2007/11/20

ボストン美術館No2…ビゲローコレクション(北斎、豊国他)  ボストンの思い出

ボストン美術館で開催中の特別展…ビゲローコレクション、「江戸の誘惑」(Drama and Desaia)は、連日多くの人が訪れており、週末は特に混み合っているという。幻のコレクションとまで呼ばれていた、ビゲローコレクション…私は、葛飾北斎の肉筆をそして、浮世絵をじっくり見てみたいと思い立ち、木枯らしが吹き始めた平日の寒い午後、再びボストン美術館を訪れた。美術館に着いた私は、名古屋ボストン美術館の会員証を提示し、無料チケットを手にすると、真っ直ぐに「江戸の誘惑」(Drama and Desaia)コーナーへと向かった。カメラを片手に急ぎ足で歩く私の姿から、何人かの人に報道関係の人と間違えられたり、道順を聞かれたりした。いつもの事ながら方向感覚だけは悪くない私は、黙って歩いていると地元に住んでいるように見えるらしい。以下「江戸の誘惑」(drama and Desire)に展示されていた作品の写真を一部掲載する。
(写真はクリックで全て拡大)
クリックすると元のサイズで表示します「Drama and Desaia」の垂れ幕

★「鳳凰図屏風」(phoenix)葛飾北斎(1835)
金箔の背景に鳳凰を描いた華麗な作風の屏風で、その色鮮やかさは、北斎の色彩感覚の鋭さを表している。北斎芸術が集約された傑作作品だと言える。
クリックすると元のサイズで表示します

「鳳凰図屏風」中央拡大クリックすると元のサイズで表示します

★「鏡面美人図」葛飾北斎(1805)
江戸時代の女性の後姿を描いた作品。黒塗りの蒔絵らしい鏡台に姿を写して髪の結い上げ具合を確かめている。この女性の立ち姿…腰を前に出して弓なりのように身を反らした形に描く技法は北斎特有のものだという。着物の柄、髪の毛など詳細に美しく描かれている。
クリックすると元のサイズで表示します

「鏡面美人図」拡大写真クリックすると元のサイズで表示します

★「薪を運ぶ大原女」葛飾北斎(1804〜1818)
クリックすると元のサイズで表示します

大原女の拡大写真クリックすると元のサイズで表示します

★「提灯絵 龍蛇」葛飾北斎(1804〜1818)
「提灯絵 龍虎」と共に提灯に墨で描かれた迫力ある作品。
クリックすると元のサイズで表示します

★「三代目中村歌右衛門」歌川豊信(1812 )
三代目中村歌右衛門は、初代歌右衛門の実子で「梅玉歌右衛門」とも呼ばれていた。 三代歌右衛門は、敵役・立役・女形をも見事に演じる「兼ル役者」として絶大な人気を誇り、文字通りの千両役者であった。通常、女形を演じる役者は幼少より女性らしく振る舞う努力を積み重ねて、やっと一人前になると言われているが、三代目は男らしくも、女らしくも演じきった。この絵は、歌右衛門が江戸から上方へ上がる時、熱烈なファン1人が豊国に依頼して、その面影を写させた作品だろう…と推測されている。
クリックすると元のサイズで表示します

★「芝居町・遊里図屏風」菱川師宣(1684〜1704)
浮世絵の開祖とも言われ、『見返り美人』で有名な菱川師宣の、数少ない肉筆の代表作。江戸の「芝居小屋」と「遊郭」を、六曲屏風の左右に描き分けられている。
クリックすると元のサイズで表示します

「芝居町・遊里図屏風」一部拡大
クリックすると元のサイズで表示します

◎私はプレスさんと間違えられたのか?全く注意を受けなかったのですが、
特別展だけは、撮影禁止だそうですので、悪しからずご了承下さい。

※トラックバックはボストン美術館No1…葛飾北斎の肉筆…ビゲローコレクションより 
(ウイリアムス・スターシス・ビゲローについてと北斎の肉筆画)
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2007/11/20  15:06

 

ボストンを訪れる度に、必ず1度は足を運んで来たボストン美術館…。私は勿論、モネを始めとする印象派の絵を間近で眺められるのも、1つの楽しみではあったが、ボストン美術館に所蔵されている膨大な日本の美術 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ