2006/7/10

W杯…イタリア優勝!カテナチオの要・カンナバロの活躍に思う事  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

クリックすると元のサイズで表示しますイタリアチーム、優勝! 

イタリアのカテナチオ(閂…かんぬき)は健在だった。
そのディフェンスの要であり、
キャプテンのカンナヴァロの代表100試合目は、
W杯決勝戦であった。

その記念すべき試合に優勝という最高の贈り物が着いた。
怒涛のようなフランスの攻撃を、防ぎ続けたカンナヴァロ…。
私は今大会活躍した、それぞれの国のディフェンスの選手達の、
象徴的存在として、心から讃えたいと思った。

クリックすると元のサイズで表示します
身を呈し、フランスの攻撃を凌ぎ続けたカンナヴァロ。

唯1つ、ジダンの退場に至る行為は、
それまで、有終の美を飾ろうと、
懸命に試合をコントロールし
主導権を握っていただけに、とても残念だった。
確かに、イタリア選手の執拗なマークがあった。
イタリアのファールにも、ノーホイッスルだった事が多い気がした。
その時、ジダンの背後からイタリア選手が罵声を浴びせたようにも見えた。
しかし、スポーツマンとしてやって欲しくない事だったと思った。

イタリアチームの栄誉を讃え、
イタリア国歌の歌詞をここに書き留めようと思う。
 
クリックすると元のサイズで表示します 「イタリア国歌」

イタリアの国、
いま目覚めぬ 勝利の女神よ、
いずかた(何方)にありや
わがイタリアは
主のつくりたもう ローマのしもべ
そのうるわしき髪にささげよ、
友よ いざ隊列を組み、死に臨まん
美しき イタリアに召されて
この身 捧げん
 
 
         
          -小学館「伊和中辞典」より-

◎試合の後、肩がずっしり重く、物凄い脱力感が残った。
ジダンの退場劇で、少し後味が良くない…。

詳しい投稿は、改めて書かせて頂きます。


★以下、イタリア在住のスピンさんが、7月4日のコメント欄で、イタリアサッカー界の裏事情?を分り易く書いて下さいました。ご一読下さい。

…前略。
お友だちのパパが言うには「アズーリ(イタリア代表)は、演奏で言えばクレッシェンド(<)。準決勝の頃はフォルティッシモ(ff)、決勝ではフォルティッシシモ(fff)かな?」だって。「イタリアはだんだん強くなって行くよ」ってことだけど、ちょっとそんな気もします。

カルチョ・スキャンダルで、大会前からゴタゴタしてるイタリアのサッカー界。でも、ユヴェントス幹部のペッソットさんっていう元イタリア代表選手の自殺未遂があってからは、アズーリの一体感が増してる感じです。ウクライナ戦の直前なのにカンナヴァーロさんとかザンブロッタさんは、ペッソットさんのお見舞いに帰国していて、ウクライナ戦のあとで、カンナヴァーロさんたちが持っていたイタリア国旗には"Pessottino Siamo Con Te"(ペッソッティーノ、みんなは君と共に居る)って書いてました。トリノのユヴェントスビルの回りには、ペッソットさんの回復を祈るファンが大勢行っているみたいですよ。不正は良くない、でもそれで人が死ぬのはもっと良くない。そんな感じです。

こういう時に意外に頑張るのがイタリア人。あなどれませんよ〜♪
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/7/10  19:51

 


祭り最高潮!
  



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ