2007/4/22

対ヤンキース第1戦…No2 Red Soxのグリーンユニフォームと写真集  Boston Red Sox・MLB

4月20日…ボストン・レッドソックスが、ニューヨーク・ヤンキースとの今季初対決をした。この日は、4月12日に雨で流れたセレモニーとして、選手達はグリーンのユニフォームを着用した。これはボストンにあるバスケットのチーム、セルテックス(アイルランド系移民が多いボストン。サッカーのセルテック、音楽グループのケルテイック・ウーマンと同意)、のスーパースターで昨年10月に亡くなったレッド・アウエルバッハに敬意を込めたセレモニーだった。レッド・アウエルバッハは、監督、GM、チェアマンとして、セルテックのNBA黄金時代を率いたという。始球式は、同じくNBA殿堂入りのボブ・クーシーが行い、選手達は記念式典の一貫として、セルテックスのチームカラーでもある緑色のユニフォームを着た。更にそのユニフォームには、先日4月17日に起きたヴァージニア工科大学、銃乱射事件の犠牲者の人達への追悼の意を込め、「VT」の文字も縫い付けられた。
クリックすると元のサイズで表示します「METRO」1912年当時の写真と記事。
(写真はクリックで拡大)


このセレモニーが雨天で順延した為、4月20日に、偶然行われる事になったのだが、フェンウェイパーク付近で配布された無料新聞…「METRO GAMEDAY」によると、1912年の4月20日、フェンウェイ・パークで初めて行われた試合…Red SoxとNew York Highlanders (今のヤンキース)の対戦で、Red Soxが7−6で勝利していた。奇しくも95年後の同じ日、同じ対戦相手で、同じスコアそしてレッドソックスが勝利し、その内容も、今回と同じように波瀾万丈であったという。8回裏、ヤンキースの不動の守護神…1点を取る事さえ厳しく、時に「鬼」にも見えたマリアーノ・リベラから5点を取って逆転し、勝利するとは…。何か神掛りなものを感じざるを得なかった。また、1939年の4月20日は、テッド・ウイリアムズが、ヤンキースタジアムで初デビューした日でもあったという。

◎以下は、友人のPangさん達がフェンウェイパークで観戦し、撮影して来て貰った写真。
(クリックで拡大)
クリックすると元のサイズで表示します 「METRO」と同じ場所の写真。
過去レッドソックスに在籍し、殿堂入りした選手名の旗が掲げられている。

球場前の建物の半旗。 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますTシャツを売る屋台?
松坂のTシャツが3種類も!展示してあった。

超満員のスタンド。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します プレイボール…3階席から。

6回まで好投のペティット交代クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します リベラ登場…誰もが負けたと思った?

電光掲示板に写る岡島→クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ジーターへの一球目 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します ブルペンから見守るティムリン。

写真を提供してくれたPangさん。
クリックすると元のサイズで表示します
 
◎以下は、yahoo photoより↓
クリックすると元のサイズで表示しますA-ロットのHRを一旦グラブに入れるも、落球してしまったココ・クリスプ。

ブルペンへ落下したココ。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します ココはその悔しさ?をタイムリー3塁打で晴らし、同点に追いついた。その後、アレックス・コーラがヒットを打ち逆転した。

初セーブの岡島に抱きつくオーティス
クリックすると元のサイズで表示します 
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ