2005/11/8

着物(和服)のTPOと種類 その2  着物の着付関係(和服)

クリックすると元のサイズで表示します
T  和服に於けるタイム(T)は、時間という意味ではありません。洋服のように、昼はカクテルドレス・夜はイブニングドレス・という時間の区分けは無いのです。しかし、このTは季節という意味と解釈すると、しっかりとした決まりがあります。12ヶ月の月に分ければ、10月〜5月までは袷(あわせ)仕立ての着物。7月〜8月は薄物の素材(絽・紗等)。6月、9月は単(ひとえ)に決められています。また、それぞれ素材に合わせた小物も必要になります。少し早めとする事が”洒落”と言えます。
クリックすると元のサイズで表示します
P・O 場所には、しっかりとした仕来たりがあります。目的・場所が一体になっている事が多く、式と名のつく式典への出席は、招待側も列席側も、相手に対して敬意を表する意味と、格調を大切にします。また、個人のパーティ・旅行・観劇等は、着る人自身の個性を大切にして選ぶよう心がけます。同じ着物でも、相手に敬意を表して着る場合は、格調高く、オーソドックスに。本人の個性が生かせる場所では、思い切りファッショナブルなコーディネイトしたいものです。
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ