2006/7/25

タイガー・ウッズ…天国の父に捧げる全英オープン連覇  全英オープン・ゴルフ他

全英オープン、4日間のツアーの終焉、18ホール目のカップにボールが沈んだ瞬間、タイガー・ウッズは、雄叫びを上げ、両手を天に向って突き上げた。その後だった、ウッズと共にツアーを周ってきたキャディのスティーブと抱き合った時、スティーブが耳元で「5月に亡くなったお父さんへ捧げる勝利だ」と囁いた。タイガーは、スティーブにしがみつくと、肩を震わせて号泣した。タイガーの目から、大粒の涙が溢れていた。そして、グリーン脇で見守っていた夫人のエリンさんの傍に行くと、その肩に顔をうずめて泣きじゃくった。タイガーが大会最終日には、必ず着用するという赤いシャツも涙で濡れていた。
クリックすると元のサイズで表示します 大粒の涙を流したタイガー・ウッズ。

今大会、タイガーは、初日は、ボギーからスタートしたものの、2日目はタイガー自身が目を見開く程の快進撃だった。イギリスのリバプールと言えば、ビートルズの出身地…。タイガーのその姿は、正に「Get Back」の曲そのものだった。パー72のコースをイーグル2つを含んだ、65のスコアで周り、トーナメント・リーダーに躍り出た。3日目は、スコアを若干落としたが、1位をキープ。そして最終日の4日目は1つのイーグル、4つのバーディを取り、スコア67。合計18アンダーで優勝した。メジャー新記録となる20アンダーこそ逃したが、その内容は解説の青木功氏も唸らせる程の圧勝だった。タイガー・ウッズ本来のショットが帰って来た。それは父の死の悲しみを乗越え、更に強くなったタイガーの姿だった。

タイガーウッズは、1975年12月、アメリカのカリフォルニア州で生まれた。父・アール氏は、黒人で、グリーンベレー(米軍特殊部隊)の元軍人。母、クルティダさんはタイ人で、その運動神経の良さは、父親譲りと言われ、黒人のバネと黄色人種の柔軟性を兼ね備えたプレーヤーとも言われている。天性の素質+努力…。タイガーがゴルフというスポーツに関ったのは、何と9ヶ月からだったそうだ。父・アール氏が短いパターとボールを与え、タイガーはいつもそのパターを担いでいたという。父の指導の下、二人三脚で1991年、16才で全米ジュニア・アマチュア選手権優勝を果たすと、以降3連覇を達成した。更にジュニアからランクを上げて、1994年から1996年にかけ、全米アマチュア選手権に3連覇を達成した。この三連覇は“タイガーズ・トリプル”と語り継がれている。

1994年 スタンフォード大学に入学するも、1996年、2年で中退して、プロに転向。プロ転向後僅か2ヶ月で、いきなり2勝を挙げ、世界ランキング33位に躍進した。そして、1997年4月13日、史上最年少の21歳3ヶ月でマスターズ・トーナメント初優勝。6月には、初の世界ランキング1位に輝いた。この時、黒人ゴルファーとして、初めてマスターズに出場した、チャリー・エルダー氏が、タイガーの初優勝の最終ラウンドに立ち会った逸話は有名である。当時、特に老舗のゴルフ場では、黒人が入場すら出来ないという人種差別意識がまだ残って居り、タイガーの活躍と躍進は、そんな差別意識を実力で持って一蹴した。数々の最年少記録を塗り替え、大躍進して来たタイガーだったが、その傍には常に父・アール氏の存在があった。
アール氏著「トレーニング・ア・タイガー」クリックすると元のサイズで表示します

しかし、アール氏は、前立腺癌に侵されていた。末期症状と告げられたタイガーは、恐らく父に見せる事が出来る最後のメジャーツアー、4月に開催されたマスターズで、1位を逃し3位となってしまった。悔いを残したまま、その後は父の看病の為にツアーから離れ、初めてクラブを握らない日を続けたが、その甲斐もなく、5月3日、父・アール氏は他界した。深い悲しみの中、復帰戦となった6月の全米オープンの予選では、ミスショットが目立ち、88位とプロデビューして初めて、予選落ちしてしまった。タイガーは立ち直れるのか?各メディアはこぞってタイガーの復活には、時間がかかるのでは?と報道した。だが、タイガーは強くなって帰って来た。

海に面したロイヤル・リバプールのコースは、芝の手入れを怠らないイギリスにして、連日の好天と高温で乾燥し固くなっていた。特に4日目はリンクス特有の風も強く、条件が厳しくなり、上位陣はスコアを崩した。そんな中、タイガーは冷静だった。硬いフェアウェイを計算して、2日目以降はドライバーを封印、タイガーのトレードマーク・寅の頭のキャップは、ドライバーに被せられたまま、アイアンとスプーンを使い分け、バンカーを避け手堅くグリーンをとらえる作戦にした。父・アール氏が生きていたら、そう勧めてくれると、タイガーは思ったそうだ。そして最終日の最終の18番ホール。セカンドショットを打ち終えた地点から、勝利を確信して歩いているタイガーの表情には、感極まったものを感じた。テレビ越しに観ているだけで、私も涙が溢れた。後にタイガーは、この時の事をこう語った。「父は、最後のパットを決める、このウィニングパットをもう観てくれる事はないんだと、実感していた。今日は自分の為にベストを尽くそうと思ったが、やはりこの勝利は父に捧げたいと思った」と…。

優勝を決めたタイガーの脳裏には、天国へと旅立った父・アールさんとの思い出が走馬灯のように浮かんでいたに違いない。タイガーの涙は、異例の暑さの為、枯れた芝が多かったロイヤル・リバプールゴルフ場をも、潤すような感動的な涙だった。ゴルフの指針だった父を失ったという逆境を乗越えたタイガー・ウッズ、天国の父親に見守られながら、次に目指すのは、帝王、ジャック・ニコラウスの持つ、プロメジャー通算18勝だ。後7勝…今年30才を迎えたばかりのタイガーにとって、充分な射程距離の範囲である。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/7/25  3:05

 

25才になったボビーは、あのセントアンドリュースに帰って来た。もうスコアカードを破り捨てた、かつてのボビーの姿はなく、ゴルフとは、誰かに勝つためのスポーツではなく、各ホールのパーとの戦い、言い換えれ 

2006/7/25  3:04

 

今年も、全米プロゴルフツアー=PGA(Professional Golfer's Association of America )ツアーが、ハワイからスタートした。私はゴルフに関しては、打ちっ放し、しかした事がない。打ちっ放しに行くと、気分は 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ