸ばした髭も頼もしく見えた松坂。
(写真は、全てyahoo photoより引用)


◎箸休め
それにしても、松坂が投げる時は、必ずと言って良い程、ホームランを打つマニー・ラミレス。何時にも増して綺麗なスウィングだった。更に今回は、マリナーズ戦で失策して(松坂に)申し訳なさそうにしていたフリオ・ルーゴ、そしてビックパピーことデビット・オルティースらドミニカ勢がホームラン攻勢で松坂を後押した。私としては得点差が大きくついた為、岡島秀樹の登板…うつむき投法?が見られなくて残念だったが、松坂が登板を終えベンチに戻って、オルティースと拝み合っている姿を見た時には、嬉しくて思わず涙が出そうになった。(文中、敬称略)
0

2007/5/10

伊勢方面へNo2…伊勢志摩ゆりパークを訪れて。  日記(今日思うこと)

伊勢志摩ゆりパークは、三重県志摩市にある世界でも数少ない、本格的な百合の公園で、2004年4月20日、道の駅「伊勢志摩」の隣に観光農園としてオープンした。ゆりパークには、広大な敷地に、400種70万株、350万輪の百合と、100種30万本のチューリップが植えられており、3月31日から6月17日の間に限定されて開園されている。公園内には、3棟の温室もあり自動温度調節により屋根が開閉するシステムとなっていて、私が訪れた5月7日は、晴天で気温も高かった為、時々天窓が開閉していた。外の百合園は、満開になるにはまだ時期が少し早かったが、温室内の百合は満開に咲き誇り、入った途端、百合独特の良い香りに包まれていた。
(写真はクリックで拡大)
クリックすると元のサイズで表示します ゆりパーク入リ口(大駐車場有)

園内の花タワー(切花)クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します周囲は雛壇のように鉢植えが並ぶ。

品種毎に名前が書かれているクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します一番人気の品種「ロリポップ」

赤い百合…「オリジナルラヴ」クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します八重咲きの珍しい品種「エロディ」

「シャンパンダイヤモンド」の上品な色クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します花壇に植えられていた「ディアポロ」

「デトロイト」…オレンジの百合クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します少し小振りな「キャバレーゼ」
地区周辺に群生している笹百合クリックすると元のサイズで表示します
※楚々として美しく、葉はその名前のごとく笹の葉のようだ。

クリックすると元のサイズで表示します この日生けたての花タワー
満開の花タワー。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますタワーの手入れする係りの小父さん。

※「僕の奥さんも昔は綺麗だったけどね。
今はこんな感じだから、僕も生け変えたいよ」
?と、自分を棚(台)に上げて(上がって?)話しかけてくれた。

※温室を通って外に出ると、山肌に作られた広大な花壇が目に飛び込んで来た。
お花は、まだ半分も咲いていなかったが、緑が綺麗で心地よかった。
クリックすると元のサイズで表示します

池もあり公園になっている。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します散歩コースにも丁度いい。

手入れする係りの人達クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します公園内、高い所からの眺め
※後半月も経って満開になったら、さぞや見応えがあるだろう!と思った。

百合のポスター。クリックすると元のサイズで表示します 
※ポスターに載っている品種だけで200種類ある。


百合の品種改良の歴史はまだ浅い。原種は100種類以上あり、アジアを中心にヨーロッパ、北アメリカなどの亜熱帯から温帯、亜寒帯にかけて広く分布している。19世紀に入ってヨーロッパ(特にオランダ)を中心に品種改良が進められた。有名なのはカサブランカを代表とするオリエンタル・ハイブリッド系…ヤマユリやカノコユリ等、森林で自生する百合を交配して作られた品種で日陰を好む。香りのある優雅で華麗な花が魅力であるが、カサブランカを生み出す交配で主要な役割を果たしたトカラ列島原産のタモトユリは、残念ながらほぼ絶滅してしまったという。

貸し出して頂いた日傘クリックすると元のサイズで表示します

尚、伊勢志摩ゆりパークは、盲導犬、介助犬との入場も許可されている。勿論、全体がバリアフリーになっていて、車椅子の無料貸し出しもある。また日傘、雨傘の貸し出しも無料でされており、施設としては訪れる人に優しい配慮がされていると感じた。更に係員の方々も、皆さんとても親切で、また足を運びたくなった。入場料は大人1000円だが、花壇に植えられた百合は咲ききっておらず、チューリップの見頃となる4月中は、半額で入場できたそうだ。
クリックすると元のサイズで表示しますここの百合が伊勢神宮へ献納された。

◎伊勢志摩ゆりパーク公式HP
http://www.yuripark.jp/

★この後訪れた、伊勢神宮(内宮)については、No3で紹介したい。
0

2007/5/8

伊勢方面へNo1…ルピナス(昇り藤)の花と名港トリトン  日記(今日思うこと)

7日は友達の里帰りに便乗し、伊勢方面へと行って来た。私は、昇り藤と言われ縁起の良い、ルピナスの花畑を観たかった。ラッセル・ルピナスは、藤の花を逆さにしたようにも見える事から、別名「のぼりふじ」と呼ばれている。三重県志摩市磯部町の稲葉さんという個人の方が、休作田を造成した約30アールの畑で、約1万5000株を栽培されている。この付近は「笹百合」が自生している事で有名であるが、その笹百合の保護や繁殖に取り組んで来られた稲葉さんは、来訪者に他の花も楽しんで貰おうと、7年前からルピナス等を育て始められた。ルピナスの花畑には、長い物では1メートル50の高さになるルピナスもあり、天に向かって真っ直ぐ伸びていて観ていると時を忘れていまう。見ごろは5月末頃までだそうだ。(写真はクリックで拡大)

クリックすると元のサイズで表示します無料だが善意の箱が置かれている。

途中咲いていた山藤の花クリックすると元のサイズで表示します
伊勢の山には山藤が群生している。これが所謂「藤=下がり藤」


※ルピナス。(学名も Lupinus )豆(まめ)科で、ハウチワマメ属
Lupinus(ルピナス)は、ラテン語の「lupus(オオカミ)」が語源。どんな土地にも育つ逞しさ、栄養を沢山採る事から狼のようだと名づけられたという。種類は豊富にあり、葉っぱは9〜13枚程度で一律ではないようだ。花としても、ピンク、紫色などの色の小花をいっぱいつけ、古代エジプト時代から栽培されている古参植物で、食用、石鹸、薬草、牧草と幅広く使われてきたそうだ。

クリックすると元のサイズで表示します広く美しくて圧巻である。

爽やかな青いルピナス。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します優しいコーラル色

紫と黄色のコントラストクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します桃色と黄色が可愛い

傘咲きルピナス(兄弟種)クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します壮観なルピナス畑

ルピナスに埋もれて(筆者)→クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示しますポピー畑と傘咲きルピナス(奥)

※隣の水田には睡蓮が植えてあった。
クリックすると元のサイズで表示します

睡蓮のユーモラスな説明クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 気持ちよさそうな蛙。


アクセスは、名古屋から伊勢方面へ車で向かう場合、伊勢湾岸道路を利用するのが早い。その時「名港トリトン」という(国道302号の愛知県東海市〜海部郡飛島村間)の東海ICから飛島ICの間に架かっている3つの橋を渡って走る。将来第二東名高速道路になる予定の橋だが、片側3車線で走り易く、景色も綺麗である。この3つの橋は、名古屋側から、名港西大橋 名港中央大橋 名港東大橋なっており、橋長は、それぞれ東から700m、1,170m、758m、に及び、世界的にも大規模な往復6車線の海上斜張橋梁群(塔から斜めに張ったケーブルで橋桁を支える構造の橋)である。また、世界有数の長大斜張橋が三橋が連立しているこの名港トリトンは、世界的にも珍しいという。
クリックすると元のサイズで表示します上空から名港トリトンの全景。

クリックすると元のサイズで表示します同じく空から名港東大橋。

西大橋の夜景を埠頭からクリックすると元のサイズで表示します
 
クリックすると元のサイズで表示します車窓から名港西大橋

赤い橋桁の名港東大橋 クリックすると元のサイズで表示します


◎尚、今回、私達の伊勢へのドライブは、友達の実家行きが第一目的だったが「伊勢志摩ゆり園」にも出かけ、帰路は伊勢神宮へも参拝して来た。その写真とレポート?は「伊勢方面へNo2」で書きたいと思っている。
0

2007/5/7

『ブラッド・ダイヤモンド』を観て…ダイヤの歴史と紛争ダイヤ  好きな映画と本(一部ネタバレあり)

人類が初めてダイヤモンド(以下ダイヤと記す)と出会ったのは、紀元前10世紀から5世紀の間ごろで、インドのゴルコンダと呼ばれる地域だったとされている。硬質で神秘的な光を放つダイヤは、当時の人々にとっても価値ある石とされ、紀元前1世紀にはギリシャ、その後ローマ帝国へと伝わって行ったという。その産地は長年に渡ってインドのみだったが、17世紀にはボルネオ、18世紀にはブラジルでダイヤが産出され、やがて1866年には遂に南アフリカでダイヤの大鉱脈が発見された。
クリックすると元のサイズで表示します 

更に中世からは、ブリリアントカット等、ダイヤに輝きを与えるカットと研磨技術も進化して、支配階級の人々は競うようにダイヤモンドジュエリーを身につけるようになった。フランスのルイ9世に至っては、ダイヤを富や権力の象徴として平民は身につける事を固く禁じる法律まで制定して、その輝きを独占しようとしたらしい。しかし、ダイヤに憧れる女性の思いは、誰にも止められず、まずは社交界の花と謳われた人々やハリウッドの女優達から幅広い層の人々へと広がって行ったそうだ。

ダイヤの原石そのものの歴史は、何と遥か32億年前へと遡る。誕生は、まだ地球上に生物が誕生するよりずっと以前の事だ。地底の奥深くで、想像を絶するような高温と圧力を受けて結晶化した物質は、地球の火山活動によってマグマと共に噴出し、その後数百万年に渡って厳しい自然環境の変化にさらされて来た。この果てしない時間と過酷なダイヤの旅程の中で、もしも自然の力が、少しでも別の方向に働いたとしたら、ダイヤは宝石ではなく、二酸化炭素や黒鉛と化していたかもしれない。燃えたぎった地底で生まれた太古の物質のうち、ダイヤの原石となる事が出来た物質は、ほんの僅かだと言われている。
人類の強欲を表すような クリックすると元のサイズで表示します
キンバリー鉱山の大きな穴(直径465m,深さ1097m)


そして、250トンもの土の中から採れるダイヤは、たったの1カラット(O.2g)に過ぎず、更にカットや研磨を経て宝飾品として仕上げる事が可能な大きさと品質を持つ原石は、驚くほど僅かだという。結局、宝飾品として有史に残るダイヤを、全世界から集めても、その量はロンドンの2階建てバス1台分程度だそうだ。このように世界中の人々が、ダイヤの輝きに魅せられるのは、この宝石が自然界の奇跡が生み出した稀少な存在だからだと言えよう。地球が人類に残した贈り物…32億年の時を超え、未来永劫その煌きを放ち続けるだろう。

婚約指輪は給料の3ヶ月分…これは1970年代にデ・ビアス社が、ダイヤの販売促進に使ったキャッチコピーが日本に定着したのだそうだ。1950年代のアメリカでは、給料の2ヶ月分とされていたが、日本に渡った時、当時の円相場や所得水準で3ヶ月とされたらしい。また、ダイヤの品質を決める指標として、GIA(アメリカ宝石学協会)が考案した"4つのC"は、Color(カラー)色、Clarity(クラリティ)透明度、Carat(カラット)重さ、Cut(カット)研磨、とされているが、映画「ブラッドダイヤモンド」では、もう1つチェックすべきCとして『Conflict=争い』を挙げ、ダイヤモンド鉱脈が見つかった、アフリカのシエラレオネを舞台にした「紛争ダイヤモンド」を巡った史実とフィクションを織り交ぜ、ダイヤの輝きに封じ込められた、アフリカの人々が流した血と涙を、激しい銃撃戦の中で描いている。
舞台は紛争中のシエラレオネクリックすると元のサイズで表示します

主演のダニー・アーチャーを演じたレオナルド・デカプリオ、ダイヤの密輸ルートを暴こうとする女性ジャーナリストにジェニファー・コネリー、予期せずダイヤモンドを巡る紛争巻き込まれ、引き裂かれた家族を、命を懸けて取り戻す勇敢な父親…ソロモン・バンディ役のジャイモン・フンスーらの名演技が光っていたが、ソロモン・バンディの息子、ディア・バンディが、反政府軍(RUF)に連れ去られ、洗脳されて少年兵…コマンダーとなり、無差別殺戮を繰り返す姿には、強い衝撃を受ける。やがて関わった人物が、ヒューマニズム…人間愛を呼び覚まして行き、ラストは涙を流さずにはいられない。
クリックすると元のサイズで表示します ダイヤを巡って織り成す人間模様。

またこの映画の中で描かれている史実の部分…アフリカでダイヤと無縁の生活を送っている人々が、傲慢な人々に操られ、武器調達の為にダイヤを巡って国内紛争まで起こす様には、強く胸を締め付けられる。この紛争ダイヤモンド問題は、2000年、NGO団体により、南アフリカのキンバリー鉱山で、ダイヤモンド原石の国際認証制度=『キンバリー・プロセス』の検討が開始され、2003年に合意。アフリカやヨーロッパ連合(EU)などの計47ヶ国の地域が参加し、『キンバリー・プロセス』の徹底によって、問題は鎮静化したというが、現実は、まだ流通しているという説もある。日本には「キンバリー・プロセス」で認証されたダイヤしか入って来ていないそうだが、その輝きの中に秘められたアフリカの人々の魂の叫びを、決して忘れてはならないと思える作品だと感じた。ダイヤモンド…語源はギリシャ語でadamas =征服できないに由来するという。永遠の愛の証として贈られる品だからこそ、地球がくれた唯一無二の財産として、その煌きのように、流通も清くあって欲しいと願いたい。「ブラッド・ダイヤモンド」…この映画は、レオナルド・デカプリオの渋い名演技も輝いていたが、ダイヤの歴史を知る上でも観ておく価値があると思った。

◎参考 映画パンフレット、家庭画報他。
0

2007/5/6

スピンさんの欧州便りNo22…カプリ島の「青の洞窟」へU  スピンさんの欧州便り

◎カプリ島の水が澄んでいるのは、この島が石灰岩とサンゴで出来た白い島で、
紺碧の海の底には、サンゴと石灰岩が広がっていて、
この海では微生物が育たない為に、透明度が維持されて続けているそうです。
ですから、島に降り立っても、海岸独特のあの磯の香りがしないとのことでした。by...hotaru.
(写真は、全てクリックで拡大します)
クリックすると元のサイズで表示しますカプリ島周辺の澄んだ海。

島周辺に点在する洞窟→クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
※洞窟は他にも沢山あって、大きいもので65、全部では何百もあるそうです。

クリックすると元のサイズで表示します「緑の洞窟:Grotta Verde
(グロッタ・ヴェルデ)」

モーターボートでも入れます。クリックすると元のサイズで表示します

※「白の洞窟:Grotta Bianco」↓ ここは鍾乳洞みたいな洞窟です。
クリックすると元のサイズで表示します

ファラリョ−ニ:Faraglioni クリックすると元のサイズで表示します
(海岸の離れ岩という意味)

クリックすると元のサイズで表示しますこれから遊覧船で穴をくぐります。

くぐり抜け成功です。クリックすると元のサイズで表示します
※船長さんに「失敗したことはあるの?」って訊いたら「この船は無い」って。
 他の船は「失敗したことが有る」って言う意味かしら?

クリックすると元のサイズで表示します←自然に出来たアーチ。

陸にもこんな天然のアーチが…→クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
断崖絶壁って、こう言う所のためにある言葉ですね。

この写真で黒く見えるのは…クリックすると元のサイズで表示します
太陽光が届かないほど深い所です。

クリックすると元のサイズで表示します
※それじゃあ、そろそろこの辺で、カプリを後にします↑。by...spin.
0

2007/5/6

スピンさんの欧州便りNo22…カプリ島の「青の洞窟」へT  スピンさんの欧州便り

カプリ(Capri)の語源はギリシア語でイノシシと言う意味の「カプロス」で、
島がイノシシの横顔に似ているからと言う説があるそうです。
ナポリの語源もギリシア語の「ネアポリス:Neapolis」(新しい都市)だから、
そう言われると何となくイノシシに見えてきます。
この地図では上がナポリ湾で、「青の洞窟」は地図の左上の青い箇所です。
(写真は、全てクリックで拡大します)
クリックすると元のサイズで表示しますタイルで出来たカプリ島の地図

遊覧船の看板。クリックすると元のサイズで表示します

※一番下に日本語でも書かれています。
「青の洞窟の料金は別ですよ」と言う意味。
普通はここから船に乗って島の周遊+青の洞窟と言うコースです。

また、青の洞窟だけならバスかタクシーで洞窟の近くまで行くこともできます。
カプリのタクシーは全部カブリオレで、屋根無しのエアコンも無し。
これはFIATの年代物です。
カプリのタクシーはとっても良心的でフレンドリー。
安心して乗っても大丈夫です。
クリックすると元のサイズで表示します

カプリ島内のバス。クリックすると元のサイズで表示します
※道が狭いから、この小さなバスが大活躍です↑。

パトカーだってミニサイズ→クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますファラリョ−ニ:Faraglioni
(海岸の離れ岩)の景色

※「マリーナ・グランデ」からは島の反対側になります。
良いお天気だけど波が高くて、こんな時は「青の洞窟」に入る事が出来ません。
カプリのハイシーズンは4月から10月まで。
それ以外では「青の洞窟」に入れる確率が低くなります。
一番良いシーズンでも確率は30〜40%らしいですよ。
お勧めは、バカンスの時期を外した5月と9月にカプリに一泊する旅程です。

「青の洞窟:Grotta Azzura」の入口クリックすると元のサイズで表示します
※左のテントを張った小船が入場料とボート代の料金所。
中央の階段は陸から来た人がここでボートに乗り換えます。

クリックすると元のサイズで表示します入口を通る時は寝そべって…
※↑船頭さんは洞窟脇の鎖を手繰って中に入ります。

中には泳いで入る人も…。クリックすると元のサイズで表示します
※スクーバ・ダイビングで潜って入る人もいます。
これだと満潮でボートが入れなくてもOKかな?
※明るい所から中を見ると真っ暗で怖いくらいです。
でも入ってから水面を見ると………↓↓↓↓↓↓↓↓↓

クリックすると元のサイズで表示します

Grotta Azzura(グロッタ・アズーラ)クリックすると元のサイズで表示します
海底にブルーのライトがあるように海水が光を放っています!!
イタリア語で「青の洞窟」は“Grotta Azzura(グロッタ・アズーラ)”。
アズーラは「水色」に近い色。確かに「青」って言うより「水色」です。

クリックすると元のサイズで表示します

※洞窟の中は高さも10m以上あって、50m室内プールがすっぽり入るくらいの大きさで、
更に奥には、どこかに通じる洞窟があります。
これは船頭さん一人を残して上陸した時の写真。
普通は頼んでも多分無理です。この時は、たまたま空いていたからOKでした。

入ってくるボートと出て行くボートクリックすると元のサイズで表示します
※バカンスの季節には1時間待ちもあるそうです。
夏の日差しの中、ボートで1時間待ちは辛いですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
※↑水が澄んでいるのはカプリ島周辺の海…全部です。Uへと続く...by spin.

0

2007/5/5

逆風を順風に変える為には?…松坂大輔を襲った逆風は制球難  Boston Red Sox・MLB

「こんな松坂を観た事がない」…松坂の西武時代を詳しく知る人は、皆口を揃えて言っていた。現地時間の5月3日、雨天で延びた対シアトル・マリナーズ戦は、フェンウェイパークが、戦後最高の観客動員数37216人観客を動員し、そろそろ「怪物=松坂」の本領発揮の時が来たと、皆が固唾を呑んで見守っていたに違いなかった。しかし、懸念していた嫌な予感が当たってしまった。最近登板した3試合を振り返ると、制球に乱れがまとまって出てしまう回が必ずあって、この試合後は、与えた四球が10個となってしまった。そしてその内の7個が失点に絡んでいる。メジャーでの全登板の記録を照会してみても、与四球15個で、1試合平均にすると 2.5 個となった。因みに西武時代の松坂は、昨シーズンの登板のデータで与四球は、年間僅か34個…。1試合平均にすると 1.4 個となっており「こんな松坂」…と言われるのも頷ける。
クリックすると元のサイズで表示します 試合前の「METORO GAMEDAY」
周囲の期待通りには、いかなかったようだ。
2回表、松坂の投球シーン→クリックすると元のサイズで表示します


私は、仕事の前に試合の一部をTV観戦して、三振を取る事にこだわり過ぎている気がしていた。ヒットも、デッドボールも2ストライクと打者を追い込んでからの失投で、内野ゴロでも良いのでは?と素人ながら思ってしまった。仕事の後、録画されているVTRを観ても、やはりそう思った。ホームでの試合という事で、力んでしまっていたのか?!。例えストライクが取れた時でも、捕手、バリテックの構えとは違う方向に納まる「逆球」も多かった。試合は勝ち、負け投手にはならなかったものの、表情からは生気が消えていた。「あまりにも自分のイメージとかけ離れている投球」試合の後のインタビューで、松坂は自分自身を冷静に分析していたように感じた。
クリックすると元のサイズで表示します満員御礼?のスタンド
レフト側のシートから撮影。 クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します脅威のオルティース、ラミレス3番4番コンビ(バッターボックスはオルティース)
 

試合は、松坂を可愛がっているドミニカの選手を始めとする、ラテン系の選手達の活躍が光った (例年の事だと思うが)暖かくなるにつれて、彼らはエンジンが、かかってくるのだ。1回に2度もエラーをしてしまったフリオ・ルーゴも、直後の2回、エンタイトル・二塁打を放ち汚名?返上した。主砲オルティースもその後、同点に追い付くタイムリーを打って援護した。更に4回裏、マニー・ラミレスが2ランホームランで逆転し、これで雰囲気は変わるか?と思ったが、5回に入って松坂は、やはり四球絡みと、2ストライクと追い込んでからヒットを浴びて、結果7失点…。試合をまた振り出しに戻してしまった。松坂はこれまでの試合中、最短で降板、フェンウェイパークからも、大きなため息が聞こえたようだった。
クリックすると元のサイズで表示します
ラミレス守備↑とバッターボックス→クリックすると元のサイズで表示します

結局試合は、8回に冬眠から覚めたような4番打者、マニー・ラミレスの2本目のホームランで、レッドソックスが勝利を決定した。TV放送は直ぐヤンキース戦へと切り替わってしまっていたが、この試合を観戦に行っていた友人の話によると、試合終了後、チームメイトは、積極的に松坂へ声をかけていたという。私は、昨年のWBCを思い出していた。優勝候補と言われながらも、敗退してしまったドミニカ共和国の選手達は、試合前にオルティースが持ち込んだ羊の肉で勝利を誓ったらしいが、敗れても『食べ足りなかった』と山羊に責任転嫁?し、あくまでも明るく前向きだったらしい。勿論、松坂には、反省し修正するべき点は多々あるとは思うが、私は今こそ、このドミニカの選手達のポジティブな明るさを見習って欲しいと感じた。今までが順境だった松坂だけに、打たれ弱い気がするので尚更…。まだシーズンは始まって1ヶ月、ファンの溜息を歓声に変えてくれると信じていたい。
クリックすると元のサイズで表示します 試合後、松坂に抱きつくルーゴ。
『エラーしてごめん』と言っている?ようだ。写真は全てクリックで拡大。友人Jさんの撮影。


◎↓トラックバックは、過去記事…「MLB・ドミニカ出身メジャー選手達に思うこと
0

2007/5/4

スピンさんの欧州便りNo21…「ナポリ湾の宝石」カプリ島U  スピンさんの欧州便り

クリックすると元のサイズで表示しますカプリ名産、レモンの木。
この写真では、レモンのサイズが分からないので下の写真が↓(写真は全てクリックで拡大)
カプリの果物屋さんの写真です。クリックすると元のサイズで表示します
※一番下が「リモン・チェドゥロ:Limon Cedro」と言って↑、
オレンジの3倍くらいある特大レモンです。
クリックすると元のサイズで表示します「リモンチェッロ:Limoncello」
↑そのレモンで作るお酒を「リモンチェッロ:Limoncello」と言います。
元々は日本の梅酒みたいに家庭で作るお酒で、造り方も梅酒に似ています
見かけが可愛くて冷やすと飲みやすいお酒ですが、アルコール度数は約40度です。

カプリのお土産達 クリックすると元のサイズで表示します
※ハンドペインティングのカラフルなタイルや小物です。

クリックすると元のサイズで表示します カプリの家の表札
※表札を、こんなタイルで飾ります。だから上のタイルも実用品です。

次回は「青の洞窟」の写真を紹介しますが、その前に、カプリの夕焼けを見て下さい。by...spin.

クリックすると元のサイズで表示します

夕陽が海に沈む瞬間。クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/5/4

スピンさんの欧州便りNo21…「ナポリ湾の宝石」カプリ島T  スピンさんの欧州便り

今日は、GWの連休もお仕事のほたるさんに、リゾート気分を味わってもらうために、
ヨーロッパでも有名なリゾート・アイランド「カプリ島」の写真を送ります。
(写真は全てクリックで拡大します)

カプリ島は「ナポリ湾の宝石」と言われるほど美しい島。
紀元前から古代ギリシアの植民地を経て、ローマ帝国の皇帝達も愛した島です。
ソレント半島の端から約3Km沖にあるカプリ島。
周囲が約17Kmの小さな島で、中央に見える一番高い山は「ソラーロ山」(589m)です。
クリックすると元のサイズで表示します

「マリーナ・グランデ:Marina Grande」クリックすると元のサイズで表示します
※カプリの港「マリーナ・グランデ:Marina Grande」までは、
ナポリ港からフェリーで90分、水中翼船で40〜50分です。
クリックすると元のサイズで表示します港とカプリの中心部を結ぶ
↑「フニコラーレ:Funicolare」

※ナポリ民謡の「フニクリ・フニクラ :Funiculi Funicula」は
ヴェスヴィオ火山の登山鉄道を歌ったカンツォーネです。
イタリア語の歌詞では、プロポーズをしたいけど決心がつかない男性が
登山鉄道で登ったり降りたりする…と言う恋の歌です

↓カプリの中心「ウンベルトT世広場」の時計塔。壁面の花はブーゲンビリアです。
クリックすると元のサイズで表示します

山に登るのはこれ→クリックすると元のサイズで表示します
「セッジョヴィーア:Seggiovia」チェア・リフトです。
(イタリア語ではケーブルの事を「フニーコラ:Funicola」って言って、
リフトもロープウェイもケーブルカーも「フニコラーレ」でOKです)
リフトからは素晴らしい景色が楽しめます。(高所恐怖症の人以外は…。)

↓右側中央が「マリーナ・グランデ」遠くに見えるのがソレント半島。
↓大昔、イタリア本土とカプリ島は陸続きだったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

急斜面に立ち並ぶ建物クリックすると元のサイズで表示します
※建築材料を運ぶのも大変そうな、急斜面に建物が沢山建てられています。
水平線の向こうで雲が掛かっているのは「ヴェスヴィオ火山:Monte Vesuvio」です。

クリックすると元のサイズで表示しますヴェズーヴィオ山(ヴェスヴィオ火山)
※ヴェスヴィオ火山のAC79年の噴火で消滅したポンペイは
この山の右側、ヘルクラネウムは正面の位置にあります。
最近の噴火は1944年でムッソリーニの時代。
それでも、ヨーロッパ大陸内では一番新しい噴火です。

白い船はカプリ⇔ナポリのフェリークリックすると元のサイズで表示します
エメラルド・グリーンとコバルト・ブルーのコントラストが美しい海です↑。

以下は、カプリに住んでいた、ドイツ・クルップ社のオーナーが1900年に作った遊歩道…
「ヴィア・クルップ:Via Krupp」で「世界一美しい道」と言われたそうです。
クルップ社は鉄鋼や兵器製造で大きくなった会社で、
ヨーロッパの革命や戦争では沢山のクルップ社の武器が使われました。
クリックすると元のサイズで表示します

青く澄み切った海。クリックすると元のサイズで表示します
海底にボートの影が出来ています↑。

クリックすると元のサイズで表示します青い空と「アナカプリ:Anacapri」の町

「ヴィラ・ヨーヴィスVilla Jovis」クリックすると元のサイズで表示します
※第2代ローマ皇帝ティベリウスの宮殿跡…「ヴィラ・ヨーヴィスVilla Jovis」↑
ティベリウスは、AC27年から亡くなるAC37年までこの島に住んでローマ帝国を統治しました。
その間、毎年別荘を建設して当時は12の宮殿・別荘があったそうです。
今は遺されているのはここだけです。
クリックすると元のサイズで表示します
ティベリウスが亡くなる数日前、死を予期したように大地震で崩れてしまったそうです。

※イエス・キリストが処刑されたのはティベリウスが皇帝だったAC33年の事。
今では遺跡の一番高い所に聖母子像が建てられています。
クリックすると元のサイズで表示します

聖母子像の拡大写真→クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します1719年建立の「サン・ミケーレ教会」
(アナカプリ地区)

教会の中。普通の小さな教会です。クリックすると元のサイズで表示します

※この教会が有名なのは、床の装飾です。
マヨルカ焼のタイルで床全部に、アダムとイブの楽園追放が色鮮やかに描かれています。
クリックすると元のサイズで表示します

タイルの一部を拡大→クリックすると元のサイズで表示します
描いた人は、本物のライオンを見たことが無かったのかな? by...spin Uへと続く...
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ