2008/10/31  22:01 | 投稿者: ikkomusic

今回は打楽器も担当するということは前々回書きました。前回の『ダンス』と通じる話ですが、打楽器も来るんですよねえ〜☆何かが本能に向かってまっすぐに(笑)。
今回、ジャンベとクラベスをけっして上手とは言えない叩き方で演奏してるんですが、これが本能をくすぐるんです。ダンス同様、リズムにノリたい・リズムを打ちたいっていうDNAを人類の何割かは必ず持ってるんじゃないでしょうか。で、私はその両方を持ってる?な〜んて思ったりして。でも本を正せば100%かもしれませんね。
0

2008/10/30  23:16 | 投稿者: ikkomusic

ある少女が、赤い靴をもらったことで、踊らずにはいられなくなり、何があろうと踊り続けるので、最後に足を切ってもらってとうとう踊るのをやめられたていう話です。
これってダンスの神髄を突いた話だなあってつくづく思うんです。というのは、最近ダンスがおもしろくて仕方がなく万難を排してダンスにいくんです(笑)1〜2時間は踊り続けられますよ。多分^^;最高どのくらい踊り続けられるか挑戦してみたいかな。
人類の何割かはダンスのDNAを持って生まれてくるんじゃないかとさえ思います。それが民族舞踊にしろ、ヒップホップにしろ、バレエにしろ。
でも、音楽の神髄をついた話ってパッと浮かばないなあ。どなたか「これは!」と思う話がありましたらご一報ください。
0

2008/10/29  22:48 | 投稿者: ikkomusic

11月1日(土)14:00〜いつもの「まゆみの里」でMINTSコンサートがあります。ん?「MINT」じゃないの?って?
実は、今回ピアノは武蔵野同窓生で仲良しのS・D先生ですし、しかももう一人の補欠メンバーもS・Iさんということで、「これは場合によってはMINT(ミント)でなくMINTS(ミンツ)でいいんじゃないの?」ということになった次第です。(^^;)
曲目は「秋」と言うことで秋の童謡唱歌はもちろん、秋祭りにちなんだ曲や、今中学生に大人気のアンジェラ・アキの「手紙」や昭和の香り残る「365歩のマーチ」「明日があるさ」などを演奏します。今回は私パーカッションに挑戦!
0

2008/10/29  8:22 | 投稿者: ikkomusic

最近携帯電話の調子が悪いです(>_<)
まずカメラが使えない。あと…時々急に機嫌悪くなってオフになるとか…
そろそろ替え時ですよね。
0

2008/10/24  22:36 | 投稿者: ikkomusic

行ってきました!!
今日はサンポートホール高松の大ホールでした。感想を一言で言うと...「良いところと今三なところがあった」でしょうか。
もちろん高松にいながら「トゥーランドット」が聴けるんだから(しかもB席¥6,000で)贅沢は言っちゃいけませんが...一番感じたのは...オケの音色はいいし、よく鳴ってるのに、繊細さが足りないって言うか「美」の追求度が低いように思いました。要するにオーケストラの責任ではなく指揮者のせい?でももしかしたらお国柄かしら?なんて思ったりして!?「ここはもっと丁寧に、繊細に、音楽の美しさで観客を酔わせてよ!」と思う箇所であっさりいかれたことが何度もありましたよ。
それから、合唱がちょっと頂けないかな。私トラしましょうか?って思っちゃった。頑張れ、女声!
ソリスト達はあるレベルには達していたと思いますけど、タイトルロールは声は立派ですがイタリア語が不明瞭だし、イタリア語と音楽的にはカラフやリューの方がよかったように思いました。でもあのオケの音量を飛び越えて声を届けなくてはならないというのは難しいですね。プッチーニに「マイクOKですか?」って聞きたいです(笑)
あとは舞台装置。ゼッフィレッリの演出を観たことのある方はどれを観ても満足はしないでしょうね。今回も演出家の意図は理解できましたが、1幕で銅鑼がなかったり、東洋を意識して赤い照明を多用したり、最後死んだはずのリューが(象徴としてなんでしょうが)現れたり???の箇所もありました。
などといろいろ書きましたが、やる方は大変!ということは痛いほどよくわかってます。ブルガリアソフィア国立歌劇場の皆様、お疲れさまでした。
0

2008/10/22  22:45 | 投稿者: ikkomusic

掲載されていた記事です。先日の『コンセルトクラール』後半のテーマは「カタルシス」と「祈り」でしたが、その「カタルシス」を一言で言うと「泣いてすっきり!」なんです。プログラムには『文学作品、特に悲劇を味わうことによって、重苦しい感情を解放し、一種の快感を生じさせること。浄化。」とありましたが、要するに泣いた後に気持が晴れ晴れするあの感覚です。
「泣くこと」は「笑い」よりストレス解消に良いらしいですよ(^o^)
『コンセルトクラール』で泣いて、気分良く帰られた方があったら嬉しいです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/10/21  19:50 | 投稿者: ikkomusic

昨夜あたりから、アクセス数が急激にあがりました!
一体どの言葉がHITしたのか全くわかりません(?_?)
コンセルトクラールだったらうれしいんですけど・・・スタバ?プリンセスゴールド?
長女いわく「ラジバンダリ」じゃないの?ですって!
どなたか教えてください。
0

2008/10/21  0:43 | 投稿者: ikkomusic

むか〜し何故か知人にまとめてもらった『ミステリーゴールド(以前はこんな書名でした(^_^;))』がきっかけでずっと読み続けています。長女はもちろん次女までも!子供達はただ面白いから、と言いますね。私は…不思議と歴史と恋愛が満載だからでしょうか?
さちみんはじめ良い漫画が時期をずらしながら終わったり始まったり…ラジバンダリ?っとちょっと脱線(^_^;)…なかなか読むのやめられません。
でも何と言っても一押しは『キウイケツキドラキウイラ』でしょう!
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/10/20  12:24 | 投稿者: ikkomusic

今はほっと一息、スタバで珈琲です。たくさんのお客様にご来場頂き、楽しんで演奏できました☆全体の様子はたかまつ楽器ブログにありますので、ここでは自分の演奏について申し上げますと…
今回私は初めての試みとしてピアノとパーカッションのアンサンブルでピアソラとカッチーニのアウ゛ェマリアを歌いました。一言でいうと『スッゴく楽しかった』です!このブログのタイトルは言うまでもなく『これからの音楽について語ろう』なんですが、まさにタイトルを実際に音楽にして問題提起した感じ。人によって感じ方は様々だったようですが、ピアノのR先生とパーカッションのN先生には感謝感謝。ピアソラも大好きなので次は『リベルタンゴ』スキャットで歌っちゃおうかな?とひらめいた今朝でした。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/10/17  22:55 | 投稿者: ikkomusic

いよいよ!『コンセルトクラール』が明後日に迫りました。
たかまつ楽器のホームページ&ブログには詳細が出ていますが、前評判の非常によいコンサートで、お客様のお申し込みもかつてないほどいっぱいです。
で、何が楽しみかというと・・・
「是非聴きたい!」と思っていらっしゃるたくさんのお客様の前で歌えることはもちろん楽しみなんですが、それ以外にも@カリスマ調律師?I先生の調律のピアノで初めて本番で歌えることA今回初めてパーカッションとともに歌えること(パーカッショニストN先生も様々な工夫をしてくれて仕上がりも上々です)B以前からしたかった映像と共に演奏できること
などなど、演奏する私が楽しんでるんですから、お客様方も楽しいこと請け合いです!!?
あとは次につなげられるためにスポンサーが見つかったら言うこと無しですっ。
0




AutoPage最新お知らせ