2005/10/19

今日、思うこと  日記(今日思うこと)

一応?交通事故の被害者になってから一週間が過ぎた。昨日病院へ行ったら一応痣はまだ残っているが、このまま何も症状が出来なかったら「もう来なくても良い」と言われた。ご心配頂いた皆様、ありがとうございました。この場でもお礼を言いたい。今日職場でも、予後を聞かれたのでそのように話した。その方に聞いた所、交通事故の被害者で此方に比が認められない場合、自賠責保険から、医療費全額の他に、通院1日に対して、慰謝料として8000円支払われるそうだ。(接骨院・鍼灸院は、4000円)その上、自分がかけている障害保険からも1日辺り、定額が支払われると聞いた。痛みの値段と言うわけだ。…などと、悠長な事を言っていられるのも、今元気で仕事をして居られるからである。不幸中の幸いに感謝し、自分も運転する時は、しっかり気持ちを引き締めたい。

それから、昨日の『お蚕様』について、「何故、蚕は、日光に当たって死んだのだろろうか?」というご質問を、メールにて頂いた。科学的な答えを求めるべく、ネットで調べたが、直射日光の下で、天然の蚕が生きていられて、養蚕の蚕が生きていられない真相が、書かれているサイトは見つけられなかった。ただ言える事は蚕は変温動物で、飼育温度は22度〜28度であり、沢山生糸を生産させる為に、品種改良されたその課程において、体温の限界の温度が下がったと、思われる。夏の直射日光の下、気温の変化に耐えられなかったのが一因だと憶測されるのである。(ご質問をありがとうこざいました。勉強になりました。)
○参考 JA全農のHPより
http://www.zennoh.or.jp/bu/nousan/silk/05/05-0.htm

それから、2年2ヶ月ぶりの「火星大接近」の件について、補足がある。接近した火星の見える位置は、東方の空、おうし座の右上付近で、10月下旬には午後9時頃、11月下旬になると午後7時ごろに、見えるそうだ。また、この現象は、厳密に言うと、火星が近づくのではなく、地球が近づいているのである。本日の中日新聞にも掲載されていたが、この現象に合わせて、各地区、科学館・プラネタリウム等では、鑑賞会が催されるそうだ。外は雲ひとつ無い晴天の空だ。今宵、遥かなる星に思いを馳せてみたい。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ