2007/3/24

世界フィギュア…女子SP・浅田真央、試練のスタート  フィギュアスケートと浅田真央選手

フィギュアスケートの演技…それぞれが刻一刻と進化している。女子SPを観て、より高く、より正確に、より美しく、一点のミスも許されないハイレベルな戦いだと感じた。これが今季最高峰の試合…世界選手権の戦いなのだと改めて思った。世界選手権というプレッシャー、過剰とも思われる取材攻撃。このような雰囲気を乗り越えてこそ、フィギュア選手としての最高の栄光を手にする事が出来るのか?!。フィギュア世界選手権、女子のSPは、浅田真央にとって再び試練のスタートとなった。今季の試合では一度もミスしていない自信のプログラムだったが、3回転×3回転の連続ジャンプ、3回転フリップの後のトウループがシングルになってしまった。その後のダブル・アクセルもいつもの高さが出ていない感じがした。フィニッシュの瞬間、真央スマイルは見られなかった。キッス&クライでは一旦笑顔が戻ったが、得点が出ると厳しい現実が、浅田の肩に重くのしかかった。
クリックすると元のサイズで表示します 連続ジャンプにミスが出た浅田。

一方、安藤美姫は、冒頭の3回転×3回転の連続ジャンプを成功させて、ノーミスの演技で67・98と、自己ベストを更新し好調さをPRした。フリーでは4回転サルコーを跳ぶのだろうか?昨季トリノオリンピック惨敗からの復活劇は、劇的だったとも言えよう。その努力の結果に、心から賛辞したいと思った。しかし、成績は2位で、SPの1位を獲ったのは、韓国の金ヨナだった。ヘルニアが悪化しているというニュース、公式練習初日に見せていた腰のテーピング…全てが嘘のように、各エレメンツにハイレベルなパフォーマンスを見せ、自己ベストを一気に5点以上も更新した、71・95の演技だった。以前、金の演技を観た時は、プログラム化されたサイボーグのように思えたが、表現力も加わって妖艶に進化していた。

3位にはカノンの曲に乗って優雅に滑り終え、やはり自己ベスト更新の、カロリーナ・コストナートが入り、4位のキミー・マイズナーも自己ベスト更新。SPプログラムは1位から4位まで全員が、自己ベストを更新するというハイレベルな戦いだった。結果は7位だったが、中野友加里も自己ベストを更新した。輝くような笑顔、女性らしくて綺麗だと思った。

満面の笑顔が素敵だった中野。 クリックすると元のサイズで表示します
(写真…2枚共、sports naviより)

実は、浅田真央の演技をTV観戦をする前に、インターネットで結果を知ってしまっていた。絶好調だった全日本選手権…今季の浅田は、各試合事に、好調と不調を交互に繰り返して来たので、嫌な予感がしていた。ネットで点数を見てジャンプに失敗があった…と悟った。襲ってくる脱力感に一瞬、TV観戦も止めたくなるような気持ちになったが「皆、選手は頑張っているんだ」、「本人が一番、苦しんでいるんだ」…応援している者として、しっかり観ようと元気付けた。浅田は、滑走後のインタビューで「明日頑張って200点を越す!」と宣言した。何といってもノーミスの演技をする為のライバルとは、自分自身で、あくまでも目標はベスト記録更新なのだ。

浅田のフリープログラムは、自己ベスト更新の為に、スピンやスパイラルにも更にレベルアップされていると聞いている。現在、女子選手の中でステップでレベル4を出した選手は、まだ誰も出ておらず、浅田は、レベル4獲得を目指してストレートライン・ステップを滑る予定だそうだが、もう何も恐れず攻撃的に滑って欲しい。結果はその後に着いて来る。浅田がフリーで自己ベストを更新する事が出来れば、10点以上のビハインドを逆転する事も不可能ではないはず…。例え僅かでも可能性が残っているならば諦めてはいけない。男子のランビエールが6位から3位に勝ち上がったように、何処まで上がって行くかを楽しみに…世紀の逆転劇に期待を賭けようと思った。明日も引き続き応援したいと思っている。

また同会場では22日に、女子で、世界で初めて国際試合でトリプルアクセルを成功させ、2004年に国際殿堂入りしていた伊藤みどりさんの表彰式が行われたという。当時の表彰式に、出席出来なかった為に改めて行われたそうだが、今VTRを観ても、あの高さのあるトリプルアクセルは圧巻である。

因みにトリプルアクセルを女子で跳んだ事のある現役選手は、ISU公認試合では、昨季、今季、合わせても中野友加里(2006年、GPシリーズカナダ)と浅田真央のみ。(キミー・マイズナーは2005年の国内選手権で跳んでいる)。4回転ジャンプは、2002年にGPJr.のファイナルで4回転サルコーを決めた安藤美姫、唯1人となっている。

更に、ステップでレベル4を獲得しているのは、昨季、トリノオリンピックのSP、FSでのエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)と、高橋大輔(NHK杯SP)、今季では、カナダのパトリック・チャン(NHK杯SP)と、高橋大輔(NHK杯、SP、FS、)のみだそうで、ステップでのレベル4獲得が如何に厳しいか!を表している。
(注※今季、世界選手権以前のデータ参照)(文中、伊藤みどりさん以外、敬称略)。

◎フリーの演技は24日の17時30分から21時20分まで行われる。しかし地上波(フジTV)での放送は、21時から。既に最終組の選手が、滑走を始めている時間からスタートするのである。この微妙な?時間差と、選手の演技前にCMを入れるべく編集されるので、録画も「J sports Plus」の生放送を(有料だが)録る事にした。


※「J sports Plus」とは、スカパー!、スカパー!110、ケーブルテレビ
を通じて観られる有料のスポーツチャンネル。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ