2006/9/26  20:03 | 投稿者: musicaikko

うちの次女は小学校2年生。まだ演奏会が大好きという年齢ではありませんが、彼女がいうところの「お話」は一緒に行くといいます。純粋なコンサートではなく、オペラやミュージカル、もしくはそれに近い形のコンサート(抜粋型とかいろいろありますよね)のことらしいです。
オペラやミュージカルのステージというのは不思議な空間です。大学時代の友人が言ってましたが、あの四角の中はおとぎ話の世界になったり、街になったりして、その中でそれぞれの登場人物が生きて愛してそして死んでゆくけどそこを一歩でも左右に出るともうそこはただの袖。もちろん左右だけではなく、前後も上下も現実の世界ですよね?あの四角の中だけが非日常の世界...
そんな感覚をちょっとしたコンサートでもできたら、というのが近い目標の一つだったりします。もちろん背景も大道具小道具もちゃんとした衣装もない小さいコンサートでは至難の業なんですが、そこは演奏力と演奏者のオーラみたいなものでお客様に非日常の世界を味わってもらえたら最高ですね!
あと、ちょっとこだわっているのが可能な限り1つのコンサートでは出来るだけ両性がステージに立つことです。私は女性なので出来る限り男性とご一緒したいと思っています。ステージは非日常の世界であると同時にゆがんだ世界でないほうがいいと思うんです。この世は男と女でできていますからね。この続きはまた今度。
0




AutoPage最新お知らせ