2005/10/16

EDDINGS GO HOME!!  Boston Red Sox・MLB

12日のホワイトソックスVSエンジェルス戦の「振り逃げ事件?」で、不審を抱かせる判定を下し、結果的に、エンジェルスのさよなら負けを招いてしまったその日の主審、ダグ・エディングス審判。ビデオを観れば、誰もが「誤審」と判るような微妙なジャッジだった為、各方面からも批判を受けたようだが、昨日からエンゼルスの地元、アナハイムでも審判をしなければならなかった。今日は、ライトスダンド側の線審。皮肉にも、エンジェルスの熱狂的にファンが集まる方であった。「エディングス、帰れ!」という大きな幕まで垂らされている(写真参照)また明日もブーイングの中、審判としてグラウンドに出なければならないだろう。彼の心中は、バッシングが減る為にも「エンジェルスに勝って欲しい」と、密かに願っているのかもしれない。
             クリックすると元のサイズで表示します MAJOR.JP Express より
反して?今日もホワイトソックスの、フレディ・ガルシア投手が完投し8対2で勝ってしまった。これで、ホワイトソックスは3試合連続、先発ピッチャーの完投である。これはレッドソックスファンとしては、羨ましい限りの話である。このような先発ピッチャー陣の安定がレッドソックスに勝った要因でもあろう。明日は第4戦、後のないエンジェルスには、打線が奮起して、味方のピッチャーを援護し、持ち前の粘り強い野球をして欲しいと願う。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ