2007/12/30

全日本フィギュア、フリーとエキシビションの録画を観て  フィギュアスケートと浅田真央選手

2007年も残すところ後3日となり、仕事の方も慌しくなった中、夜になって心静かに全日本フィギュアのフリーとエキシビションの録画を観た。その中で、印象深かった選手とその演技について、書いてみようと思う。フリーの中では、本人と曲とのイメージがぴったりで、演技もほぼノーミスだった安藤美姫の「カルメン」が光っていた。浅田真央は、本人も恐くて?測定していないという、伸び続けている身長も災いしたのか?今季、「伝家の宝刀」…トリプルアクセルの成功率が低く、この全日本の舞台でもシングルアクセルに抜けてしまった。だが、これまでの浅田真央は、その動揺を後の演技に引きずってしまっていたが、この日は、上手く立て直して他のエレメンツを演じ終え、精神的成長を覗わせた。
クリックすると元のサイズで表示します冒頭のトリプルアクセルを失敗するも、
立て直し首位を守った浅田真央。(写真は2枚とも、yahoo photoより)


安藤美姫と浅田真央、日本女子フィギュアには、世界の舞台で頂点を狙えるこの2人がいる、と、改めて心強く思った。しかしながら、3月の世界選手権では、ミスをした選手が脱落するのではなく、全ての選手達がミスの少ない演技で競い合う…レベルの高い試合になって「「ショートプログラム(SP)とフリー、双方ミス無く揃えなくては世界一にはなれない!」…。そんな気がした。

今回のエキシビションでは、西野友毬(ゆうき)、佐々木彰生と若い2人の選手が溌剌とした演技を見せてくれ、楽しんで観る事が出来た。更に水津瑠美の「ナディア」もオリエンタルムードたっぷりで彼女自身の個性とよく似合っていて素晴らしいと思った。そして、男女とも上位4人はオーケストラの生演奏での滑走となり、ショートプログラムを滑る選手が多かったが、男子の覇者、高橋大輔は、オーケストラ演奏の「ロミオとジュリエット」では、ストレートラインステップだけを披露し、「白鳥の湖 HIPHOPバージョン」を滑走した。これは何度観ても感動する。番組では、試合時の映像も流していたが、その時から不安を微塵も感じさせない王者の風格があった。この時、もしかして浅田真央も、グランプリファイナルのエキシビションで初めた観た時から、気に入っているレスリー・ギャレットが歌っている「ソー・デープ・イン・ザ・ナイト(so deep in the night)」で滑ってくれるかな?と、少し期待したが、SPの「バイオリンと管弦楽のためのファンタジア」だった。やはり、企画側も、バイオリンの生演奏の繊細な調べで、浅田真央が滑るという…贅沢な設定では、選択せざるを得なかったのだろうと思った。
浅田真央二世?西野友毬 クリックすると元のサイズで表示します

結局、この日は、アンコールで少し滑っただけだったが、浅田真央の今季のエキシビションNo…「ソー・デープ・イン・ザ・ナイト」は、フルヴァージョンで観ると、指先から足先まで、とにかく美しく可憐である。更に柔らかい滑りで優雅さもあり、ロシアでのバレエレッスンの成果が顕著に表れていると思われ、私は荒川静香の「ユー・ライズミー・アップ」と同じような感動を覚えた。このナンバーには、浅田真央が、可愛い少女から美しい淑女へと、変身しつつある姿がよく表れていると思えたのだ。『You Tubu』で、グランプリシリーズの他のエキシビションも観た所、グランプリファイナルで滑った際のみのパフォーマンスだったが、ダブルアクセルの三連続ジャンプには驚かされた。今季より、2月の開催される四大陸選手権に、全日本選手権の上位2人と4位の選手も参加する事になったようなので、再び2月に観られる事を、楽しみにしていたいと思っている。(文中敬称略)

※以下『You Tubu』から、
浅田真央、GPF時の「so deep in the night」 (三連続のダブルアクセルに注目!)
http://www.youtube.com/watch?v=tfjvawRe1zk

「so deep in the night」full version (THE ICEより)
http://www.youtube.com/watch?v=Nftn0NnzCXg

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ