2007/1/28  22:59 | 投稿者: musicaikko

覚えてますか?昨年『ミッキーマウスマーチ』(連弾)を妹にプレゼントしたいって言ってた姉弟の話です。思ってたより時間がかかり、二人とも苦労していましたが、先週やっとしあげることができました。途中で投げ出さず、よくがんばったね
さて、今回の連弾は二人にとってとてもよい経験だったと思います。私に限らずピアノの先生は「もっと自分の弾いている音をよく聴いて」とよく生徒にいいますが一人で弾いているときはなかなか難しいようです。テンポが前のめりになったり、聴こえるべき音が聴こえなかったり、その逆もあったり...自分だけで弾いていると、心の中で鳴っている音楽だけを聴いて弾いている場合があり、実際に出している音を客観的に聴けてないということがしばしば見受けられます。いわゆる自己満足の状態ですね。それが連弾をするといつもの自分の癖に気づきやすくなり、二人で弾いた音楽の全貌を聴くことができるようになると思うんですよ。って言うか、そう聴かないと多分仕上がらない^^;これは大人の生徒さんと連弾したときにも気づいたわけで、彼女は「相手の人の音楽も聴かないと弾いていけないんですねえ!でも楽しかったです。」といってくれました。
皆さん、連弾お勧めです!
0

2007/1/26  0:11 | 投稿者: musicaikko

先日ご姉弟でご紹介した石川陽子さん出演のチェンバロデュオリサイタルと、今日終わったばかりのMOZART WOCHE2007 in 志度(石川幸司さん出演)です。残念ながらチェンバロの方には伺えなかったんですが、陽子さんから「想像していた3倍くらいのお客様がいらしてくださった」という大成功のご連絡をいただきました。
今日のは聴くことができましたよ。皆さんよかった!10代の頃は人生の先輩に「歳をとったら室内楽がいいと思えるようになるよ」と言われてもピンとこなかったんですが(10代はオーケストラの方が好きでしたね)この歳になるとその言葉の意味がよくわかるようになりました。
で、今日の一押し!フォンターナストリングスの第一ヴァイオリン平光さんです!素晴らしかったですよ。石川君に思わず「ほれました」って言ってしまいました。音色と言い、音楽と言い・・・ブラームスでは泣かせるヴァイオリンを聴かせてくれ、モーツアルトでは快活で誰とでも仲良くできるバランスのよいハーモニーを聴くことができました。お会いしたことはないのに、平光さんって私の中で「音楽に熱くてちょっとおしゃべり、でも仲間のことはちゃんと見ていて(聴いていて)皆を引っ張っていく」なーんてイメージができてしまったんですけど...当たってますか?石川君?(笑)
MOZART WOCHE2007はまだ明日の徳島公演と1月29日の県民アクトホールでの公演があります。明日のは小松島市ミリカホールにてALL MOZARTの室内楽、29日は管弦楽公演と言うわけで出演者も多く華やかなコンサートになりそうです。聴き逃したは是非どうぞ!!
0

2007/1/25  22:46 | 投稿者: musicaikko

朝からとても忙しくて、一日中走っていたように思います。それというのも昨日今日で長女の入試がありまして...親が受験するわけではないのですが、車の送迎や弁当・塾からの帰り道の心配...とセンター試験直前からなかなか大変でした。
眠いのでもうねます(^^;)
0

2007/1/21  23:16 | 投稿者: musicaikko

朝から夕方まで、スタッフの皆様本当にお疲れ様でした。総勢56名の参加者の皆さんの演奏も素晴らしく、また同窓生有志による『ピーターと狼』もとても楽しくできました。参加された先生のお一人が「1〜2人のピアニストが(『ピーターと狼』の)全曲を演奏する方が楽なのかもしれませんが、今回8名の同窓生が入れ替わって次々に連弾で演奏していく形をとることで、新鮮な組み合わせが生まれたし、新たな出会いがありました。これが同窓会の良さなんですね」みたいにおっしゃって下さいました。石川登志子先生の描いて下さった絵も素晴らしかったですし・・・多くの同窓生の皆様のがんばりで盛会だった第50回の合同演奏会でした。来年も新しい同窓生の皆様のご参加お待ちしております。
0

2007/1/19  9:23 | 投稿者: musicaikko

明日に迫った『第50回むさしの会合同演奏会』の話です。今年は有難いことに新聞社から文化欄掲載のためのお問い合わせがあり、ご案内を載せて頂いたのですが、こちらの不手際で開演時刻の変更がお伝えできずに旧時刻のまま掲載されてしまったようでした。誠に申し訳ございませんでした。開演時刻は午前11:00〜です。
13:00にいらっしゃいますとちょうど「50回記念企画同窓生有志の演奏による音楽物語『ピーターと狼』」が始まります。終了がほぼ13:30、その後約30分の休憩を頂き14:00より中学生〜一般までが出演する第2部の開演となります。終演は15:40頃の予定です。よろしくお願い申し上げます。
0

2007/1/19  0:35 | 投稿者: musicaikko

今日は綾歌のアイレックスで劇団四季のファミリーミュージカル『王子とこじき』があり、ミュージカル好きの次女を連れて行ってきました。
いやあ!感動ものです!&うるうるきちゃいそうでした。なぜだろう?とずっと考えていたんですが、やっぱり第一にあのパワー(エネルギー?)でしょうかね。前に見た『ジョン万次郎の夢』もそうでしたが「お客様に喜んでいただこうと一生懸命演じる」という姿勢がひしひしと伝わってきました。私は大人なので(笑)次はこうしてこうなって...ストーリーも演出も先にわかってしまうのですが、それでも感激します。いえ、大人だから感激するのかも?子供たちは『楽しんでる』って感じですね。癖になりそうでした。
私も次にステージを務めるときは参考にさせていただきます!
0

2007/1/18  0:24 | 投稿者: musicaikko

まず、近い方から。1月21日(日)14:00〜香川短期大学講堂ホールにて玉置奈々子&石川陽子によるチェンバロデュオリサイタルがあります。サブタイトルは「バッハと2人の息子たち」ということで、父であるJ.S.BACHの半音階的幻想曲とフーガ、息子であるW.F.BACHのファンタジアc moll、C.P.E.BACHのソナタa moll他が演奏されます。入場料は一般¥2,000学生¥1,000。
私先日も市内の某レストランでチェンバロを聴く機会に恵まれましたがいい音ですよ〜。好きですね。あの音。駐車場が無料なのもうれしい。
二つ目、1月26日(金)19:00〜と1月29日(月)の両日開催される『第2回モーツァルト週間in香川・徳島(MOZART WOCHE2007)』です。26日の方は『香川・室内楽公演』ということで以前私もご一緒した四宮恵理さんや石川幸司さん、そして岡田京子さんとフォンターナ・ストリングスの皆さんの出演で弦楽四重奏曲、ホルン五重奏曲、ピアノ四重奏曲などなどモーツァルトの室内楽曲をたっぷり聴かせてくれます。また29日の方は『香川・管弦楽公演』ということで、これからの香川のクラシック界を背負って立つフレッシュなソリストと大山晃先生指揮の香川モーツァルト祝祭管弦楽団の共演です。フルート協奏曲第1番、クラリネット協奏曲K622、ピアノ協奏曲第2番・第10番とモーツァルトファンには楽しみなプログラムです。1コンサートにつき一般¥2,500、学生¥1,500ですが、お得な香川2公演セット券¥4,000もあるそうですよ。
というわけで、音楽もビジュアルも美しい石川ご姉弟出演の2つのコンサートのご紹介でした^^;
0

2007/1/14  23:45 | 投稿者: musicaikko

今回の小旅行で何が一番よかったかというと、次女にとても良い刺激になったのでは、ということです。彼女も小学2年生。この一年くらいで恐ろしいスピードで世界が広がってきました。まだまだ「いつもの生活ペース」は基本的に守らねばならない年齢ですが、新しい経験、特に高松にいたのでは得られないもので親が心から良いと思えるものを与えていければと思いますね。子どもの価値観の構築も親の役目?さーて、今度はどこに行こうかな!
あ、でも財力には限界があるので^^;なるべくお金をかけずに良い経験をさせたいです(笑)
0

2007/1/14  15:51 | 投稿者: musicaikko

いやあ、よかったです!!!同伴の次女も大喜びでした
まず、7:15に高松駅をバスで発ち淡路SA経由で10:00前には神戸北野に到着〜約2時間異人館巡りをしたあと中華レストランで昼食〜1:00には北野を出発し、白金工房にてジュエリーを見学(買いたい人は高〜いジュエリーを買うんですが私はとてもとても*o*)〜丹波篠山まで行き地酒や黒豆(丹波篠山といえば黒豆ですから^^;)試飲&試食&お買い物〜8:00前には高松駅に戻ってきました。
この歳にして初めて異人館に行きましたが、いいところですねえ
本物の重みを感じました。それがあのさほど広くない区域にたくさん点在してるなんて。細い坂道・おしゃれなお店・静かな空気・都会的なセンス...テーマパークの建物がちゃちに思えてしまいます。次女に見せられてよかった!とても積極的に回っていました。おみやげ物も良いものが安くて驚きました。もっとゆっくり観たかったです。丹波篠山は北野とは対照的といったら失礼かもしれませんが、いわゆる田舎のよさ。田園風景の中に城下町ならではの街道があり、古きよき建物が並んでいました。お酒も黒豆も安くて美味しかったですよ。
おまけの話、今回の添乗員さん、業界では(多分^^;)知る人ぞ知る『中尾さん』という方で、なんと俳優の中尾彬さんの甥だそうです。北野に住んでいらっしゃるので穴場や美味しいお店もよ〜くご存知でした。1年のうち半分は添乗員のお仕事、半分は中尾彬さんのマネージャーをされているんだそうで裏話もちょこちょこあり楽しかったですよ。
0

2007/1/14  0:05 | 投稿者: musicaikko

すみません、前に書いたようにネタはいっぱいあるんですけど^^;
で、誰にも許可を得なくていいことから書きます。
さて、ご存知の方は多いと思いますが主人は音大時代に知り合った音楽仲間です。なので、朝ドラの「芋たこなんきん」じゃありませんが(笑)、こと音楽の話題ではとにかくよくしゃべります!音楽教育のこと、吹奏楽のこと、音楽そのもののこと...とにかく元(?)熱血教師なので(あ、別に今は無職じゃありませんよ。真っ当な仕事してます)音楽のことと教育のこととなると熱い熱い!!語りだしたら止まりませんそんな主人が指揮をさせていただいてるのが市役所吹奏楽団。前にも書きましたが2月16日(金)に定演があります。主人曰く、「市民の皆様のための吹奏楽団」ということで、曲目も耳馴染楽しいものがたくさん演奏されます。私も行きだしてびっくりしているんですが、お客様にリピーターの多いこと!毎年千人以上のお客様で埋まります。有難いことです。団員の皆さんがんばってらっしゃるそうなので、是非ご来場ください。入場無料なのがうれしい!
0




AutoPage最新お知らせ