2006/9/13

2006年9月11日…ボストンの街を歩いて  日記(今日思うこと)

5年前のその日、休日だった私は外出先から帰宅し、その1年前を振り返っていた。2000年の同じ日、私の住む町は低気圧の急激な発達に伴う東海大豪雨に襲われ、知人の家は竜巻で倒壊、1時間に500o近い降水量によって道路が河川と化し、私の会社の建物も浸水。地下室にあったFAX、コピー機、音響設備機器全てが廃棄物となってしまった。それでも幸い地下があったお陰で、1F部分は浸水15cm程度で済み、スタッフ全員の徹夜で泥と格闘の結果、仕事には差し障りが出なかった。お客様の殆どは、会社が水に浸かった事をご存知なく現在に至っている。一方、名古屋市内では、新川という川の堤防が決壊し、多くの方の家が流され避難生活を強いられた。そして、多くの車が廃車となった。あの水害から1年経ったなぁ、今日は何事もなく終わりそうだ…と思った矢先の事だった。ニュースの映像は、まるで映画の世界を彷彿とさせ信じ難かった。私はすぐボストンの知人に電話をかけた。
クリックすると元のサイズで表示します ニューヨークでは、ビル跡地に追悼の意味を込めた
2本の光が、朝まで灯された。


ボストンでは、情報が氾濫し、一時期、ハイジャックされた飛行機は11機にも及ぶのでは?とも言われていたそうだ。「ボストンも狙われる。カナダへと避難するように」…。知人の職場ではそんな通達もあった。深夜になって従姉から電話があった。渉外弁護士のご主人(T氏)がニューヨークに出張していて、「携帯電話が通じない。ほたるちゃんからも電話してみて」という内容だった。T氏の仕事仲間の勤め先は、ワールドトレードセンタービル脇の建物の中にあった。「朝だから、まだ行っていないと思うけど」。従姉の声は震えていた。朝方になって、私がかけた電話が通じた。T氏は、2キロ離れたホテルに滞在していて無事だったが、爆風と共に粉塵が襲ってきて、「ホテルは凄い事になっている」と話してくれた。T氏の元同僚の方も出勤前で無事だったが、その方のオフィスのあった建物はトレードセンターのビルの倒壊に伴い、瓦礫の中に埋まってしまったという。

建物に飛行機が突っ込んだあの衝撃的な映像の後、更に予想を超えてビルが倒壊。その時、建物の中では多くの警官、消防士さん達が、救助活動を行っている最中だった。今秋封切りになる(10月7日公開)の「ワールドトレードセンター」は、その瓦礫の中から、最後に救助された、NY港湾警察のジョン・マクローリン氏と、ウィル・ヒメノ氏を描いた実話に伴う映画だそうだが、真っ先に救助に向った…勇敢な人達の殉職がまったくもって悲しい。私は2003年、ニューヨークを訪れた時、マンハッタンのバッテリーパークにある慰霊塔に手を合わせた。当時NYで売られていた絵葉書には、まだ2つのビルがそびえたままだった。例えようの無い重い気持でNYの街を歩いた記憶がある。あの惨事から5年…。NYから北へ飛行機で1時間のボストンの街は、何事も無かったかのように通常行きかう人達で溢れていた。ただ1つ、街の彼方此方に建てられている国旗掲揚塔は、半旗とされていて、亡くなった方々と遺族の方達への弔意を表していた。
ハーバードメディカルスクールの半旗。クリックすると元のサイズで表示します

NYでは、ビル倒壊の跡地「グランド・ゼロ」へ多くの方々が訪れたそうだ。しかし、更地となったその土地には、まだ、有害な粉塵が残っているという。実際に、マウント・シナイ医療センターが2002年から2004年に行った調査では、「グラウンド・ゼロ」で作業した約9500人の内の約70%の人から、塵肺異常が見つかったそうだ。遺族の方達の深い悲しみの上に、新しく加わった被害。あの人災はいつまで爪痕を残し続けるのだろう。そう考えながら街を歩いていると、ショッピングモールの電気屋さんのTVでは、米大統領の演説が流れ、「テロ組織と戦い続ける」と宣言していた。また同じ日、国際テロ組織からは新たなテロ計画の声明が流され、日本時間の12日夜には、映画「エデンの園」の舞台となったシリアの首都、ダマスカスの米大使館が襲撃されたという。武力に対しての武力行使は、新たな戦いを生み武力の連鎖反応を誘う気がした。

また、1年前の8月末から9月にかけて、アメリカ南東部は、ハリケーンに次々と襲われ、多くの被害を出し、自然の猛威の前に、人間の無力さを痛感させられた。アメリカ国内では、このハリケーンの被害と同時多発テロの被害を比較の対象とされて来たが、ハリケーンの後も救助に向った警官や消防士さんに、その過酷な救助活動ゆえの深刻な被害が出たという。温暖化が進み、ハリケーン(台風)が大型化しやすい状況は、世界規模で更に深刻化している。自然の猛威もまた、情け容赦なく私達人間を襲い続けるのだ。本物の強い国=武力の強い国…なのだろうか…?。改めて考えさせられた1日だった。

◎映画「ワールドトレードセンター」公式サイト
http://www.wtc-movie.jp/top.html
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/9/12  2:06

 

6年前のこの時間…私は電話をかけていた。まずボストンの知人の無事を確認後、従姉に依頼されて仕事でニューヨークへ出張していた従姉のご主人に…。従姉から、そのご主人は、ワールドトレードセンター近くにあ 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ