2006/10/31  9:49 | 投稿者: musicaikko

このブログを覗いてくれる子どもたちというのはほとんどいないと思いますが、これを読んで下さっている皆さんの周りには子どもたち必ずいますよね?どうぞ溢れんばかりの愛情で言ってあげて下さい。「しっかりしなさい!強くなりなさい!」って。自ら命を絶ってしまう場合はもちろん、他者に対して侮蔑的な行為や発言をする、人が傷つく様をみて快感を得る、などは本人があとひとがんばり心を強く持つことでかなり防ぐことができるのではないでしょうか。最近は心の痛むニュースばかりで...残念でたまりません。
このブログなので音楽の話になるのですが。私は意外に(?)厳しい先生です。ピアノを1曲弾ききるってことは子供にとってとても大変なことです。練習不足もあるでしょうし、自分の実力(この中には様々な要素があって基礎的な読譜の力もあるでしょうしもっと大きく音楽を読み取る力も入ります。また指が回る回らないとか音が出ないとか=これも脱力のさせ方などいろいろな原因が考えられます=)以上の曲にチャレンジしているのかもしれません。でも、さほど難しい曲でなくても1曲弾ききるためになくてはならないものってある種の精神力なんですね。覚悟というか、気概というか。それがあればたとえはちゃめちゃでも指がめちゃくちゃでも子供は弾ききって自分を表現してくれます。だからそれが足りない時は精一杯の愛情を持ってそれこそ子供が泣き出すくらいに『喝!』を入れます。そうすると不思議なことにさっきまで弾けなかった曲がひけちゃうんです。
う〜ん、生徒が私を怖がらないかはちょっとドキドキですが^^;今の中高生がまだピアノを弾いててくれて、たまには(いつもだったりして?!)学校や部活の愚痴をこぼしてくれるの
はこの指導で大丈夫なのかなと思って今日も怒鳴っています。(^^;)
0

2006/10/29  22:26 | 投稿者: musicaikko

今日は、藤原竜也君です。皆さん昨日の『DETH NOTE』観ましたか?
彼の魅力は、あれだけかわいい(最近オバサンはかわいい男の子に弱いです^^;)のに、「毒」があるところですね。『DETH NOTE』という漫画は娘が読んでいたので知っていましたが、前からライトは竜也君がやったらいいと思っていました。
基本的に「毒」のある俳優さんが好きです。木村拓哉にもあるし、ジョニー・デップにもある。そしてもう一人、北村一輝にも。「毒」は色気に通じますから。色気ということでは、歌舞伎系の役者さんはすごいですね!若手では海老蔵と染五郎でしょうか?
女優さんは...同性を見る目は厳しいですよ、私。難しいです。女優って「毒」や「色気」があるように振舞う人が多い(それを要求される役も多い?)から。うわあ!「毒」があるなあって思ったのは大竹しのぶさんくらいかなあ。
さて、日常はともかくステージで歌う私には「毒」があるでしょうか?^^;
0

2006/10/29  19:58 | 投稿者: musicaikko

思ってたより...と言っては大変失礼なのですが、すっごく良かったです!1曲目の『ルスランとリュドミラ』から「お!これは!」と思ったんですが王君(弱冠16歳)のピアノによるラフマニノフ『パガニーニの主題による狂詩曲』も良かったですし(王君は高松国際ピアノコンクール第3位、高松ではすっかり人気者ですね!ピアノのアンコールも2曲ありました)最後のショスタコも丁寧な仕上がりと切れない集中力が素晴らしかったです。
団員さんのがんばりが一番でしょうが、指揮者の田中さんの音楽作り(バランスのよさ、繊細なフレーズ感など)にも脱帽でした。
今日ばかりは『のだめ』じゃないけど「オーケストラができる楽器の方がうらやましかったです。」
そして、お客様!県民グランドホールにはたっくさんのお客様がいらしてましたが、演奏者の緊張感がお客様にも伝わっていて質の良い静けさに満ちていました。帰り際にわかったんですが、驚いたことに家族連れ=子供連れ(しかもおしゃれな^^;)の方が多かったんです。
ご両親がマナーをしっかり教えていらっしゃるんだなあと感心もしましたし、クラシックの演奏会が高松で受け入れられてきた証拠!?
0

2006/10/25  23:18 | 投稿者: musicaikko

皆さんはそんな本に出会ってますか?以外に思われるかもしれませんが、私の場合はR・ドーキンスの『利己的な遺伝子』です。読んだのはもう10年以上前になりますかねえ。もちろん[大好き=LOVE=一生の友]みたいな本は『源氏物語』をはじめいくつかありますが、人生観まで変わっちゃったのはこれ一冊です。一般向けに書かれた簡単な学術書みたいな感じで、小説などとは違う類の本なんですが、そこからこれからの人生と向き合う覚悟?や『人』という生き物を理解し愛することができる喜びさえ得ることができました。
え?音楽との関係はって?芸術の伝播のこととかにも触れてますよ^^;


みなさんの『一冊』、是非投稿をお待ちしておりますが、直接お話くださってもOKです。
0

2006/10/24  23:04 | 投稿者: musicaikko

秋はコンサートの季節!ということで、親しい方々が出演するコンサートを3つ日程の早い順にご紹介します。

10月29日(日)14:00〜香川県県民ホールのグランドホールにて高松交響楽団100記念定期演奏会が開催されます。曲目はグリンカ『ルスランとリュドミラ』、ラフマニノフ『パガニーニの主題による狂詩曲』(第1回高松国際ピアノコンクールで第3位の王 超さんのピアノです)、ショスタコーヴィチ『交響曲第5番 ニ短調』。
入場料は一般¥2000、学生¥1000。友人でチェリストのA木氏も出演です。(^^)

11月4日(土)19:00〜国分寺のシカで、シカウィンナーコンサートがあります。出演は先日モネコンサートでご一緒させていただいた石川幸司君、ピアノは珈琲友達のS井先生、ゲストにファゴット奏者の吉田雅代さんです。デザートつき¥3500。優しい木管の響きと美しい音色のピアノ。しっしかもデザートつきとは!見逃せません!

そしてちょっと気恥ずかしいんですが^^;11月12日(日)13:30〜綾歌総合会館アイレックスで第8回綾歌吹奏楽団定期演奏会が開催されます。何が気恥ずかしいかというと、指揮者の一人が主人なんですね!(ポリポリ)曲目は『宇宙戦艦ヤマト』『刑事メドレー』『三つのジャポニズム』他。ここは入場料が安い!大人¥500子供¥300です!

秋の爽やかな一日をコンサートに出かけてすごすのもいいですよ。  

0

2006/10/22  22:32 | 投稿者: musicaikko

ご来場くださった皆様、石川幸司さん、モネのマスター&ママ、本当にありがとうございました。m(_ _)m
今日は、アニメの歌・懐かしい日本の秋の歌などを石川君のコンサートの中で歌わせてもらいました。石川君のクラリネット演奏は繊細かつ大胆な幅広い音楽表現が魅力ですので、その足を引っ張らないようにがんばったつもりですが、演奏特にアンサンブルには『これでよし』はありませんものね。
自分のよさと共演者のよさと...それぞれ100%以上出せる演奏が理想です。そこに向かってまた努力します。
0

2006/10/21  22:12 | 投稿者: musicaikko

県民アクトホールがお客様で埋まってしまいました!文字通り満席!
今回はやられたっていう感じです。とにかく企画がいい人生の大先輩方おなじみの民謡に始まり、佐々木辰子先生の親しみやすいトーク、団塊の世代には懐かしいさだまさし、誰でも知っている背くらべ・牧場の朝・砂山などの日本の懐かしい歌、そして朗読を交えた合唱曲「山に祈る」...しめは恒例お客様もステージに上がっての「大地讃頌」でした。もちろん私も歌わせていただきました。中学・高校と合唱三昧だった上大学でも第九やレクイエムなどを歌っていた私ですが、最近は合唱をすることがほとんどなく、皆さんと声を合わせて合唱ができる年一度のこの機会をとても楽しみにしております。
さていよいよ明日に迫ったモネコンサートですが、若干お席に余裕があるそうです。もしよろしければ今からでも是非どうぞ。ただ本当に「若干」らしいので、早い者勝ちかも?
前にも書きましたが、クラリネットと歌だけのアンサンブルってそう言えば今まであまり聴く機会がなかったかも?!です。これも一つの「これからの音楽」でしょうか^^;
素敵な演奏になるようがんばります!
0

2006/10/20  22:47 | 投稿者: musicaikko

去る10月18日(水)小学校の音読カップ全校大会に役員の仕事で行って参観して来ました。クラスの代表が全校児童の前で音読(国語の教科書にある物語を朗読します)して最優秀者をきめるのですが、代表の児童の皆さんとってもがんばっていました。緊張しているのにもかかわらず、大きな声ではきはきと心を込めて読んでいましたね。
朗読ってとても音楽と近いですよね?!フレーズ感、間の取り方、強弱の工夫などなど、私は子供達に音楽を教えるときよく朗読を例に出して説明します。点や丸のときの間の空け方や、言葉の出だしをはっきり言うことなど小学校低学年にもわかりやすく説明できると思います。

やっぱり上手なのは高学年!間合いや感情の込め方が素晴らしく、心を打たれてうるうるきそうでした。
0

2006/10/19  21:45 | 投稿者: musicaikko

klaklakyokoさん、お知らせありがとうございました。いつもすみませんねえ。
さて、だんだん近づいてきました。モネコンサート!今回の聴きどころ?(う〜ん、聴きどころになってくれるでしょうか?)は歌とクラリネットの二重奏?(唱?)アカペラというかなんと言うか...ご期待ください!(^O^)
0

2006/10/17  21:54 | 投稿者: musicaikko

大好きなもの・・・前にもちょっと触れましたが、第一位?は「珈琲」です!秋...ホットコーヒーの美味しい季節になりました。酸味の強いものよりどちらかというと苦味が勝ったもの、ヨーロピアンブレンドとか、が好きですね。たくさん飲むので後を引かない炭焼き系も◎です。そして珈琲豆を挽いた時のあの香りは身体の芯からしびれます。(おっと!危険発言!)皆さんの「大好きなもの」はなんですか?(^^)
0




AutoPage最新お知らせ