2007/5/3

メジャー開幕1ヶ月…投手陣(大塚、斉藤、岡島ら)の活躍に思う事  Boston Red Sox・MLB

メジャーリーグが開幕して1ヶ月、日本人選手としては野手の怪我人が相次ぐ中、投手陣の活躍が際立っている。まず、日本では1勝しかあげていなかった、トロント・ブルージェイズの大家友和が、先月29日の対レンジャーズ戦で、今季2勝目を上げ、日本人投手としては、野茂英雄の123勝に次ぐ50勝目を挙げた。レッドソックスの松坂大輔も、制球に苦しむ場面も多々あるが、登板時には6回以上投げて3勝を記録し、先発投手としての役割を果たしている。ニューヨーク・ヤンキースの井川慶も、救援登板して活躍し怪我に苦しむヤンキースの先発投手陣の中で奮闘し2勝を挙げている。
クリックすると元のサイズで表示します「ヨッシャー」の声で防御率0点台の大塚。

更に投手陣の中で、TV放送ではなかなか見られないが、救援陣の活躍が目覚しい。テキサス・レンジャーズの大塚晶則は、これまで9回と2/3を投げ、1勝3セーブと数字は地味だが、防御率0、93で1点未満としており、ロサンゼルス・ドジャーズの斉藤隆は、13回と2/3で1勝0敗、7セーブと、ストッパーの地位を確立している。また、以前にも取り上げたが、レッドソックスの岡島秀樹は、メジャー初マウンドの初球でホームランを打たれたが、その後は気が引き締まったかのような投球が続き、2試合目からの登板で12回連続無失点を続けている。

この救援陣の活躍…彼らがメジャー入りした時、関係者の誰が?この活躍を予想しただろう。彼らにとって初年度は特に、年棒は勿論、環境もけっして優遇されていた訳ではなく、自らの力で勝ち残っていっていると言える。特に大塚は今季でメジャー4年目、サンディエゴ・パドレスでのデビュー当初は、セットアッパーとしての立場を築きあげ、2年在籍するうちに8回は大塚、9回にトレーバー・ホフマンという勝利の方程式を確立するとともに、リリーフの要として活躍、2005年のオフにレンジャーズへ移籍後は、4月末より守護神として日本人では2人目となる30セーブを超える32セーブを記録、今季は年俸300万ドル(約3億6000万円)という契約金を手にした。レンジャーズは2003年のサイ・ヤング賞投手エリク・ガニエを、クローザーとして獲得したが、怪我で欠場が続いており、大塚が孤軍奮闘している。大塚の研究熱心さは有名で、各球場の風向き、芝の状態なども計算の上で投球しているという。
今季より一世風靡・セピアの曲… クリックすると元のサイズで表示します
「前略、道の上より」の「ソイヤッ」に乗って登場する斉藤。


また2年目のジンクスを、打ち破りつつある斎藤は、日本で投げていた頃より球速が増しているらしい。ストレートと切れのいい変化球とのコンビネーションで、昨年度、投球回数が、80回弱ながら107三振を奪った手腕は衰えていない。斉藤の年棒は、昨季、マイナー契約からスタートした為、50万ドル(約6000万円)だった。それが今季は、新人として24セーブを挙げ、地区優勝に貢献した事を認められ、異例?のUPで、1年100万ドル(約1億1500万円)、出来高30万ドル(3400万円)で再契約している。それに比べ、今年メジャー初挑戦の岡島の年棒1億3000万円は、決して安くもないのだが、レッドソックスでベンチ入りしている選手25人の中では、下から数えた方が早い金額だ。
クリックすると元のサイズで表示します 謙虚で笑顔が爽やかな岡島。

岡島の活躍として圧巻だったのは、ヤンキース戦での投球ぶりだった。元チームメイトだった松井秀喜がバッターボックスに立った時、岡島は『何でここにいるんだ』と顔をまともに見られなかったそうだが、その投球内容では「あそこまでコントロールが良かったのか?!」と松井を驚かせた。打者の左右に関わらず、効を成しているチェンジアップ、そして本来、得意のカーブも切れが良くなっており、更に捕手とサイン交換の後、1度キャッチャーミットから視線を切り、右手をダイナミックに上げる個性的なフォームが、打者からは、大変打ち辛いのだそうだ。

フランコナ監督からの信頼も厚いクリックすると元のサイズで表示します

NYのデーリー・ニューズ紙面で、コラムニスト、ビル・マッデンは「ヤンキース入りを熱望していた、岡島にオファーも出さずに、宿敵のレッドソックスに持って行かれた」と皮肉った。『メジャー初球でホームランを打たれた時は、どうなるかと思ったが、ここまで投げて来られたのも皆さんのお陰だし、大輔君も色々と手伝ってくれた。周りの皆さんに感謝したい』…自らを陰のヒーローと名乗る岡島は、今日も緊迫した場面で指名を受けると、帽子を取って一礼しメジャーのマウンドに立つ。どの世界でも陰のヒーローこそ、最も大事な存在なのだと証明する為に…。(文中敬称略)

★岡島秀樹投手…月間最優秀新人賞受賞!おめでとうございます。
(アメリカンリーグ、4月に於いて) 

尚、岡島は、現地時間の5月2日、対オークランド・アスレチックス戦の8回に登板し、
打者3人に対して投球、0点に押さえ13回連続無失点を続けている)5/3.10:45AM by...hotaru.
0

2007/5/1

カプリ島の「青の洞窟」と『葬場祭』(神道の葬儀)について  日記(今日思うこと)

公私共に慌しい一週間を過ごし、30日は休日だったが、29日の夜と30日は『葬場祭』(神道の葬儀)へと出かけた。30日は29日の昭和の日の振り替え休日、当初の予定では友人と和服を着て、岐阜県可児市にある「花フェスタ記念公園」へ薔薇を観る目的で出かける予定だったが、急遽キャンセルした。夕方から予定を立ててくれていた友達と食事に出かけた。食事の後、友達が映画「ブラッド・ダイアモンド」を観たいと言ったので、私は2度目の鑑賞となったが、映画館へと向かった。(映画についてはまた改めて…)先日、この映画を観たとブログに記した所、スピンさんからレオナルド・デカプリオ主演という事で(デカプリオとは…カプリ島のという意味)カプリ島にある『青の洞窟』の写真を送って頂いていたので、以下に掲載する。
クリックすると元のサイズで表示しますカプリ島の青の洞窟:Grotta Azzurra

ナポリ湾に浮かぶカプリ島の周囲は、殆どが断崖絶壁となっており、その断崖絶壁の一部の波打ち際に、入り口の半分が海水の中に隠れている海蝕洞(海の波浪に浸食されて出来た洞穴)の「青の洞窟」 (Grotta Azzurra) がある。この洞窟には、手漕ぎの小船に乗って行くのだが、入り口は高さ1mにも満たない為、出来るだけ低い姿勢をとって入るそうだ。洞窟内は広い場所で、長さ約70m、幅25mとなっており、幻想的な青い光を放っている。こ現象は、洞窟内の海底の白い砂が、太陽光線を(外部のように乱反射するのではなく)青い水だけを透過して反射して見えるから…だそうだが、美しく見えるのは、角度が屈折し易い午前中が適しているという。しかし、高潮時や天候不順で高波の時などは、入ることが不可能で、短期の滞在で見る事が出来るのは、かなりラッキーだと言えるらしい。
入り口は、本当に狭い→ クリックすると元のサイズで表示します

さて、話題を戻して『葬場祭』について、葬儀会場にも案内と説明はしてあるが、少し記して置こうと思う。『葬場祭』は、仏式の葬儀と違い、数珠やお香は使用せず、お焼香の代わりに、祭壇に向かって設置された玉串案(台)に玉串(榊の枝)を、奉奠(ほうてん)する。玉串はまず、受け取ったら枝の葉の先を左手で下から支え、右手を上から沿えて持つ。その後、玉串案(台の前)に進んだら、時計周りに90度回転させ枝の葉の先を祭壇に対して真っ直ぐにし、同じく時計周りに今度は半回転させて、枝元を祭壇に向け、玉串案(台)に乗せる。

◎玉串奉奠の作法↓
http://www.taka.co.jp/okuru/gi-kami01.htm

そして、2礼し、2拍手を音を立てない…「忍び手」という叩き方で叩き、1礼する。また仏式で持って行く「御香典」の代わりは、蓮の花がついていない熨斗袋を使用し、表書きには「玉串料」または「御榊料」と書くが、宗派を問わない「御霊前」でも良いとされている。しかしながら、知らないまま「葬儀=仏式」と思い込んで、香典袋で持って行ってしまった場合は、止むを得ないといえよう。また、花屋さんの話によると、仕事上の付き合い等で宗派が判らず、納める場合は「御花代」と記す事も無難なのだそうだ。
クリックすると元のサイズで表示します
亡くなった方は57才で、脳梗塞からリハビリをし日常生活に復帰された直後に発見された食道癌が原因だった。奇しくも丁度1ヵ月前の同じ日に、奥様が看病疲れによる?心停止で亡くなっており、ご親族には、おかけする言葉も見つからなかった。抗癌剤との戦いは壮絶だったとお聞きしているが、安らかなお顔を拝見し、今はその苦しみから逃れられ、ご遺族を見守って下さっている気がした事が唯一つの慰めだった。ご夫婦のご冥福をお祈りするとともに、改めて健康である事に感謝し、日々の節制、そして検診を怠ってはいけないと痛感した。

※ブログ更新や頂いたコメントの返事が遅れ、
私の体調をご心配頂いて、メール等を下さった方々に、
この場で大変恐縮ですが、お詫びとお礼を申し上げます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ