2008/2/17

浅田真央、四大陸選手権優勝!(新採点法に苦しんだ今季)  フィギュアスケートと浅田真央選手

韓国、高揚で行われたフィギュアスケート4大陸選手権は、最終日を迎え女子シングルのフリー演技が行われた。結果、浅田真央が、プログラムの冒頭に組み込まれたトリプルアクセルを成功させ、193.25点で初優勝した。2年ぶりに4回転サルコーに挑んだ安藤美姫は、2回転で抜けてしまい、コンビネーションジャンプにもミスが出て3位と後退、2位には、カナダのジョアニー・ロシェットが入った。
クリックすると元のサイズで表示します暖色(ワイン色)のウエアで臨んだ。

4大陸選手権とは、ヨーロッパ選手権に対し、ヨーロッパ大陸以外の、即ち…アフリカ大陸、アジア大陸、アメリカ大陸、オーストラリア大陸の代表選手達が、世界選手権の前に集う大会で、1999年から始まったが、一昨年等は特に、オリンピックイヤーということで、各国内選手権の上位以外の選手らが出場していたりして、世界選手権に次ぐ国際大会という権威あるイメージには、程遠かった。しかし今季になって、浅田真央、安藤美姫、そして結果的には欠場となったが、グランプリファイナルの覇者、金ヨナらの参戦も報道され、一段とクローズアップされて来ており、(ヨーロッパ選手は不在だが)事実上、世界選手権の前哨戦とも言えよう。

浅田真央は、初めて四つの大陸に於けるチャンピオンになったのだが、トリプルアクセルを決めたものの、完璧な演技とは言えなかった。それは得点を見ると顕著に現れている。金ヨナが戻ってくる1ヶ月後の世界選手権(スウェーデン・イエテボリ)では、やはり200点を越えなければ、優勝するのが厳しいと思われる。ところで、浅田真央の得点が伸びない理由には、今季から取り入れられている新ルールにも一因がある。それは、ルッツジャンプとフリップジャンプの踏み切りのエッジが、中か外かを厳密に審査され、昨季までGEOで+が着く等…高得点を出していた、ルッツジャンプでインサイド踏み切りをして「不正なエッジ(wrong edge)」の減点が、されるようになったからである。
ジャンプの種類とその得点表→クリックすると元のサイズで表示します
◎試合では、この基礎点(点数)を素に、
その出来により各ジャッジの判定の平均値を加減し、+3から、−3点の7段階で評価される。
例えば3回転のルッツの場合、基礎点が6.0点に評価が最高なら、3点が足され9.0点となる。


そもそも、この新採点法は、似通った2つのジャンプ…ルッツ(アウトサイド踏み切り)、フリップ(インサイド踏み切り)を厳しく判断して、減点するようなったもので、例えばルッツの申請で、インサイドで踏み切ったから、単純にフリップを跳んだ事にすれば良いのでは?という訳には行かない。フィギュアスケートでは、プログラムの中にジャンプの回数が決められていて、例えば女子フリーでは、3回転以上のジャンプは2種類のみ繰り返し可能とされており、インサイドエッジで踏み切る癖のある選手が、3回転フリップを2度跳んだ後、3回転ルッツのつもりで跳んだジャンプがフリップとなった場合に、そのジャンプが無効とされてしまう(カヤックルール)からである。フィギュアスケートでは、審査員(ジャッジ)の他にテクニカル・スペシャリストがいて、踏み切りエッジが疑わしい場合、回転不足等と同様、ビデオモニターで再チェックし判定をしているという。

浅田真央は、ルッツジャンプを、インサイドエッジで踏み切る癖が着いているようで、このルール対策として、グランプリシリーズでは、ルッツジャンプの前にステップを入れる等、工夫をして来たが、反って意識し過ぎてしまい、ステップで躓いてジャンプ自体が跳べず、ショートプログラム規定の必須要素をこなせなかった、という苦い結果もあった。よって浅田真央は、身についてしまっている習慣(癖)を急に変更しようとして、ジャンプを失敗してしまうより、踏み切りの減点を覚悟の上で、質の高いジャンプを跳び、マイナスを低く抑えよう…という作戦に変更したと思われる。例えば3回転ルッツの場合、基礎点は6.0で、不正踏切で1点減点されても、5点は取れるからである。因みにジャンプの際のエッジのインとアウトの踏み切り方は、お箸を持ったりする利き腕とよく似ており、大人になってからの修正は、箸を持つ手を変えるくらい難しいらしい。

この新採点法、選手によってはジャンプのタイミングが速く、不正エッジを見つけ難かったり、ジャンプの準備動作で正しいエッジ方向に乗っていても、直前に逆エッジになる選手がいたりして、その判断も大変難しいという。採点競技では、過去にも物議を醸し出して来たが、ジャッジによって、得点の出方に微妙な違いが出る事は否めない。しかし、浅田真央は、この新採点法に悩みながら、ジャンプ以外の要素でも、レベルアップを図って来ている。今大会のフリーの演技中、私は素人だが「お見事!」と、思わず叫んでしまった「トリプルアクセル」の成功を観て、新採点法に苦しんで来た柵から、吹っ切れたような清々しさを感じた。世界選手権も優勝を期待して応援したいと思っている。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ