2008/3/2  22:56 | 投稿者: ikkomusic

なんか最近年取ったのか、TV観てよく泣いてます
今日は『篤姫』でした。しかも一緒に観ていた次女が不思議がるところで(笑)。
松坂慶子扮する老女「幾島」にこってりお姫様教育されている篤姫が幾島に尋ねます。幾島が以前仕えていた島津斉彬の姉姫とは一緒に泣いたり笑ったり心を通わすことはなかったのかと。そのときの篤姫の脳裏には自分を心から慈しみ育ててくれたのに、身分が低いからと自害して己の存在を消し去った老女菊本の姿がありました。そして幾島の脳裏には昔仕えていた姫との幸せだった想い出が・・・
篤姫にきつくあたっていた幾島でしたが、けして冷たい人間ではなく昔の主との幸せも悲しみも全て飲み込み、今の主篤姫を立派に育てるという役目(ここでも『役割』がキーワードですね)第一に生きています。その二人の心のうちがすご〜くわかって思わず涙、涙。
これからも篤姫の役割、幾島の役割がまだまだドラマの流れの重要な部分となっていきますよね!眼が離せません!!
0

2008/3/2  22:37 | 投稿者: ikkomusic

行ってきました。去年までは、金曜日の夜だったんですが、今年は日曜日の昼間。去年までもたくさんのお客様でにぎわっていたのですが、今年は日曜マチネも手伝ってほぼ満席に見えました。
市役所吹奏楽団定演は主人が指揮をしだしてから毎回行ってますが、一番いいなあと思うのが、今回で卒業される団員さんのオンステージです。これが『男の花道』っていうんでしょうかねえ。楽団をバックに一曲ソロ演奏をするのですが、スクリーンにこれまでの写真が映し出され、最後にご家族から花束贈呈が。今日はかわいらしいお孫さんからでした。で、私の左斜め前に座られていた奥様がそっと涙を拭われていたのにもらい泣きしそうでしたよ。
で、私の右横には元団員さんご夫妻がいらして大きな拍手をされたり、「アンコール!」の声かけをなさったり・・・
満席の客席にいらっしゃる多くの皆様にささえられた演奏会なんだなあーと感動して帰ってきました。
0




AutoPage最新お知らせ