2007/12/10

ボストン市内のイルミネーションとハッサム(ボストンコモン)の絵  ボストンの思い出

12月に入ってからのボストンは、連日氷点下の寒い日が続いていて、量こそ多くはないが降った雪も溶けないままとなっている。特に9日は1日中曇っていて空は灰色だった。それでも街中は、ホリディシーズンとなって彼方此方にリースやツリー等が飾られ、イルミネーションが光っている。晩秋のボストンに訪れて約1ヶ月も、あっという間に過ぎ、間もなく帰国の途に着こうとしている。今日は、滞在中にボストン市内で撮影した、ツリーやイルミネーションの写真を掲載しようと思う。
(写真は、全てクリックで拡大します)
クリックすると元のサイズで表示しますボストン美術館、ロトンダの階段

階段のサイドと降りる人達クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますロトンダ吹き抜けの飾り付け

ツリーのオーナメント→↓クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

リッチミアのギャラリア内クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します同、マックショップのウィンドウ
(サンタの人形が大人気のアイフォンを持っている)

※以下は、ボストンコモンとボストンコモン付近

ボストンコモンは、街の中心街、ダウンタウンの中央にある。1634年、牛の放牧場や練兵場として設置されたが、その後、市民の集会や演説(マーティン・ルーサー・キング、ヨハネ・パウロ2世ら)に…使用された事から「COMMON(共有地)」と呼ばれるようになった。全米で最古の公園として知られ、総面積は20.2万m²で、ボストン・パブリック・ガーデンと隣接しており、現在では市民の憩いの場となっている(冬期は、ボストンコモン内のフロッグ池がアイススケート場となる)。
クリックすると元のサイズで表示します高さ15メートル?天然木のツリー

パークストリート教会クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します噴水から州会議事堂を臨んで…
(↑是非、クリックで拡大して下さい。ほたるのお気に入り写真です)。

ダウンタウンへの路地を…クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示しますトレモント通り沿いの歩道

歩道をズームアップで…。クリックすると元のサイズで表示します

※以下は、ボストン美術館所蔵、フレデリック・チャイルド・ハッサム
「Boston Common At Twilight 」(黄昏のボストン・コモン)1885〜1886年作
クリックすると元のサイズで表示します

拡大写真(部分)
 クリックすると元のサイズで表示します

「Boston Common At Twilight 」は、120年以上前に描かれた作品であるが、ボストンコモンに面した、トレモント通りを走っている乗り物や人々の服装以外は、現在もその光景が、ほぼそのまま残っている。絵の中にスズメと戯れる少女が描かれているが、毛皮が袖についたお洒落なコートを着た可愛いその姿は、育ちが良く、未来の貴婦人を連想させる。雪をまとったボストンコモンの景観は、むしろ今も、こんな少女に居て欲しいような雰囲気を漂わせている。尚、印象派の影響を受け、サージェントを敬愛したというアメリカの画家…ハッサムについては、後日改めて詳しく記載したいと思っている。

1



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ