2005/12/13

しゃぶしゃぶの美味しい店(しゃぶ禅)  ボストンでのお薦めのお店

ボストンのチャイナタウンに、しゃぶしゃぶのお店がある。私はいつも地下鉄に乗って出かけている。中央にある広いカウンター席は、1人用の鍋なので、友達と行っても「取り合い」をしなくて済む。アメリカ人の中にはドイツ系の人とか、他人と鍋をつつく習慣がなく、嫌がる人もいるので、1人ずつの鍋だと安心である。カウンターの他にボックス席もあるので、ご家族連れは、其方の席でわいわいと、鍋をつつくのも、また楽しいだろう。

オーナーのDavid Wongさんは、Fedexにお勤めだった頃、14年間、日本に住んでおられた。台湾にも居られた事があり、アジア各地の鍋の良い所を抜粋して、このしゃぶしゃぶのシステムになさったという。しゃぶしゃぶ用のだし汁は、チキンブロスを素にしたオリジナルで、スープだけでも、とても美味しい。帰国前の週末、慌しかったが、私は『絶対食べて帰る』とばかりに意気込んで、友達と2人で出かけた。

クリックすると元のサイズで表示します しゃぶ禅の外観

お店に着くと、夜の10時近かったにも関らず、お店は活気に満ちていた。Davidさん自ら出てきて下さり、席に案内して頂いた。いつものA−1(Finest USDA Prime Rib Eye of Beef - $18.95)を注文、ご飯か、うどんかを選択するのだが、私はうどんにした。そして、ドリンクは、これも私の定番、西瓜のスムージィー($3.50 )友達はハニードゥというメロンのスムージィー($3.50) を注文した。

スムージィー。フレッシュで美味しい クリックすると元のサイズで表示します

私達は、タレをポン酢とゴマダレ(セサミソース)に変えてもらい、薬味はニンニク(ガーリック)と葱(スカリオン)を用意してもらった。元々用意されているタレは、しょう油ベースのソースで、好みによっては、そのままが良い人もいる。まず、野菜が用意された。季節によって若干の変化はあるが、白菜、椎茸、エノキ、コーン、豆腐等が入っている。また、トマトが一切れ入っているが、これがまた、出汁にもなるし、温トマトになって、食べるとまた美味しいのだ。

クリックすると元のサイズで表示します 鍋の周りに並んだ霜降り肉と野菜等

メインのビーフだが、注文してから、丁寧にスライスされて出てくる。アメリカのビーフは、USDA(米国農協)の審査によって、3つのグレードに分かれており、その中でも最高のPrime Rib Eyeは、その辺のスーパーでは手に入らないそうだ。味は和牛には劣るが、それでも充分美過ぎる程美味しい。お湯に通すとさっと縮れて、タレに浸けるとタレを包み込む。しゃぶ禅では、神戸牛(三島)$38も用意しているそうだが、A-1で充分だと私は思う。

沸騰したスープにさっとくぐらせる  クリックすると元のサイズで表示します 

お肉は、とても美味しかったので追加して食べた。野菜を食べた後、残ったスープをスプーンで5杯くらい器に取り、塩とブラックペッパーで味付けをして、うどんのスープにする。出汁が出ていて、スープだけで、お腹が許す限り何杯でも、飲めてしまう。そしてデザートには、「ぜんざい」という冷たい小豆スープが出てくる。この「ぜんざい」も甘すぎず美味しいと思う。

クリックすると元のサイズで表示します 店内にある青い目の招き猫。よく見るとドルを招き、手も「カモーン」と反対を向いている。因みにこの「ドル招き猫」は、愛知県生まれである。

他にも海鮮鍋、鳥鍋、キムチ鍋、お肉も豚ロースも用意されている。夕方7時〜8時台は、満員で必ず人が大勢並んでいるが、回転は早いので、そんなに待つ事はないと思う。原則として予約は無しでOKだが、大勢でのパーティ等に利用する場合は、電話予約を入れた方が安心だ。

クリックすると元のサイズで表示します オーナーのDavid Wongさん

お腹が一杯になり、満足してチェックをすると、Davidさんが来て下さった。腰の低い方で、丁寧に見送って頂いた。外は氷点下と冷え込んでいたが、お腹が一杯で暖かい気持ちになり、帰路についた。満足、満足。。ご馳走様でした。。

  ◎しゃぶ禅
16 Tyler St., Boston,MA
   (617) 292-8828
11:30am〜11pm(日〜水)
11:30am〜12pm(木金土)

  ○Shabu-zen HP
http://www.shabuzen.com/

☆余談
アメリカの西瓜は大きくて、安くて、種がない種類もあり(俵のような形をしている)とっても甘い。見かけは、甘い感じがしなくて、購買欲は沸いて来ないが、食べてみると、美味しくてびっくりする。ハニードゥというメロンも、あっさりしていて甘過ぎず、とても美味しい。果物はオレンジを始め、バナナは勿論、ぶどうも林檎も、種類が豊富で、安く手に入る。
0

2005/11/30

Sushi Net テイクアウトのお寿司屋さん  ボストンでのお薦めのお店

ボストンのロングウッドにあるギャラリア内に、「Sushi Net」というTakeout専用の御寿司屋さんがある。日本人は元より、アメリカ人に好評のこのお店は、私も利用しているが、アメリカ(ボストン?)ならではの、創作寿司がお値打ちに食べられて、とても美味しく嬉しい限りである。メニューには、他のお店でも食べられる「スパイシーツナ」や「ネギハマ」以外に、このお店のオリジナル寿司も色何種類かあって、選ぶ時に、迷うのもまた楽しみの一つだ。

クリックすると元のサイズで表示します ギャラリアの一角にあるお店。      昼食の時間帯は、かなりのお客さんが並んでいる

以下、お気に入りメニュー。
☆CRISPY MAG MAG
マグロ、ハマチ、ネギ、飛び子、天かす等、をスパイシーソースでアレンジしてある。
天かすの香ばしさとマグロの味が微妙にマッチして、美味しい。 8ピース 9ドル

クリックすると元のサイズで表示します

☆LONGWOOD ROLL
ロブスター、飛び子、アボガド、海老、トマトを醤油で味付けし、パルメザンチーズをまぶしてある。素材も豪華でその贅沢感が嬉しい。 8ピース 9ドル50セント

クリックすると元のサイズで表示します

また、このお店は、様々なパーティ用にも、予算に合わせて作ってくれるので、詳しくはSusumuさん宛へ、電話するといい。とても親切な方なので、色々と相談に乗って頂けると思う。
Tel 617-731-0046 営業時間 10:00AM〜6:30PM(土・日定休)
0

2005/11/24

寿司懐石 お任せコース in Boston 「Misono」  ボストンでのお薦めのお店

昨夜11月23日、ボストン市内から車で20分程のチェスナットヒルという所にある「Misono」という和食のお店へ4人で行った。その店にOさんという寿司シェフが就職なさったからだ。Oさんは、ボストンでは貴重な日本で修行なさった本格的な寿司食人さんである。以前ケープコッドのお店においでになり、私はOさんの御寿司を食べたさに、出向いていたくらいだった。私はグルメとは程遠いが、日本の寿司職人の腕と、アメリカの食材の良い所を融合させたOさんの御寿司は、日本で食べられない味で、ボストンに来ると食べられると、とても楽しみにしていた。

お店は、テナントの中に有り、駐車場も広く、開放的な雰囲気だった。経営者は韓国の方だそうだ。中に入ると、一番奥の寿司バーでOさんが、手を振って出迎えてくれた。私はぺリエ(アルコールは飲めない為)を注文し「お任せコース、寿司懐石」を注文した。Oさんの御寿司を食べるのは1年ぶりだった。何だかわくわくしていた。まず、前菜としてサラダがでた。Oさんオリジナルのドレッシングが、さっぱりしている。アメリカで食べるサラダは、こってり系が多く、また野菜もシャリシャリ感が少ない。この前菜としてのサラダは、レタス、パプリカ、きゅうり、全て歯ごたえがあってとても美味しく、更に上に乗った青紫蘇が、良い香りを放っていて食欲をそそった。

以下、出して貰った料理。

1 サラダ
2 あん肝
3 平目のお刺身
4 サーモンの皮巻き(蒸した物)
5 マグロ、ハマチ、アボガドを和えたもの

以下 御寿司
6 ぼたん海老(握り)
7 マグロのとろ イカ(握り)
8 うに(軍艦巻き)
9 あん肝(巻き物) 
10 海老とホタテの飛び子巻き

☆主な料理の写真(御寿司は2人前)

クリックすると元のサイズで表示します あん肝 ランプフィッシュの卵乗せ     特製ソース

クリックすると元のサイズで表示します サーモンの皮を巻いた蒸し物

クリックすると元のサイズで表示します 握り寿司 ぼたん海老

クリックすると元のサイズで表示します マグロのとろ イカ(湯引済み)      (青紫蘇と梅肉挟み) 

クリックすると元のサイズで表示します うに軍艦巻き

クリックすると元のサイズで表示します 巻物あん肝
         食紅で染めた大豆ペーパーで巻いてある

クリックすると元のサイズで表示します極上に美味しかった。生きていて良かったと、大満足で帰宅し眠りについた。
尚、近々Oさんの提案で、器も有田焼(香蘭社)に変更されるという。白磁の器に変わり、Oさんの料理が、更に引き立つのを、とても楽しみにしている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ