2005/10/27

オルティース、ハンク・アーロン賞、受賞  Boston Red Sox・MLB

2005年のハンクアーロン賞の発表があり、アリーグからは、昨年のマニー・ラミレスに続き、レッドソックスから選出された。我らが、ビックパピーこと、デビッド・オルティースである。オルティースは、今期、ホームラン王こそ、逃したものの、打点王に輝いている。ナリーグは、アトランタ・ブレーブスのアンドルー・ジョーンズであった。ハンクアーロン賞は、その年の最優秀打者に与えられる。放送関係者投票や、インターネット投票等により選出される。この賞は、ハンク・アーロンが、ベーブ・ルース本塁打記録を塗り替えてから25周年を記念して1999年に創設した。今年はインターネットの投票で決められたそうだが、オルティースは、最終選考に残った6名中、42%からの圧倒的支持を得ての受賞だった。しかも、オルティースは、ポストシーズンに入り、球団側から、レッドソックスの歴史的「The greatest clutch hitter」の称号の盾も、授与されていた。
     「Mr. Clutch オルティース」 ハンク・アーロン賞、受賞、おめでとう! !

ハンク・アーロン賞といえば、本日、ハンク・アーロン本人が、ミニッツメイド・パークの観客席に姿を見せていた。ハンク・アーロンも見守る中、今日は、ラテンアメリカデイだったらしく、ワールドシリーズ、第4戦の試合開始前のセレモニーとして、「ラテン・レジェンドチーム」と称し、メジャーリーグの球史に残るラテンアメリカ出身プレーヤー・ベスト9の、発表もあった。こういうイベントは観ていていて、とても楽しいものであった。参加者は、エドガー・マルチネス。パレン・ズエラ。ロッド・クリュー。ルイスロベルト・クレメンテ(子息が登場)。イワン・ロドリゲス。アレックス・ロドリゲス等の錚々たるメンバーが、コールされた。そして、ピッチャーの部門では、ペドロ・マルチネスが、選ばれていた。昨年までのレッドソックスでの活躍ぶりが目に浮かび、そして、同じドミニカ共和国出身の、ラミレス、オルティースらとの、パフォーマンス姿も懐かく思い出した。しかし、選出された皆様が、礼装のダークスーツに身を包む中、ぺドロは、只一人、ゴールドイエローとでも言うべきか、派手なスーツで現れた。正に「成金兄ちゃん姿」に見えた。更に歩く姿は、下町の玉三郎、梅沢富美男の「歌謡ショー姿」にも、見えてしまったのは、私だけだったろうか?!マイクを片手に1曲、歌ってくれるのかと、思ったりした。
               とにかく、ぺドロも、おめでとう!

◎補足 ラテンアメリカ・ベスト9
外野手の部門で、レッドソックスマニー・ラミレスも、選ばれていました。今日、会場には、姿を見せなかったラミレス。やはり、マスコミは好きじゃないのかな?だけど、スーツ姿を見せて欲しかったです。
         ラミちゃん、それでも、やっぱり、おめでとう!!
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2006/10/13  23:47

 

メジャーのアメリカンリーグ、ナショナルリーグ共に、リーグチャンピオンシップの試合の最中であるが、今季、各タイトルを獲った選手達を(独断と偏見で)、フェンウェイ球場で撮影した写真と共に、それぞれ書い 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ