2005/10/24

ホワイトソックス、さよなら勝ち!2連勝  Boston Red Sox・MLB

いやはや、凄い試合だった。勝負を決めたのは、ポドセドニックさよならホームラン。花火が上がり、球場の電光掲示板にはWhite Sox Winと、表示される。選手達は、まるで優勝したかのように喜んでいた。9回表でジェンクスが制球を乱した後、代打ビスカイーノのヒットで同点にされた時は、流れがアストロズに向いたかと思われた。それが一打で、覆されたのだ。振り返ればレッドソックスとのプレイオフでも、ポドセドニックはゴンザレスからスリーランを打っていた。

野球は、本当に最後まで判らない。だから観ている私達に感動をくれる。今日のシカゴは気温7℃、小雨も降っていた。体感温度はかなり低いだろう。USセルラー・フィールドの観客は防寒具を纏っていても、相当寒そうだった。その観客の寒さに追い討ちをかけるように、試合の流れもアストロズだった。しかし7回裏、満塁になったところで、眠っていた主砲が火を吹いた。コネリコの満塁ホームランで逆転したのである。その後、アストロズも同点に追いつく。その時点で私は、アストロズが勝ち、今日のヒーローはs同点に追いつくヒットを打った、ビスカイーノになるかと、思っていた。ビスカイーノの、ヒットを打った後の守備に着く時、帽子を被るのを忘れて、飛び出した姿も、とても他人事には思えず、共感をもった。しかし、、、
                 。。。ホワイトソックスは今日も強かった。。。

ワールドシリーズでの、地元で連勝スタートを切ったチームの優勝確率は、約85%だそうだ。過去の記録上では、地元での初戦と2戦目を連勝しながら優勝できなかったのは、1981年のニューヨーク・ヤンキースが最後。その後は、昨年のレッドソックスを含め、10回連続でシリーズ制覇を成し遂げている。 アストロズは地元ミニッツメイド・パークに帰省して、その確率を覆す事ができるだろうか?。。

因みに、ホワイトソックスの名前は、レッドソックスレッドストッキングスだった頃、その名前に対抗して、ホワイトストッキングスと呼ばれていた事が由来し、リーグ加盟時に短縮してホワイトソックスになったという。父の「赤組・白組説」も、当たらずとも遠からずで、まんざらではないよう?だ。。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ