2007/6/6

スピンさんの欧州便りNo25…「ロマノフ王朝、夏の宮殿」U  スピンさんの欧州便り

クリックすると元のサイズで表示します 玉座の間
★(画像は全てクリックで拡大します)

※肖像画はピョートル大帝ではなく、エカテリーナU世です。
(白馬に跨って、ちょっとほたるさんみたい)
 ←「とんでもない!」…ほたるの飛び入りひとり言。

玉座の間の窓とシャンデリア。クリックすると元のサイズで表示します
※赤いシェードと壁の色が女性的に感じます。
シャンデリアが少しくすんで見えるのは、カラーガラスを使っているからです。

クリックすると元のサイズで表示します青い内装のバンケットルーム。

白いバンケットルームクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します化粧台の置かれた部屋

音楽室か娯楽室 クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 中国風の寝室

※毎年5月下旬にサンクト・ペテルブルグの創立記念のお祭りがあって、
この日から「夏の宮殿」に水が引かれて噴水が見られるようになります。
そして、同じ頃から「白夜」が約2ヶ月間続きます。
9月を過ぎると噴水はまたお休み。
10月に入ると朝晩の気温が氷点下になるからです。ロシアの厳しい冬と夏の宮殿…。
次は「エカテリーナ宮殿」の写真と解説を送りますね。...by spin.
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ