2007/6/6

スピンさんの欧州便りNo25…「ロマノフ王朝、夏の宮殿」T  スピンさんの欧州便り

ヴェルサイユ宮殿にも匹敵する宮殿を目指したロマノフ王朝の宮殿群…。その中でも、歴代ツアーリの中で2人だけ「大帝:The Great 」と呼ばれる
「ピョートルT世」と「エカテリーナU世」の名前を冠した「夏の宮殿」を紹介します。最初は「ピョートル大帝の夏の宮殿」、「ペトロヴァレッツ」からです。

ペトロヴァレッツ(ペトロホフ)は、サンクト・ペテルブルグの西約30Kmのフィンランド湾に面する場所です。ロマノフ王朝第5代ツァーリ(皇帝)ピョートルT世がこの地に宮殿建設を始めた事から、地名の「ペトロヴァレッツ」も「ピョートルの宮殿」と言う意味になります。その後、歴代の皇帝によって建設が進められ、ロシア革命後も保存されていましたが、第二次世界大戦の時にナチスドイツによって破壊され、金の装飾などは持ち去られてしまいます。戦後、ドイツの資金援助もあって修復れたのが今の姿です。新築に近い形で修復されているので、往時のロマノフ王朝の豪華な生活振りが窺えます。 (画像は全てクリックで拡大します)

クリックすると元のサイズで表示しますボリショイ・ド・ヴァレッツ(大宮殿)
とグランド・カスケード
※64の泉と約150の噴水、
255体のブロンズ像で構成される宮殿は噴水庭園としては世界一の規模。
配水管の総延長は22Kmにもなるそうです。
24Km離れた水源との高低差を利用して動力を必要としない省エネ設計。
これが完成した時代にはモーターもポンプもないから当たり前ですね。

左右の階段状のカスケードクリックすると元のサイズで表示します
※このカスケード(滝)にも金の装飾が施されています。↑

クリックすると元のサイズで表示します大宮殿のテラスから。
※運河の先はフィンランド湾、そしてバルト海です。

噴水の並木道。クリックすると元のサイズで表示します
※運河の幅は12m。その両側に合計22の噴水が配置されています。

クリックすると元のサイズで表示しますサムソンの噴水
※この場所は噴水が造られる以前は船着場で、
宮廷の貴族達が宮殿の真下まで、船を漕ぎ入れる事ができたそうです。

サムソンの噴水(拡大) クリックすると元のサイズで表示します
※対スウェーデンの戦勝を記念して造られたもので、
サムソンがロシアを、ライオンがスウェーデンを表しています。
サムソンの身長は3m、ライオンが吹き上げる水の高さは20mです。

クリックすると元のサイズで表示します トリトンの噴水
※これは海の怪獣と戦うトリトンの像。
この噴水に限らず庭園の至る所で虹を見る事ができます。
写真には、なかなか綺麗に写らなくて残念!

ニンフの泉 クリックすると元のサイズで表示します
※彫像の多くは、イタリアから輸入されたそうですが、
題材はギリシャ神話に基づくものが多いようです。

クリックすると元のサイズで表示します ネプチューンの泉
※ロシア海軍を創設したピョートルT世。
部下を助けるために真冬の海に飛び込んで、それが原因の肺炎で亡くなったそうです。
今も宮殿を見守るネプチューンは、ピョートルT世自身なのかも知れませんね。

アダムの噴水。クリックすると元のサイズで表示します
※イブの噴水と一対になっていて、この宮殿では最も古い噴水です。

クリックすると元のサイズで表示します 太陽の噴水

金色に輝くクーポラ クリックすると元のサイズで表示します
※ロシアの教会を見ると、この国が東洋と西洋の間にある事を感じさせます。

クリックすると元のサイズで表示しますロシア帝国のシンボル「双頭の鷲」

階段室  クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 階段を登って…。
※天井の縁や壁は、「トロンプルイユ:騙し絵」で描かれています。

ボール・ルーム(舞踏室)クリックすると元のサイズで表示します

「ロマノフ王朝、夏の宮殿」Uへと続く。by...spin. 
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ