2006/9/30  22:19 | 投稿者: musicaikko

先日「最近クラシックの演奏会に足を運ぶ方がちょっとだけ増えたような気がする」と書きました。以前から思ってたんですが、もしそれまでクラシックに興味がなかった人が人生の途中でクラシックを聴きたいと思うようになることがあるなら、それは生音を新鮮だと感じ、生音のよさがわかって生音で癒されたいと望んだ時ではないかと。事実私の周りの何人かはそうなんではと思われます。
実は私はこの歳になるまで何十年も生音でやってきたため、時々生音に飽きることがあります。というか私は歌を歌いますしピアノも弾くので「ピアノ&歌の演奏形態」に新鮮味を感じづらくなっているのかも知れません。そして主人は吹奏楽団体の指揮をしますし、長女はつい一ヶ月前まで高校の吹奏楽部員でしたので、管楽器もとても身近です。ですから演奏形態の中で今でもかなり新鮮な魅力を感じるのが弦楽器の室内楽やオーケストラなんですが、質の高いそれらを生で聴く機会は地方都市ではなかなかありませんよね?ましてや共演の機会なんて!ということで、最近はデジタルピアノでデータを作って歌の伴奏にしたりしてるんですが(擬似的ですがいろいろな音とのアンサンブルが可能なので)、これに対してはいろいろな声を聞きます。
「曲によってはデータを使った方がいいです」という声もありますし、「とにかく生の方がいいです」という声もあります。データはともするとカラオケっぽくなる危険を孕んでいますし、よほどよい機材で素晴らしい才能の持ち主が作らない限り「癒される」ところまではいかないでしょうね。またほとんどがピアノとの共演となる声楽の演奏では、最初からピアノとのアンサンブルのために書かれた歌曲ではないもの=オペラ・オラトリオのアリアや重唱などを歌う場合ピアノという楽器の持つ限界(例えば単音ではクレッシェンドができないとか、それに関連して歌や弦楽器のようには旋律を歌わせることができないとか、当たり前ですがピアノ1台ではピアノの音色しかしないとか)を感じることがあります(そう感じるのは私だけでしょうか?)。
と書きつつも、ではもうピアノの伴奏で歌いたくないのかというと、まったくそうではなく、素晴らしいピアニストとの共演はやはりこの上ない喜びを感じます。大好きな人達に登場したDご夫妻やS先生、合田さんらは素晴らしい演奏者なので、1足す1は3にも4にもなる幸せを感じますね。
さて私は今後どんな演奏をしていったらよいのでしょうか?
0

2006/9/28  22:18 | 投稿者: musicaikko

前の「ステージと人生」で、「ステージは非日常の世界であると同時にゆがんだ世界でないほうがいい」と書きました。これはステージだけじゃなくて、ドラマ・映画・小説・漫画・アニメなど様々な芸術に言えますよね?すべてが嘘っぱちではしらけてしまいます。時代物なのに登場人物の内面は自分とかなり重なっているとか、逆にどこにでもある街の風景の中でとんでもなく不思議なことが起こるとか、学校という誰でも知っている場所にいる一学生が頭の中では誰にも理解し難いことを考えているとか(あ、これは現実社会でもありますね^^;)。芸術はある種の拠り所があったほうが安心して受け入れられるのではと思ったりします。で、最大公約数的に理解可能かつドラマティックなのが[男と女=恋愛]だったりして。「歌は100のうち99がLOVE SONG」だというのもうなずける?と言うわけでステージには出来るだけ両性がいて切り取られた空間とわずかな時間の中だけのドラマがあるとよいかなと思ったわけです。例えそれがソナタ○番とか、ヴォカリーズとか内容的に恋愛と関係ない楽曲であっても。皆さんのご意見が伺いたいですね。
なーんてこれを書いている間に一つコンサートの話がまとまりました!10月22日(日)モネコンサート、クラリネットの貴公子石川幸司君とします。詳細は後日!
0

2006/9/27  21:55 | 投稿者: musicaikko

私は、最近日本で増えた「にわかジョニー・デップファン」の一人です。彼に注目しだしたのは『パイレーツ・オブ・カリビアン』からですから全然由緒正しいファンではありません^^;
でも、素敵ですごいですよねえ!憧れます、あのオーラ!ということで、今日ついに行って来ました『リバティーン』。長女から「よかった?」と聞かれましたが、う〜ん...例えば韓国ドラマや日本の純愛映画的な「よかった」ではありませんでした。J・デップ扮するロチェスター伯爵は、女(時に男?)、酒、放蕩の限りを尽くした偉大な詩人にして芸術家。33歳の若さで死んで行きます。ちょっと子供に見せられないシーンも多くて...ではよくなかったかというとJ・デップファンとしてはすごくよかった!あの役は怪優J・デップしかやれないかも!?です。それから、彼が無名の女優に指導をして(しているうちに激しく恋をしてしまうんですが)大女優にするシーンはうなりましたね。シェイクスピアのハムレット〜オフィーリアのセリフを言わせるんですが、その女優の変化が素晴らしかった!あーしろこーしろって言っているのではないけど、ようするにうわべだけの演技ではなく自分と役を一体化させたということなんでしょうけど、はっとさせられました。でも私にあれだけの情熱が残っているかしら?そんなこともしているのに悪いことも恥ずかしいこともしている、でも愛されたいロチェスター伯爵。素のデップは実際にあんなことはしていないのでしょうが、心の叫びは彼そのもののような気がしました。皆さんも是非一度ご覧あれ。でもくれぐれも子連れは×ですよ。
私は好きな俳優さんが何人かいますから(木村拓也〜ビジュアル的に大好きです。もし街でギャツビーやジョージアのポスターに見とれぼーっと立っているおばさんがいたらそれは私かも知れません〜、藤原竜也ら)、また取り上げていきますね!
0

2006/9/26  20:03 | 投稿者: musicaikko

うちの次女は小学校2年生。まだ演奏会が大好きという年齢ではありませんが、彼女がいうところの「お話」は一緒に行くといいます。純粋なコンサートではなく、オペラやミュージカル、もしくはそれに近い形のコンサート(抜粋型とかいろいろありますよね)のことらしいです。
オペラやミュージカルのステージというのは不思議な空間です。大学時代の友人が言ってましたが、あの四角の中はおとぎ話の世界になったり、街になったりして、その中でそれぞれの登場人物が生きて愛してそして死んでゆくけどそこを一歩でも左右に出るともうそこはただの袖。もちろん左右だけではなく、前後も上下も現実の世界ですよね?あの四角の中だけが非日常の世界...
そんな感覚をちょっとしたコンサートでもできたら、というのが近い目標の一つだったりします。もちろん背景も大道具小道具もちゃんとした衣装もない小さいコンサートでは至難の業なんですが、そこは演奏力と演奏者のオーラみたいなものでお客様に非日常の世界を味わってもらえたら最高ですね!
あと、ちょっとこだわっているのが可能な限り1つのコンサートでは出来るだけ両性がステージに立つことです。私は女性なので出来る限り男性とご一緒したいと思っています。ステージは非日常の世界であると同時にゆがんだ世界でないほうがいいと思うんです。この世は男と女でできていますからね。この続きはまた今度。
0

2006/9/25  9:13 | 投稿者: musicaikko

行ってきました。四国二期会の『魔笛』。23日(土)は娘とゆっくり見せて頂き、24日(日)はお手伝いで当日券売ってました(^^;)うれしかったけど忙しかった!
どちらもたくさんのお客様で香川県県民グランドホールはいっぱいでした。
MOZARTの『魔笛』は一般的にはオペラと呼ばれることもありますが、ジングシュピール(歌芝居)という形態に属し歌と歌をセリフでつないでいきます。おとぎ話のような内容でかわいい子供達も出演しますから、オペラ入門編として楽しめますよね。
音楽、演出、舞台装置、衣装、その他表面には現れない裏方さんの仕事等など・・・それらの力を結集させた四角いステージの中で繰り広げられる非日常の世界に心奪われた方もたくさんいらっしゃったのでは?
最近ちょっと思うのですが、一時期よりオペラを含めクラシックの演奏会に足を運んでくださる方が増えたような気がします。ヨーロッパでもクラシックの演奏会の聴衆の高齢化なんて話を聞きますが、香川ではお若い方(カップルも時々いらっしゃいますね〜笑〜)もたくさんお見かけします。これって今までちょっと高かったクラシックの演奏会への敷居がちょっと低くなったということで、我々の努力が少しずつ実を結んでいるとちょっと自負していいのでしょうか?
でもまだまだというかそれゆえというか...問題点もないわけじゃなく...それはまた追々述べさせていただきますね。
あ、最後に『魔笛』に出演されていた皆さん(W先生、YUKO先生、MIKKO先生、K川君、M好君、それからオケのklaklakyokoさん、まだまだたくさんの方々)本当にお疲れ様でした。
0

2006/9/22  22:12 | 投稿者: musicaikko

「まともバカ」の中に、人間の脳が何かを選択するときコンピュータのようにすべてを計算で決める論理的計算機械だったらたちまち立ち往生してしまう、ではどうやって選択しているかというとバイアスをかけるというか重み付け=好き嫌いという一見不合理に見えて大変合理的な決め方で決めているんだ、とありました。
私は、私の脳に強くかかったバイアスによって「音楽」を選択したんだわって思ったわけです。でもそのバイアスのかかり方は人それぞれですからどうしたらみんなが音楽を聴きたいと思ってくれるのか、音楽が好きになってくれるのかは謎のままですよね?
う〜ん・・・
0

2006/9/18  21:49 | 投稿者: musicaikko

今日は本の紹介です。書店で立ち読みして面白そうなので買ってしまいました。作者は「バカの壁」などで有名な養老孟司。脳の仕事(脳が何をしているか)、遺伝子の仕事(遺伝子が何をしているか)を説明、脳の仕事=都市化・人工化、身体(その身体を作る遺伝子も生・老・病・死も)=自然と解き脳の作ってきた都市偏重のやり方を痛烈に批判しています。
「ああすればこうなる」だけでは人間はうまく生きていけず、脳というコンピュータが計算できない何か=自然をもっと受け入れよう!と言っているのだと思いましたが、これって音楽にも言えるかも!?
まあ音楽で言えばこの対比は西洋音楽の理論と民俗音楽とに似てなくもない?ウ〜ん。
0

2006/9/17  8:57 | 投稿者: musicaikko

今日は、楽器店で一緒に講師をしている合田由実さん(実名OKだそうです^^;)。まだ20代ですが清楚で聡明、落ち着きが感じられてとても好感が持てます。
演奏も素敵で、何回か演奏をご一緒しましたが、楽しくできました。
それから、意外なことに(と言っては失礼でしょうか)私の苦手な「即決」が得意!「こっちとこっち、どっちがいい?」と聞くとすぐ答えてくれます。
1

2006/9/14  22:08 | 投稿者: musicaikko

いつも、コメントを下さるklaklakyokoさんのリサイタルが9月17日(日)18:30〜坂出カトリック教会で開催されます。共演は伊藤野笛さん(ピアノ)森田信子さん(ファゴット)。プログラムはN.M.ガーデの『ファンタジーシュトゥッケ』、ベートーヴェンの『クラリネットとファゴットのための三つの二重奏曲より第2番』などなど本格的クラリネットが聴けちゃいます。よろしければ是非どうぞ!
と書いたものの、klaklakyokoさん、まだチケットあるんでしょうか?^^;
0

2006/9/11  22:30 | 投稿者: musicaikko

私は、プロ・アマを問わず音楽をやってる人、音楽が大好きな人は皆さん仲間だと思っているんですが、ピアノの生徒の中に「あんまり音楽好きじゃないのかなあ?」と思ってしまう子を時々見かけます。(注;ピアノが好きじゃない生徒はよくいますよ^^;ピアノその他の楽器って練習しないことにはなかなか上手になりませんし、読譜・指番号の習得には長い年月がかかりますから。途中でいやになっちゃうんでしょうね。)
でも、音楽自体好きじゃないっていうか音楽って何?状態だったりするんです。でそれを打開すべく、楽器店で開かれるリトミックの講座を受けたり本を読んで勉強したりしたんですが、例えば音楽の諸要素(音の高低・長さ・拍感・拍子感・強弱等等)を感覚的にわからせることにはとても有効なんですが、ではそれをした子供達が皆音楽を好きになるかというと???ですし、逆に一切リトミックをしなかった子でも音楽大好きに育ったりする...先天的なものは何%かもちろん関係するのでしょうがそれもすべてではないように思います。う〜ん(><)なるたけ多くの人々に音楽大好きになってもらうには...
で、今日のタイトル「ひらめいた!」です。赤ちゃんの時、もしくは幼児期から、身近にいる人が音楽とともにある時ニコニコしたり幸福そうな表情をしているところをできるだけたくさん体験させるとそのこも音楽好きになるのでは?って!リトミックも一緒にするお母さんや先生がニコニコ楽しそうにしてると「ああ、音楽ってみんなが楽しいと思えるものなんだ」ってインプットされるのかも?ピアノの先生が情熱を傾けてレッスンしてくださったり、幸福そうに演奏したりすると生徒は「音楽とともに歩める人生は幸福なんだ」って感じたりして?だから私も歌うときは「歌えてうれしい」という気持ちを今まで以上に表して歌えたらと思っていますが。いかがでしょう?!
0




AutoPage最新お知らせ