2006/7/11

その時、ジダンに何が起きたのか?…その退場劇に思う事  サッカー&ワールドカップ・ドイツ大会

ジダンに何が起きたのか?試合終了後、今までのどの試合とも雰囲気が違っていた。それは決勝戦だからという特別な雰囲気とも、かけ離れていた気がした。双方の選手同士の讃えあいも無く、フランスの選手達には、敗者の重みだけが重く圧し掛かっていたように見えた。敗者と言っても決勝戦…まぎれも無い準優勝国なのだ。しかし、どの選手にも笑顔が無かった。そして表彰式のフランスチームの中にジダンの姿は無かった。更にジダンと共に代表復帰したマケレレは銀メダルを授与後、すぐ外してしまった。私は、今大会、日本の上川主審を追いかけながら、試合を観てきたせいか、選手達の動きは勿論だが、どうしても審判の一挙一動にも目が行ってしまっていた。決勝戦の審判は、アルゼンチンのエリゾント主審…開幕試合も担当したベテランだった。
クリックすると元のサイズで表示します 退場処分となり会場を去るジダン。

この試合、ファールも多かったが、何よりボールと離れた所での選手達の小競り合いが多かった。しかしその為にホイッスルが吹かれる事は少なかった気がした。実際に後半 34分、ジダンはヘディング時にイタリアのカンナバロと交錯し、肩を痛め、一旦ピッチから出た場面もあったが、そのクロスプレーにはノーホイッスルだった。ジダンは痛めた肩の痛みを堪えながら、ピッチに戻りプレーを続けていた。そして延長戦に入って4分、パスから攻め入ったフランスのマルーダが、ペナルティエリア手前で倒された。VTRで観ると明らかにガットゥゾの肘が顔に当たっている。しかし、ずっと起き上がらなかったのは、ガットゥゾの方で、やはりファールは取られなかった。もし主審からは見えなかったにしても、副審には見えていたはずだと思ってしまった。更に延長前半14分、ジダンの強烈なヘディングシュートはイタリアGKブフォンの片手による好セーブで得点にはならなかった。今振り返ると、ジダンの中に溜まったフラストレーションは、既にこの時点で限界だったのでは?と思われる。
カンナバロと交錯し肩を痛めたジダン。クリックすると元のサイズで表示します

そして延長戦の後半2分過ぎ、足の筋肉に異常を来たしていたアンリの退場直後、その事件は起きた。私はエリゾント主審に誤審があったとは思わない。ただ、何故選手からの訴えの前に審判が伝えなかったのか?疑問が残った。それに全体に渡って3位決定戦の時の上川主審とは違い、エリゾント主審の表情は強面で固いままだった。上川主審は、イエローカードを出した選手の抗議にも、時には毅然とした表情で、時には笑顔でさとすように、フェイスコントロールをしながら身振り手振りを使い、選手達を落ち着かせていた。アドバンテージを取った時も、大きく両手で示して「アドバンテージを取っているよ」と選手達にPRしていた。サッカーの試合は勿論戦いであるが、喧嘩ではない…あくまでもフェアプレーであるべき…当り前の事であるが、大切な事を選手達に改めて認識させていたように思った。仮説に過ぎないが、もしこの試合を上川主審が担当していたら…私は、選手間の小競り合いも少なく、ジダンの退場劇は無かったかもしれない…と、つい思ってしまった。

ジェディーヌ・ジダンはアルジェリア移民の二世としてマルセイユに生まれた。ジダン独自のドリブルは、既に幼少期から身につけており、マルセイユルーレットと呼ばれていた。左足、右足に関係なく繰り出す巧みなマルセイユルーレットの最中に、相手選手の股抜きや、ヒールパス等を仕掛けてくる為、相手選手には脅威そのものだという。またフランス政府はアルジェリア等の国からの移民問題を抱えており、同じ境遇を克服したジダンならでは…と引退後の政治活動にも期待を寄せていた。1998年のフランス大会優勝の立役者となったジダンは、過去にも熱くなって退場処分を受けた事も何度かあるが、サッカー協会会長就任とか、果てはフランス大統領就任とまで噂される程の人気ぶりだ。決勝前のシャンゼリゼ通りをTVで観たが「シズー、シズー」と大歓声だった。フランスの英雄として尊敬され、世界中のサッカーをしている若者や子供達の目標でもあり、憧れの的なのだ。フランス国内のスポーツ誌・レキップは、社説の中で、「(フランスの)敗戦はそれほど受け入れ難い事ではない。むしろ困難なのは、世界中の何千万人もの子供達に、(ジダンが)どうしてあんな頭突きをしたのか説明する事だ」。と書いている。
クリックすると元のサイズで表示します ベルリンの空を見上げるジダン。

この衝撃的な事件?は、多くの人を悲しませたが、誰よりジダン本人が一番悔やんでいると推察する。決勝戦をTV等で観戦した人は、60億以上と言われている。その決勝の舞台で、有終の美を飾れるはずだった寸前、自らの愚行で、スーパースターとしての現役生活の最後に、汚点を残してしまった。ジダンに何がそうさせたのか?私達はあれこれ想像を巡らせてしまうが、真実はジダン本人のみぞ知る。しかし、何があろうと、プレーヤーとして、決してしてはならない行動だった。ジダンは投票によって今大会のMVPにも選ばれている。その栄誉と「頭突き王」の汚名…。ジダンはこの両極をどう捉え、これからどう行動するのだろうか?名声のある人は、その名声によって滅びるとも言われるが、ジダンには、自分の起した事が如何に多くの人に影響力があるのか?現実から目を反らさず反省し、乗越えて欲しいと思う。樋口廣太郎氏の言葉…「逆境こそチャンス!」。ジダンにもこの言葉を届けたい。ジダンにいつか真の笑顔が帰る日を信じて……。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/7/15  22:49

 

2006年ドイツ大会の幕は降り
多くの感動と興奮を世界に与えた試合の数々は
記憶に残る事になるでしょう。

さて
闘いが終わって順位が決定した後で
いくつかの記録、賞について整理してみると

adidas Golden Ba... 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ