2008/5/13  22:45 | 投稿者: ikkomusic

もちろんDVDですが^^;
美しいですね。今この監督さん以上に美しい映像を紡ぎだせる人は世界広しといえどもいないのでは?特撮や、ワイヤー吊りを駆使して、戦いの場面も舞踊のよう。飛び散る血飛沫は真っ赤な花びらのようです。リアリティの追究は二の次、三の次。キャストは演技を抑えてその分の感情は美しい画面が訴えかけます。
圧倒的な『美』は心に衝撃を与えます。前作?の『LOVERS』も大好きで涙が止まりませんでした(ToT)
『LOVERS』の方がロマンティックな感じで切ない映画でしたが、『女帝』はなんていうか...『古典』っぽい。黒澤明を彷彿とさせます。キャストの抑えた演技もいい。かなりの部分で『ハムレット』をなぞっているので、欧米の方にも理解がよういなのでは?
まだの方、是非ご覧下さい。
0




AutoPage最新お知らせ