2007/11/1

レッドソックス優勝パレード…「Rolling Rally」  Boston Red Sox・MLB

レッドソックスの優勝パレードは、試合の興奮覚めやらぬ、現地時間の30日に開催された。2004年のパレードが優勝決定から3日後だった…のだから、かなり早い日程である。このパレードに、もし日本から駆けつけよう…と思い立ったファンがいても、自家用ジェット機を持っている人か、チャーター機を飛ばせる人か、或いは『どこでもドア』を持っているドラエモンと知り合いでない限り、不可能な日程だった。ボストンに住んでいる私の知人でさえ、会議等の予定が入っていて出向く事は無理だと聞き、ボストンに居ても観られないのだから…と私は自らを慰めた。そんな急な日程で平日だったというにも関わらず、沿道には延べ100万人のファンが詰め掛けた。ニュースでその映像を観たが、いかにも学生というファンも多くいた。ボストンでは、市内の公立小学校に『レッドソックスデー』という日を設け、好きな選手のユニフォームを着ていく日…がある程に、地域に根付くフランチャイス体制を取っている。よってこの日は学校を欠席しても「おとがめなし?」…だったのかもしれない。
     
クリックすると元のサイズで表示しますパークストリート教会前のパレード

選手達が乗った「ダック・ボート」は、第二次世界大戦中に使用した海からの上陸用艇(映画『プライベート・ライアン』のノルマンデイ上陸シーンに登場する)を改造した水陸両用車で「ダックツアー」という、ボストンで1番人気の観光ツアーに使用されている。私も乗った事があるが、ボストンの史跡をめぐった後、チャールズリバーの川原に下り、水に入った途端ボートに変身して川下りをする。運転手さんが解説係りで、私が乗った時は、名所旧跡の説明をしながらマジックなども披露してくれ、とっても楽しいツアーだった。この「ダック・ボート」は、観光シーズン(6〜7月)ともなると、市内の至る所で走っている姿を目にする事が多く、ボストンの夏の風物詩の1つとも言えよう。
ダックツアーで川に入ったボートクリックすると元のサイズで表示します
(2006年9月撮影)

幸か不幸か、岡島は唯一台、パペルボンダンス用に?用意されたトレーラーに、レッドソックス、公認バンド『ドロップ・キック・マァフィーズ』と、ブルペンのリーダー、マイク・ティムリンらと共に同乗した為「ダック・ボート」に乗る事は出来なかった。そればかりか、パペルボンのアドリブで、3人が一緒にダンスを踊るというサプライズまで飛び出し、ファンを熱狂させた。(岡島が一番驚いていたように思えた)。

クリックすると元のサイズで表示しますドロップキックマァフィーズとパペルボン
…岡島は密かに黄色い耳栓を…


※「You Tubu」のパペルボンダンス。(後半に注目!ティムリン、岡島も踊らされて?いる)
http://jp.youtube.com/watch?v=SxIBml2byoo

2004年の優勝時は選手達を乗せたまま「ダック・ボート」ならではの、チャールズリバーにも入り込み、ファンが川岸からも見られるようなコースを組むという演出もあったが、川に飛び込むファンが続出したため、今回は安全性を最優先として、道路のみ使用のパレードとなった。そのコースは、フェンウェイパークを出発して、レンガ造りの古い街並み…バックベイを抜け、プルデンシャルセンター(フェンウェイパークから見えるビル)やコプリープラザのある街の中心街…ボイルストン通りを抜け、ボストンコモン(アメリカ最古の公園)のあるダウンタウンに入って、奴隷制度廃止演説が初めて行われた…パークストリート教会を左折、ボストン市役所等があるガバメントセンター前を通って、地下鉄のブルーライン終点(ボウドイン)辺りが終点だった(以下の地図参照)。パレードは、そのコースを約2時間かけての行程だったという。

コースの地図…(クリックで拡大)クリックすると元のサイズで表示します

※以下に、Yahoo photoより引用した写真と、知人が撮った写真を掲載する。

クリックすると元のサイズで表示します選手を乗せた「ダック・ボート」とファン

MVP受賞のローウェルクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します手を振るレスターと松坂。

バリテックとミラベリの捕手コンビクリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します投げる為のサインボールを受け取る
ラミレスとタバレス

ボストンコモン前の沿道…クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますトロフィを抱えるオルティーズ

キルティ、エルズベリー、ドリュー。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します手を振る岡島(この時は余裕の表情)

パペルボンの餌食?に…。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します 箒をギター代わりにノリノリ…
パペルボンとティムリン。

窓にはベケットのポスター。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますフェンウェイ近くのランドマークタワー

国旗の下にレッドソックスの旗。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します岡島達の乗ったトレーラー(奥)

トロフィの看板にズーム。クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますボストン名物?騎馬警官。

……夢のあと…。
  クリックすると元のサイズで表示します
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/11/6  13:48

 




2007/11/6  2:18

 

雨のボストンの主要撮影場所のダウンタウンを紹介していきながら
たまに、バブソンカレッジやボストン美術館などを織り交ぜて
アップしていきたいと思います。

私が今アメリカにいるんだな〜と感じた一つに日本... 



AutoPage最新お知らせ