2008/10/9  10:20 | 投稿者: ikkomusic

また『いい役者』と呼べる方が亡くなってしまいました。TV・新聞などで訃報を悼む特集がたくさん組まれてますね。
私の中に残る緒形さんはというと・・・NHK大河ドラマ『太閤記』はうろ覚え、しっかり記憶しているのは『必殺仕掛人・藤枝梅安』からですかねえ。『必殺仕掛人・藤枝梅安』をリアルタイムでオンエアしてた頃は私はまだ小学生。夜10:00〜の番組でしかもお色気シーン結構ありの『仕掛人』を観るのはかなり勇気のいることでした。親もあまりいい顔しませんしね。
でもなんで観てたかというと、初恋の同級生が『仕掛人』大好きだったからなんです。学校での彼の話題についていこうと、眠い眼をこすりながらエンディングテーマまでしっかり観てました(^^;)
今思うと(内容は隅々まではわかるはずもないのですが)、TVでどなたかが「普段は穏やかな方ですし、リハまでは普通になさっていて、本番になると急に人が変わったようにぎらぎらした演技をなさる」とおっしゃってたように、画面の中の緒形拳さんは「ぎらぎら」してたように思います。「復讐するは我にあり」とかもそういうタイプの役ですよね。
今、若い方で『役者』と呼べる人がほとんどいなくなってしまいましたが、今後彼の様な『いい役者』になっていってくれる人が出てくるといいなあと思います。
ご冥福をお祈りいたします。
0




AutoPage最新お知らせ