2008/3/11  23:53 | 投稿者: ikkomusic

今日はまたまた長女とランチ!北浜のUmieに行ってきました。長女は野菜がたっぷりのった特製カレー、私は写真のようなチャーハンでした(^o^)長女は前々からUmieに行ってみたいと言ってたので念願かなって長女大喜び☆見た目通り美味しかったですよ。オシャレな店内にも長女は大満足でした。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/3/8  23:48 | 投稿者: ikkomusic

昨日の『音楽時感』にクラシック音楽の聖地ヨーロッパでも携帯着信音がなるなど、若い聴衆のマナーがなってない〓みたいな内容が載ってました。私はヨーロッパはおろか日本国内への旅行もほとんどしないのですが(^_^;)様々な情報から今やクラシック音楽最大の市場は日本だという話も入ってきますし、ヨーロッパもクラシック音楽ファンは変化してきているんでしょうね。
だからと言ってマナーを守らない若者に怒ったり嘆いたりしても解決はしませんよね。まずはそんな皆さんに「よくぞコンサート会場に足を運んでくれました」とお礼を述べ、「でもあなたはもったいないことをしてますよ。他のジャンルならいざ知らず、クラシックにはクラシックにしかない楽しみ方があります。例えば指揮者が指揮台に上がりタクトをふりおろすまでの一瞬の間、楽章と楽章の間にある様々な静寂…曲が終わったあとの余韻…それらを味わうことは音楽が鳴っている時以上にスリリングで楽しいですよ〜ん♪」と教えてあげますね!
これをご覧の皆さんもそういう方を見かけたら丁寧に教えてあげて下さい。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/3/6  22:56 | 投稿者: ikkomusic

次女が大好きなのでよく一緒に観ていますが『銀魂』の桁外れにはちゃめちゃなところ、惹かれます(^o^)
いやあ、今までのアニメになかった思い切った展開、TV局の懐の深さを感じます。いつかは始まりの主題歌が15分遅れで流れたのに驚いたんですが、今日はなんとエンディングにオープニング曲がかかったり、銀ちゃんたちレギュラーはほとんど出てこなかったり・・・
他にも関係ないことぐだぐだ銀ちゃんたちがしゃべってりだけで話が進行したり(しかも業界の暴露話になってる〜!)絵が全然動かなかったりと観ているだけではらはらドキドキときめいて?しまいます。
なぜあれでオンエア枠が深夜に回されないのか、ご存知の方教えてください。
0

2008/3/5  14:34 | 投稿者: ikkomusic

今日は何故か(?_?)うちの前の御坊川に野鳥がいっぱいいます。青鷺7羽、白鷺6羽、そして鵜2羽(野鳥の会か!?)。あと鴎に鴨がたくさん。皆さんも一度観察にいらして下さいな(^o^)。
Ikko Ishimoto
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/3/4  11:15 | 投稿者: ikkomusic

なんか最近大河ドラマと朝ドラの話が多いですねぇ(^^;)
今日は朝ドラ『ちりとてちん』。今朝の回で、散髪屋の磯七さんが言ってたことに
ピピッときました。
「落語は、演じる側の精進ももちろんやが、お客に想像力があって初めて成り立つ芸や。例えば『そらにはひばりがピーチクパーチクさえずって・・・れんげタンポポの花盛り!』なんて場面をお客が想像できなあかん。」
みたいなことを言ってるんですよ。前から「『ちりとてちん』の落語への薀蓄はそのままクラシック音楽に通ずる」のではと思って観てましたが、今回もまさにそのとおり!!音楽を聴くにも想像力(それだけでなく感性・知的好奇心・思いやりや真心といった人と人との結びつきを大切にする心など人として大事な部分)が必要であり、それが芸術を楽しめる豊かな人間ということですから。
でもって、我々の仕事には大きな柱が3つあります。
1.良い演奏家・演奏者と育てる(演奏家と演奏者の違いはまた今度)
2.良い指導者を育てる
3.良い聴衆を育てる
どれも大切な仕事なんですが、やはり常に忘れてはならないのは「3.良い聴衆を育てる」ではないでしょうか。2.は3.のためにあると言ってもいいくらいです。
良い音楽を本当によいものだと感じられる人を少しずつでも増やしていきたいんです。こんなことを語らせるといくらでもしゃべってしまうので、また次回(笑)
0

2008/3/2  22:56 | 投稿者: ikkomusic

なんか最近年取ったのか、TV観てよく泣いてます
今日は『篤姫』でした。しかも一緒に観ていた次女が不思議がるところで(笑)。
松坂慶子扮する老女「幾島」にこってりお姫様教育されている篤姫が幾島に尋ねます。幾島が以前仕えていた島津斉彬の姉姫とは一緒に泣いたり笑ったり心を通わすことはなかったのかと。そのときの篤姫の脳裏には自分を心から慈しみ育ててくれたのに、身分が低いからと自害して己の存在を消し去った老女菊本の姿がありました。そして幾島の脳裏には昔仕えていた姫との幸せだった想い出が・・・
篤姫にきつくあたっていた幾島でしたが、けして冷たい人間ではなく昔の主との幸せも悲しみも全て飲み込み、今の主篤姫を立派に育てるという役目(ここでも『役割』がキーワードですね)第一に生きています。その二人の心のうちがすご〜くわかって思わず涙、涙。
これからも篤姫の役割、幾島の役割がまだまだドラマの流れの重要な部分となっていきますよね!眼が離せません!!
0

2008/3/2  22:37 | 投稿者: ikkomusic

行ってきました。去年までは、金曜日の夜だったんですが、今年は日曜日の昼間。去年までもたくさんのお客様でにぎわっていたのですが、今年は日曜マチネも手伝ってほぼ満席に見えました。
市役所吹奏楽団定演は主人が指揮をしだしてから毎回行ってますが、一番いいなあと思うのが、今回で卒業される団員さんのオンステージです。これが『男の花道』っていうんでしょうかねえ。楽団をバックに一曲ソロ演奏をするのですが、スクリーンにこれまでの写真が映し出され、最後にご家族から花束贈呈が。今日はかわいらしいお孫さんからでした。で、私の左斜め前に座られていた奥様がそっと涙を拭われていたのにもらい泣きしそうでしたよ。
で、私の右横には元団員さんご夫妻がいらして大きな拍手をされたり、「アンコール!」の声かけをなさったり・・・
満席の客席にいらっしゃる多くの皆様にささえられた演奏会なんだなあーと感動して帰ってきました。
0

2008/3/1  23:09 | 投稿者: ikkomusic

「1ポンドの福音」です。畑中耕作って減量に苦しんでるボクサーなのに亀梨君どこもシボルところないくらいスマート!
原作と全然違うし・・・もはや別物!!
これって「1ポンドの福音」ってタイトルでいいんでしょうか?
0




AutoPage最新お知らせ