2007/5/4

スピンさんの欧州便りNo21…「ナポリ湾の宝石」カプリ島U  スピンさんの欧州便り

クリックすると元のサイズで表示しますカプリ名産、レモンの木。
この写真では、レモンのサイズが分からないので下の写真が↓(写真は全てクリックで拡大)
カプリの果物屋さんの写真です。クリックすると元のサイズで表示します
※一番下が「リモン・チェドゥロ:Limon Cedro」と言って↑、
オレンジの3倍くらいある特大レモンです。
クリックすると元のサイズで表示します「リモンチェッロ:Limoncello」
↑そのレモンで作るお酒を「リモンチェッロ:Limoncello」と言います。
元々は日本の梅酒みたいに家庭で作るお酒で、造り方も梅酒に似ています
見かけが可愛くて冷やすと飲みやすいお酒ですが、アルコール度数は約40度です。

カプリのお土産達 クリックすると元のサイズで表示します
※ハンドペインティングのカラフルなタイルや小物です。

クリックすると元のサイズで表示します カプリの家の表札
※表札を、こんなタイルで飾ります。だから上のタイルも実用品です。

次回は「青の洞窟」の写真を紹介しますが、その前に、カプリの夕焼けを見て下さい。by...spin.

クリックすると元のサイズで表示します

夕陽が海に沈む瞬間。クリックすると元のサイズで表示します
0

2007/5/4

スピンさんの欧州便りNo21…「ナポリ湾の宝石」カプリ島T  スピンさんの欧州便り

今日は、GWの連休もお仕事のほたるさんに、リゾート気分を味わってもらうために、
ヨーロッパでも有名なリゾート・アイランド「カプリ島」の写真を送ります。
(写真は全てクリックで拡大します)

カプリ島は「ナポリ湾の宝石」と言われるほど美しい島。
紀元前から古代ギリシアの植民地を経て、ローマ帝国の皇帝達も愛した島です。
ソレント半島の端から約3Km沖にあるカプリ島。
周囲が約17Kmの小さな島で、中央に見える一番高い山は「ソラーロ山」(589m)です。
クリックすると元のサイズで表示します

「マリーナ・グランデ:Marina Grande」クリックすると元のサイズで表示します
※カプリの港「マリーナ・グランデ:Marina Grande」までは、
ナポリ港からフェリーで90分、水中翼船で40〜50分です。
クリックすると元のサイズで表示します港とカプリの中心部を結ぶ
↑「フニコラーレ:Funicolare」

※ナポリ民謡の「フニクリ・フニクラ :Funiculi Funicula」は
ヴェスヴィオ火山の登山鉄道を歌ったカンツォーネです。
イタリア語の歌詞では、プロポーズをしたいけど決心がつかない男性が
登山鉄道で登ったり降りたりする…と言う恋の歌です

↓カプリの中心「ウンベルトT世広場」の時計塔。壁面の花はブーゲンビリアです。
クリックすると元のサイズで表示します

山に登るのはこれ→クリックすると元のサイズで表示します
「セッジョヴィーア:Seggiovia」チェア・リフトです。
(イタリア語ではケーブルの事を「フニーコラ:Funicola」って言って、
リフトもロープウェイもケーブルカーも「フニコラーレ」でOKです)
リフトからは素晴らしい景色が楽しめます。(高所恐怖症の人以外は…。)

↓右側中央が「マリーナ・グランデ」遠くに見えるのがソレント半島。
↓大昔、イタリア本土とカプリ島は陸続きだったそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

急斜面に立ち並ぶ建物クリックすると元のサイズで表示します
※建築材料を運ぶのも大変そうな、急斜面に建物が沢山建てられています。
水平線の向こうで雲が掛かっているのは「ヴェスヴィオ火山:Monte Vesuvio」です。

クリックすると元のサイズで表示しますヴェズーヴィオ山(ヴェスヴィオ火山)
※ヴェスヴィオ火山のAC79年の噴火で消滅したポンペイは
この山の右側、ヘルクラネウムは正面の位置にあります。
最近の噴火は1944年でムッソリーニの時代。
それでも、ヨーロッパ大陸内では一番新しい噴火です。

白い船はカプリ⇔ナポリのフェリークリックすると元のサイズで表示します
エメラルド・グリーンとコバルト・ブルーのコントラストが美しい海です↑。

以下は、カプリに住んでいた、ドイツ・クルップ社のオーナーが1900年に作った遊歩道…
「ヴィア・クルップ:Via Krupp」で「世界一美しい道」と言われたそうです。
クルップ社は鉄鋼や兵器製造で大きくなった会社で、
ヨーロッパの革命や戦争では沢山のクルップ社の武器が使われました。
クリックすると元のサイズで表示します

青く澄み切った海。クリックすると元のサイズで表示します
海底にボートの影が出来ています↑。

クリックすると元のサイズで表示します青い空と「アナカプリ:Anacapri」の町

「ヴィラ・ヨーヴィスVilla Jovis」クリックすると元のサイズで表示します
※第2代ローマ皇帝ティベリウスの宮殿跡…「ヴィラ・ヨーヴィスVilla Jovis」↑
ティベリウスは、AC27年から亡くなるAC37年までこの島に住んでローマ帝国を統治しました。
その間、毎年別荘を建設して当時は12の宮殿・別荘があったそうです。
今は遺されているのはここだけです。
クリックすると元のサイズで表示します
ティベリウスが亡くなる数日前、死を予期したように大地震で崩れてしまったそうです。

※イエス・キリストが処刑されたのはティベリウスが皇帝だったAC33年の事。
今では遺跡の一番高い所に聖母子像が建てられています。
クリックすると元のサイズで表示します

聖母子像の拡大写真→クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します1719年建立の「サン・ミケーレ教会」
(アナカプリ地区)

教会の中。普通の小さな教会です。クリックすると元のサイズで表示します

※この教会が有名なのは、床の装飾です。
マヨルカ焼のタイルで床全部に、アダムとイブの楽園追放が色鮮やかに描かれています。
クリックすると元のサイズで表示します

タイルの一部を拡大→クリックすると元のサイズで表示します
描いた人は、本物のライオンを見たことが無かったのかな? by...spin Uへと続く...
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ